キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾に行って来ました7

さて、イベント2日目のお話。

和服女孩日本微旅行イベント2日目1

会場は、福州街11號Cafeという素敵空間。

和服女孩日本微旅行イベント2日目5

日本で言うと古民家喫茶あるいはギャラリー喫茶的なスペースを、台湾の出版社の方が用意して下さいました。
なんと一部屋だけではないのです。丸々一軒!!驚

和服女孩日本微旅行イベント2日目6

奥の部屋では物販。ちょっと落ち着いた小さなお部屋でサイン会。一番大きな部屋でトークショウと、贅沢に使わせて頂きました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目7

さあ、開店前の準備だ!準備だ!!

和服女孩日本微旅行イベント2日目8

2日目のイベントは大所帯。
私達としては、もしお客様が少なかったら、日本側の10人全員トークに加わって頂き、お客様と車座になってお話しようと思っておりましたが、客席はほぼ満席。

和服女孩日本微旅行イベント2日目9

前日よりキモノ姿の方は更に増え、2日続きで来て下さったお客様も何人もいらっしゃいました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目18

和服女孩日本微旅行イベント2日目19

台湾のキモノ女子たち。

和服女孩日本微旅行イベント2日目20

トークはスタジオクゥと、芝崎るみさん・小倉充子さん・こころやさんの5人に絞ってスタートです。

和服女孩日本微旅行イベント2日目10

前日の反省はありましたが、実はこの日はあまり心配はしておりませんでした。
もちろん、緊張は致しましたよ。

和服女孩日本微旅行イベント2日目11

ですが、このメンツです。話が停滞しそうになって来たら、誰かが、リミッターを外すに違いありません。笑
そして、台湾の人達の口が開きはじめたら、どうやったってこのイベントはオモシロくなる!!そう信じておりました。

とはいえ導入は必要・・・ということで、この日は事前に小倉充子バージョン&芝崎るみバージョンのモデルさんを仕立てさせて頂きました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目14

か、かわいいじゃないか!!

和服女孩日本微旅行イベント2日目13

和服女孩日本微旅行イベント2日目16

和服女孩日本微旅行イベント2日目15

会場内に溜息は漏れるものの、まだまだシャイな台湾のお客様。

シビレを切らしたように芝崎るみさんが叫びました。
「もっと、話そうよ!!」

これを境に、会場内は質問の嵐に包まれます。

和服女孩日本微旅行イベント2日目17

通訳で入って下さった簡玉芬さんには、かなり大変な仕事であったと思いますが、滞ることなく会話は続き、あのまま無制限で続けていたら、夜になっても終わらなかったかもしれないと思う程。
大いに盛り上がって、イベントは、次のパートに移ります。

思い返してみると


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました6

さて、台湾の書店でのイベントの続きのお話。
実は、2日間のイベントのどちらも、概要だけ決めて、話す内容などは細かく決めないままで行きました。
もちろん、2人だけの大雑把なメモは作っていましたが、当日何が起こるか解らないし、お客様の顔を見ながら話の方向性を考える方が良かろうと思ってのことでした。

初日は、こころやさんによる着付けのデモンストレーションが柱です。

ただ、前日の打ち合わせで、出版社の方に、どういうお客様がいらっしゃるか解らないので最初に本の内容を軽く説明するところから入って下さいと言われていたことと、キモノに関する説明をしなければならなくなった時に、どうしても私かこころやさんが話さねばならないことになることは想定出来ましたので、初日のトークの冒頭はうにさが務めることに決めておりました。

いつもなら私より緊張しないハズのうにさが、緊張している・・・。

かなりきちんとしたセミナー室的な会場の雰囲気と、熱心にメモまで取られる台湾のお客様を前に、ちゃんと話さねばと苦闘しているうにさを見ていたら、私にも緊張の波が・・・あぅ。

脳味噌が完全にフリーズするかと思ったその瞬間、うにさの横に柔和な笑顔が・・・、こころやさんがいてくれて、本当に良かった!!飄々と、そして堂々といてくれる人がいたことで、どんなに心強かったことか・・・。

和服女孩日本微旅行イベント初日9

人前で喋るのが下手でも苦手でも、とにもかくにも、喋らねば!!

和服女孩日本微旅行イベント初日10

会場には浴衣姿のお客様もチラホラ。

和服女孩日本微旅行イベント初日11

よっ!こころや!!

和服女孩日本微旅行イベント初日12

モデルさんも小倉充子浴衣で、笑顔♪

直前に男性モデルさんが変更になったことで、キモノの丈がちょっと長すぎるというハプニングはありましたが、女性への着付け、男性への着付け共につつがなく終わり、お客様の方の緊張感もほぐれ、私達の心拍数も徐々に下がって、トークショウは終了。

和服女孩日本微旅行イベント初日13

自分達が想定していたより、初日は少し硬い仕上がりになりましたが、この日の会場には、キモノのことをあまりご存知無い方から、キモノ好き、コスプレ好き、アニメ好き、台湾赴任中の日本人のご家族まで(お土産をありがとうございます!!)と色々でしたので、振り返ってみると、あれはあれで良かったのカモ・・・と思います。(でも、考えていたことの半分も喋れなかった・・・。苦笑)

しかし、ホントに緊張したのですよ。
どれくらいかと言うと、日本に帰ってから台湾の出版社の方が送って下さったイベントの写真を見て、ふたりで愕然としたのです。
うにさ・・・、眼鏡を2つ掛けてるじゃん・・・。驚

写真はトークショー後のサイン会の様子。

和服女孩日本微旅行イベント初日14

おひとりおひとりと少しづつですが、お話し出来たのはとても嬉しかったです。

台湾のコミックエッセイ失戀救星正港奇片

台湾で人気のコミックエッセイ『失戀救星正港奇片』の原作者正港奇片さんも来て下さいましたよ♪

イベント撤収時の私。

和服女孩日本微旅行イベント初日15

1回やってみたかった、風呂敷の泥棒スタイル!!
台湾で実現出来ました。手に提げるよりずっと楽ちん♪

翌日のイベントはもっと緩く!祭のようになることを心に誓って!!初日のイベント終了。

一生の不覚


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました5

さて、台湾での初日のイベントは、金石堂台北信義店さんで行いました。
書店が会場であるとは知っていても、並んだ本を横にして行うのか?不特定多数の人が往来する場所なのか?閉じられた部屋なのか?皆目見当がつきません。
解っているのは、鼎泰豐本店のお隣にあるということだけ。笑

不安でしたから、実は前日にふたりだけでこっそり様子を見に行きましたよ♪
入口に置かれたポスターによると、最上階にあるイベント専用のフロアで開催される模様。
エレベーターに乗ってポチっと会場階のボタンを押し、開いたドアから翌日使う予定のトルソの姿を見つけて、ヒャーヒャー言う私達。

「チラッとしか見えなかったけど、そんなに大きな場所じゃなさそうだね。」
「あれくらいの広さなら、お客さんが少なくても寂しくないよね・・・。」などと話しておりましたが、当日会場入りして驚きます。

和服女孩日本微旅行イベント初日3

お花いっぱい??
あ・・・、昨日エレベーターから見えたのはアプローチだけだったのね・・・結構広いよ・・・しかもかなりちゃんとしたセミナー会場みたい。汗

それまで思いのほか緊張していなかった私達でしたが、急激に心拍数が上がります。

和服女孩日本微旅行イベント初日2
(書店入口にて、いざ出陣の図。)

とにもかくにも、準備をせねば・・・。
トークショウの背景としてスクリーンに流す写真データを出版社の方に渡し、自分達は甘い百合の花の香りに包まれながら、まずは、トルソにキモノを着付けます。

和服女孩日本微旅行イベント初日4

アンティークのアザミのキモノに、帯はルミロックさんのストレッチ素材の半幅帯。
金魚の帯留も付けて、ひとまず完成。

仕上がった頃にこころやさんが現れて、男女二人分の着付けのデモンストレーションに使う浴衣や帯を出したところで、問題発覚。

紐の数が足りない・・・。

早いお客様はもう着席して待たれています。ホテルに取りに帰る時間はありません。

即座に、「僕の腰ひも外すわ~。」とこころやさんが手品のように帯の下から自分の腰ひもを引き抜いて、まずは1本。

和服女孩日本微旅行イベント初日5
(なんと現場写真が撮影されておりました。笑)

そうだ、トルソの帯結びに使ってる仮紐を抜こう!帯揚げあるから大丈夫なハズ!!スルリと抜いて、これで2本。

あともう1本、どこから抜こう??
自分が身に着けているものの中には残念ながら余分な紐はありません。
うにさへの着付けも私が行っているので、無いことは解ります。
となると、今着付けたトルソから捻出するより外はありません。むむむむむ・・・。

和服女孩日本微旅行イベント初日6
(悩んでる私の姿もしっかり写っておりました。笑)

え~い!腰紐抜いちゃえ!!
おはしょりの下に手を入れて、帯からの圧力でキモノが動かないことを確認しながら慎重に紐を引きます。
「なんとかなるもんやねぇ・・・」と3人でほっと一息しましたが、お客様にはかなり不審に見えたことでしょう。汗
トルソにバタバタ走り回る脚がついてなくて、本当に良かった・・・。

気づけば、席もかなり埋まって、始まりの時が来ておりました。

和服女孩日本微旅行イベント初日7

ピンチを乗り切って、少し緊張が緩んだ私に対して、むしろ緊張が高まったうにさ。

大丈夫なのか??

びっくりさせてごめんなさい


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました4

さて、私たちが台湾で紹介したいと思ったものは?

はい、物ではなくて人だったのです。

しかし、この自腹渡航のイベントに、付き合ってくれる酔狂な人なんているかしら??

手荷物で運ぶことが可能な限り、写真や物品を預かって行くのが順当なところかな??む~ん?

ところが、ところが、早々に日本の担当編集さんと営業さんが、自腹でついて行きます!と挙手して下さいました。

快諾

台湾への道行は2人から4人に。
人手が増えれば出来ることも変わりますし、何よりも私達の担当編集さんは中国語が出来るのですから、これはとても心強いことでした。

台湾行きのことで頭を支配された私たち(特に私)は、ある時期、何を見ても台湾のことばかり考えておりました。そうそう、小川郁子さんの帯留を手に入れた際の自分への言い訳も台湾でした。笑

そんな折、台湾行きの話をこころやさんに話したところ「台湾好きやし、日を合わせて遊びに行こうかな・・・」などと暢気そうな声が上がります。

呑気

「ちょっと待て!どうせ行くならイベントに参加して!!」
着付けのデモンストレーションを任せられれば、ゆっくり話を進めることが可能になりますし、なにより台湾の方に男性のキモノ姿も見て頂きたい!!
人数は5人に。

このあたりで、私たちは「台湾力」と呼ぶべきものがあることに気づきます。
多くの日本人が台湾に行ってみたいと思っているんじゃないかしら?
その時々の状況で行ける行けないはあるにしても、『台湾』という言葉を聞いただけで「行きたい!!」と反応される方のなんと多いことか・・・。笑

人を誘うこと自体が段々面白くなってきた私達、小倉充子さんが大の飛行機嫌いと知りつつも声を掛けます。
「充子さ~ん!!一緒に台湾行かない??」
「台湾にはずっと行きたいって思ってるけど・・・、船じゃダメ??」

悶絶

スケジュール的に船では行けないことが解った小倉さんを台湾の美味しいもので責め立てて、竹ノ輪のお2人も鼎泰豐の小龍包で口説き落とし、型彫り師の木内愛さんも加えて、人数は9人に。
これで物販も出来るじゃないか!

最後の最後に『小倉さんと芝崎さん ~ゆかた&秋物受注会~』で顔を合わせた芝崎るみさんを捕まえて、100人力となりました。

即決

総勢10名。

気軽に海外でのイベントに人を誘う私達がどうかしているのはもちろんですが、どう転ぶかも解らない誘いに乗ってみようと思う8人もまた、相当どうかしているな・・・。笑(私が言うな!!)

でも、台湾で何かオモシロイことが起きるに違いない、いや、起こしてみようと信じてくれたのがこの人たちだったのだと思います。

私達ふたりがこのイベントで出来た最大の仕事は、実はここにあったと思うのです。
イベントのための準備は、このメンバーが同行してくれることが決まった時点で、9割方整ったと感じました。

出版されたのが台湾で良かった♪
人を惹き付けてやまない『台湾力』と、同行者の冒険心ににひたすら感謝しております。

ひそかにカロリーハーフメイツと名乗ることにした


『「オーヴォ」を観にいくカロリーメイツ食の旅。 - ほぼ日刊イトイ新聞』は、きっちりプロローグからお楽しみ下さいませ!!
プロローグ→http://www.1101.com/cirque_du_soleil/ovo/2013-12-10.html
本編→http://www.1101.com/pl/131213ovo/?dt=20131213005435&ob

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました3

さて、台湾で出版記念イベントをすることを決めた私たちですが、よくよく考えてみれば、自分たちが台湾でやるべきことが、もう一つ判然としません。

台湾に行って来ました6

私達の本って、台湾でどういう人に読まれるんだろう??
コミックが好きな人なのか?日本に興味がある人なのか?キモノが好きな人なのか?

台湾に行って来ました7

イベントに足を運んで下さる方達に、私達は何を望まれているのだろう??
少なくとも、日本でイベントを企画した時のように、ブログの読者さんが顔を見せに来て下さるわけでは無いということだけは見当が付きます。

台湾に行って来ました8
(巨大ゼリー)

ただキモノを着てサインして帰るだけじゃつまらない・・・一方的に話すトークショーも気が進まない。更に言うなら、自分たちが主役になることもなんだかお尻がムズムズして性に合わない。

台湾に行って来ました9
(下着屋さん前には蓮の実屋さん)

そもそも、人って集まるのかしら??

まぁ、よくそんな状況で行くことを決めたものだと我ながら思いますが、オモシロイことが起きるに違いないという妙な確信めいたものだけはありました。

台湾に行って来ました10
(缶詰いっぱい!)

可能性を探るために、台湾の出版社の方に、いくつかの提案とたくさんの質問を浴びせかけ、自分達でも台湾のキモノ事情をリサーチしたところ、台北ではここ数年毎年浴衣祭りなるものが開催されていたり、日舞が盛んだったり、結婚式の衣装としてキモノが選ばれることがあったりと、多くの知らなかった事実を知ることになります。

異国の方にも、キモノって着られてるんだ・・・。
自分達が話すより、むしろ台湾の人たちのお話を聴いてみたいよなぁ・・・。

どうせ行くなら台湾の人に喜んでもらえて、自分達も楽しいことをせねばなりませぬ。

台湾に行って来ました12
(干しナマコもいっぱい!!)

そうだ!台湾の人たちに私たちがオモシロイと思っているものを紹介しよう!!そして、台湾の人たちとそれについて一緒に話をしよう!!

そう考えた時に、出た答えは簡単でした。

続きは次回。

台湾に行って来ました11
(無防備な犬をたくさん見ました。)

台湾の美味いもん情報に頭がクラクラ


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました2

さて、台湾での実際イベントのお話の前に、台湾で翻訳版を出したりイベントを行うに至った経緯を知りたいとのご質問を頂いておりますので少しお話ししてみましょう。

昨年の夏のこと、『召しませキモノ』の執筆依頼があった時と同じくらい突然に、台湾の出版社から日本の出版社経由で、翻訳版を出したいとのオファーがありました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目3

日本のコミックやコミックエッセイが台湾で人気があるらしい話は耳にしたことがありましたが、最初に話を伺った時には、何故に台湾?そして、何故に台湾でキモノ本??と随分驚きました。
実際、あまりにも不思議に感じましたから、日本の担当編集さんに「これは新手の詐欺か何かではないですよね??」と念押しをした程です。苦笑

ニュースとしてはとても喜ばしいお話でしたが、一緒に送られて来た出版にあたっての諸条件を見ても、それが妥当なものかどうかの判断がつきません。
なにしろ初めてのことですから、これには困りました。
二三心当たりのある方にご意見を伺ったりしながら、最終的には、自分達が想定していなかった読者さんのところへ『召しませキモノ』を旅立たせてみたいという思いで決心をしました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目4

決めてしまえば、不安要素より楽しみな気持ちの方が大きいもので「台湾か・・・、行ってみたいよね。」「自分達の本が台湾の書店で並んでるの、見てみたいね・・・。」「美味しいものいっぱいありそうだよね・・・」と、うわごとの様に囁き合う私達。

それでも、ふたりで渡航するには時間も費用も掛かりますから、しばらくの間は、本気で行くことは考えていなかったのです。

台湾に行って来ました3

そんな中、続編の取材で出会った方の中に、偶然にも台湾に度々仕事で出掛けられる方がいらっしゃいまして、翻訳版のお話をしたところ「きっと台湾の人達にもこの本は受け入れられるから、絶対に行くべきだ!!」と強く言って下さった上に、ご自身の台湾出張の際に、まだ出てもいない私達の本を台湾の方にお話して、この子達を呼んで講演でもさせてみないか??と私達の台湾行きを積極的に推して下さるということがありました。

お話を聞いて慌てましたし、それ自体は実現することはありませんでしたが、そんな風に思い入れて応援して下さる方がいるのを見ていたら、自分達のことなのだから、自分達がちゃんとしなくっちゃね・・・という気持ちになりましてね。笑

台湾に行って来ました5

はい、私達、呼ばれてもいないのに「行きたい!!」と挙手してしまったのです。
これが、台湾でのイベントへの道のスタートです。

日本の担当編集さんを通して台湾の出版社に、現地での発売に合わせて渡航したい気持ちがある旨をお伝えしたところ、渡航に関する費用は出せないけれど、台北でのプロモーションの手配は台湾の出版社で一切引き受けて下さるとの大歓迎のご返事。

あれよあれよと言う間に、日程や会場が決まり、スタジオクゥ台湾行き決定!!

台湾に行って来ました4

さぁて、台湾で何をしよう??

行くと決めたらもう止められない


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました1

既に台湾でのイベントの様子をネット上で垣間見ていらっしゃる方もおられることと思います。

和服女孩日本微旅行イベント初日1

当のスタジオクゥからのご報告が遅くなり、申し訳ありません。
帰宅してからの数日間は、求めて来たお土産の撮影と発送、そして大量の洗濯物の山と格闘しておりました。
ようやくここ数日、台湾で仕入れて来た食材をアレコレと楽しんでおります。

台湾に行って来ました2

なにはともあれ、今回のイベントに駆けつけて下さった台湾の方々、日本から同行してイベントを盛り上げて下さった芝崎るみさん・小倉充子さん・こころやさん・木内愛さん・竹ノ輪のタケさんとトキさん、私たちの本の翻訳とイベントでは通訳としても大活躍して下さった簡玉芬さん、そして台湾と日本両方の出版社のスタッフの皆さんにお礼を申し上げたいと思います。

和服女孩日本微旅行イベント2日目2

本当に楽しい時間をありがとうございました。
行って良かった!!最高にオモシロかった!
どんな形になるかは解りませんが、あの時間を共有した方々と、またお会いしたいと願う気持ちでいっぱいです。

和服女孩日本微旅行イベント2日目1

このブログを始めた頃、その先に、台湾でキモノ好きの人たちと笑い合える日が来るなどどは思ってもおりませんでした。
そして、今回の経験は、『召しませキモノ』を作る時に自分達がやりたかったことを、あらためて見直すことが出来る良い機会であったようにも思います。

台湾に行って来ました1

何かに到達することよりも、展開することの方がずっと大切だという実感が今は、一番大きいです。
謝謝!そして再見!!

台湾のお話はしばらく続きます♪

台湾のみなさん!日本から同行してくれたみなさん!謝謝!!


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

日本の夏じたく、私の旅じたく2

さて、『日本の夏じたく』展で私がお持ち帰りしたものとは??

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて18

日本一の富士のお山でございます。

実は出掛ける前から危険は感じておりました。ハイ。

江戸切子の小川郁子さんの帯留を知ったのはもう随分前のことです。

いつか手に入れたいと思い続けてはいたものの、今の私にはまだまだ高嶺の花と、これまではガッツリ目を合わせないようにし続けておりました。

この日も、斜めから拝見して溜息が付ければ良いなぁ・・・と思っていたのです。

なのに・・・。

一通り会場を見たにもかかわらず、小川さんの作品を見つけられなかった私。
小倉充子さんのブースのすぐ横に帯留作家さんのブースがありましたので、ちょっぴり悲しくなって充子さんにそっと小声で訊きました。

ひ「小川さんの帯留・・・、もう全部なくなっちゃったの??」
み「ひよさ!場所間違えてるよ~、小川さんは入り口の横横!!」
ひ「へ??」

このあたりで、自分の調子が狂い始めます。

すっぽり見落としていたエリアに急ぎ向かい、小川さんの作品に会える喜びでスタスタと作品に近づき、ひょろひょろと正面から作品と対面してしまったのが運のつきでございました。

シャープなフォルムと透き通る青。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展小川郁子さんの帯留1

完璧だわ・・・。

小川さんの切子細工に合わせて、美しい爪のついた台を作られているのは、5月にこころやさんでも展示をされた銀細工職人の松原智仁さんです。

見れば松原さんの作品の中にも富士のお山があるではないですか・・・。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展松原智仁さん帯留1

これもとてもいい♪

どちらもまともに正面から向かって、あらがえる気がしない・・・。汗

横から小倉充子さんが現れて「私はもう決めててね、コレ♪」と。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展松原智仁さん帯留3

うわ、松原さんのビールか・・・。充子さん、それはもう充子さんのためのものに違いないワ。

まだまだ悩む私。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展松原智仁さん帯留2

松原さんの鯛も素敵だし、

2014年5月三溪園日本の夏じたく展小川郁子さんの帯留2

小川さんのコロンとした栗もかわいいなぁ。

でもやっぱり、台湾に『富士山』を連れて行きたいなぁ・・・。

あれこれ悩むうちに血迷った私、息も絶え絶えに充子さんの元に戻り「エバ、エバ、絵羽・・・作る??」
見かねて充子さん「絵羽は今はいいから、富士山買っといで!!」

コクンとうなずいて、富士のお山を1つ手に入れました。

バカだな・・・私。

帰りの車で、あっくま姐さんや偶然会場でお会いした香子さんや櫻子さんに「アレは仕方がない、仕方がないよ。」となだめて頂き、その時の声の中に経験者の響きが感じられたのは、間違いなかったように思います。笑

お騒がせしましたが、お陰様で、時々眺めてはニヤニヤしております。

一目惚れに勝るもの無し!!

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて19

写真右は、あっくま姐さんがgetされた大城令子さんの巾着です。

珍しく動揺をあらわにする相方


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

日本の夏じたく、私の旅じたく1

さて、三溪園の名前が出たところで、『日本の夏じたく』展でのお話も少しいたしましょう。

今日は久しぶりのドライブだ!!とレンタカーで三溪園まで乗り付けた私たち二人とあっくま姐さん。
一歩三溪園の中に足を踏み入れて愕然とします。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて3

「ひ、広い・・・。」

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて4

高いところに塔は建っているし、お池には舟が浮いてるし、蓮池はあるし、立派なお家は建ってるし・・・。汗

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて9

ま、まずは腹ごしらえでもしましょうかね・・・と茶店に入り一呼吸。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて5

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて6

麺をすすりながら「思っていたほどには人がいないねぇ・・・」「のんびりしてるね~」
などと話しておりましたが、会場である鶴翔閣の中に入って再度驚きます。

外の静けさが嘘のように、人が、それもキモノ姿の人が、ワラワラと流れているではないですか。

私たちは甘かった。
敷地が広すぎて人がまばらに見えただけなのね・・・。
恐るべし三溪園の収容力。

とにもかくにも、まずは小倉充子さんのところへと向かったところ、偶然、小倉絵羽『九尾狐』を着ていらっしゃる方を発見!!

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて10

2012年の個展『江戸に一献』に出品されていた作品です。

召しませキモノ』には写真を載せていますが、ブログではご紹介していないようなので(多分)写真を載せておきましょう。

2012年小倉充子江戸に一献九尾狐

着られているところを初めて拝見しましたが、本当にステキでしたよ~~~。
大胆な柄行きなのに、すぐに狐と解らないところが奥ゆかしい。

私、この着姿が拝見出来ただけで、危うく満足しそうになりましたが、新作の帯を見なくっちゃ!!

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて14

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて13

いいでしょう~♪

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて15

明烏欲しい!!

新作注染の『東都美味図鑑(とうとうまいものずかん)』。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて11

皆さんどこの何が描かれているか解りますか?

こころやさんがブログにまとめて下さっているので、是非答え合わせをしてみて下さいね♪

実は、図案が出来上がった後に、充子さんとお江戸の旨いものメールをやりとりし(飽くなき感じでしょ・・・苦笑)、次々と名前が上がって、続編が必要だと大笑いしたのでした。まだまだ展開が楽しみな図案です♪

そして、大人気の台所妖怪浴衣は、登場する妖怪が代わって新しくなりました。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて12

是非、お手持ちの旧バージョンと比べてみて下さいまし♪

実は、この日ではありませんが、この新版台所妖怪の反物を、私、一反手に入れました。
いえいえ自分用ではありませんの。
??うにさ用でもありません。
贈物と言えば、贈物なのですが、台湾に連れて行くことを画策しておりましてね・・・。笑
これについては、またあらためて♪

話を戻して・・・
今年の日本橋三越オリジナル浴衣もサンプルとして見せて頂けましたので、写真をパチリ。

『牡丹燈籠』に

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて16

『らくだ』。

2014年5月三溪園日本の夏じたく展にて17

『らくだ』柄は、浴衣地だけなのが惜しいくらいです。是非、羽裏に染めて下さい!!((To日本橋三越さま)こんなところで言っても伝わりませんが・・・。苦笑

嗚呼・・・、小倉充子ブースだけでもこんなに充実しているのに『日本の夏じたく』展にはスゴイテンションで迫って来るものがいっぱいで、大変でございましたよ。

かなりの出店数ではあるのですが、昨年11月に訪ねた『きものサローネ』で感じたような見本市感は薄く、ひとつひとつの物がきちんと目に入ってお買い物が出来る感じがしたのは、スゴイなぁと思いました。

『キモノ』だけで括られていないことが最大の魅力なのかもしれません。

吉田佳道さんのピッチリと編み込んだ竹籠に心動かされたり、瀬沼健太郎さんの大きなガラスの器に活けられた植物に感嘆したり、大城令子さんの繊細な袋物にウットリしたり、今井章仁さんの錫の急須にニヤニヤしたり、キモノを見たり、帯留を見たり、お庭を眺めたり、色んなことに思いを馳せられるのが、とても楽しく感じられました。

・・・とはいえ、お持ち帰りした物は、キモノ関連の物なのですけれどね。苦笑

そのお話はまた次回!!

三溪園広くて気持ち良かったです


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

『染 縁日 2014』と『夏色ロージィー』

蒸し蒸しと不思議に冷たい雨が降りますが、風邪などひかれていませんか?

湿気が体から抜けないせいか?今朝はふたりとも顔をパンパンに浮腫ませて、京劇のマスクのようだとお互いの顔を罵り合いました。
ひとまず自分のことは棚に上げて、出来れば同居人には健やかな見た目であって欲しいと願います。
鏡より、繰り返し映る、同居人の顔・・・と言ったところでしょうか。

さて、Web文芸誌『マトグロッソ』での連載『おひとり様のふたり暮らし』が一旦お休みとなって、一区切りのスタジオクゥですが、相変わらずバタバタしております。

ここ数カ月、目を合わせないで先送りにして来た事柄が、なんて大きなお山に・・・。

あまりにも大きすぎて、一気には登れないので、ふたりで交互に逃避しながら進んでおります。汗

4日火曜日の午後、うにさ、歯の治療ついでに吉祥寺へ脱走。

2014年6月六方染縁日を訪ねて7

トラバターのトートバッグの虜となる。

5日水曜日の午後、ひよさ、仕事の打ち合わせついでに吉祥寺に逃走。

2014年6月六方染縁日を訪ねて8

組み体操の風呂敷が手から離れなくなる。

一緒に行けよ!!という感じですが、一日違いで私たちが訪ねた催事は小倉充子さん×鴨川志野さんの『染 縁日 2014』。

2014年6月六方染縁日DM1

『染 縁日 2014』
2014年5月31日(土)~6月22日(日)
*6月17日(火)・18日(水)・19日(木)休み
こまものや六方(吉祥寺)

2014年6月六方染縁日DM2

2014年6月六方染縁日を訪ねて1

小倉充子さんはうちのブログでは毎度お馴染みですが、実は鴨川志野さんにも大阪での『召しませキモノ』出版記念イベント『チンチン電車で忘年会』に参加して頂き、小倉さんとはまた違った魅力の型染めを教えて頂いていたのでした。

2014年6月六方染縁日を訪ねて4

こまものや六方さんでの二人展は、恒例の催事です。

2014年6月六方染縁日を訪ねて6

2014年6月六方染縁日を訪ねて5

トラバタートートはもちろん文句なしに可愛いのですが、私がおススメしたいのは風呂敷!!

市販の風呂敷の厚さに不満のある方はいらっしゃいませんか??
確かに重いものなどを提げる際には地厚な方が安心ですが、予備のバッグとして携帯するには嵩張りすぎる・・・と思いませんか?
私は常々不便に感じておりました。

六方さんオリジナルの風呂敷は、広幅の手ぬぐい地2枚で作られているので、薄くて大判。
携帯用には打って付けであります♪

私が手に入れたのは鴨川志野さんのものですが、小倉充子バージョンもかなりステキでしたよ♪(しまった・・・写真を撮り忘れた。涙)

組み体操の中には、天狗や

2014年6月六方染縁日を訪ねて9

お釈迦様もいらっしゃいます。笑

2014年6月六方染縁日を訪ねて10

二人の型染め作家の展覧会、仕事のストレス発散にぴったりの催事でございます。
是非お出掛けを!!

2014年6月六方染縁日を訪ねて2

そして、昨日7日土曜日の午後は、ひよさ、新宿に逃避行。
お知らせ遅くなりましたが、LUNCOさんの催事に出掛けておりました。

2014年6月LUNCO夏色ロージーちらし1

『夏色ロージィー』
2014年6月4日(水)~10日(火)
10:30~20:00
伊勢丹新宿店本館7階

2014年6月LUNCO夏色ロージーちらし2

残り2日です!!
夏物には目が無いので、眩暈がしそうになりましたよ。
昨年12月と今年の2月のトークショーには行きそびれましたが、今回はトークショーにも間に合って、大満足。
LUNCOさんで仕事のストレス発散をすると大変なことになりそうですが、それが出来るなら本望ですね♪
どなたか是非チャレンジを!!笑

2014年6月LUNCO夏色ロージーを訪ねて

写真はトークショウ終了後に頂いた希少な古裂の栞。中央はベニバナ染めだそうです。
下に敷いてある布は、『フルーツ気分な春のsale』で求めたプルーンのショールです。

薄物の催事は危険過ぎるので、あと2カ月は気を確かに持たなくては・・・頑張れ自分!!

みんな大スキ虎バタァ


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

«  | HOME |  »

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。