FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の浴衣1

暦が9月に替わって数日過ぎた頃、天気予報では、東京は今年一番の猛暑日の予報が流れました。

ふざけるな!まるでこれから夏が始まるような気候じゃないか!

この日は昼過ぎから仕事の打ち合わせ、夕方からは、ドイツから帰省している友人と会食の予定。

決して涼しいなどとは思っておりませんでしたが、これは予想をはるかに越えたことでございます。

綿麻の浴衣に襦袢を着てキモノ風に支度するつもりでありましたが、潔く、襦袢も着ないことに。

浴衣でてんぷら1

ただし、打ち合わせに裸足は無礼かしらと思い、ストレッチ足袋を着用。

浴衣でてんぷら2

9月に浴衣を着るなんて、初めてのことでございましたが、新宿を歩いておりましたら、ちらほら浴衣姿の方を拝見いたしました。

浴衣でてんぷら3

そうよね・・・流石に、今年はそんな気分よね・・・と同士を得たような気持ちになった私ですが、その浴衣姿の中に、ミニの浴衣を着られているお嬢さんを発見!

噂には聞いておりましたが、本物を拝見するのは初めてのこと。
おお~♪とばかりに、失礼かとは思いましたが、目を皿のようにして観察させて頂きました。

自分では着たいとは思いませんが、お嬢さんのキャラクターに良く合っていて、予想外にかわいらしかったですよ。

自分でも、この感想はかなり意外なものでしたが、上手に着ておられました。

勝因は、ほとんど着物には見えなかったことかもしれません。苦笑
パッと見、後ろ姿は腰に大きなリボンの付いたワンピース。
一緒にいたうにさは、私が言うまで全く気づかない程でありました。

そうですね・・・過去に遭遇した、浴衣に子供用の七五三に着けるような金糸・銀糸の入ったアンティークの袋帯をされていたお嬢さんや、おはしょりがスカートみたいに膝まであるお嬢さんの方が、ずっと肝が冷えましたね。苦笑

まぁ、私としては、それでも、着ようという努力に対してエールを送りたいわけで、キモノとしてはいささか珍妙なものであっても、微笑ましさを感じずにはいられないのであります。

キモノというものの持っている独特な美意識のようなものに目覚めるのは、ゆっくりでもいいのかもしれませんし、楽しいと思い始めれば、意外と成長は早いのカモ。

着始めたばかりの方に、着方について綺麗だとか正式でないとかを言っても仕方が無いかなぁ・・・と思うのです。

言いたいことが何かあるとすれば、大事に着て欲しいということでしょうか・・・。

昨今、花火大会の後に、脱ぎ捨てられた浴衣がたくさん落ちていると聞きます。

手入れも面倒だし、来年は新しいのを着たいしで、1回きりの使い捨て、これには流石にもの申したい。

・・・というか、哀しい。涙

キモノを着るとか着ないとか以前のお話、モノは大切に致しましょう。

そして、使い捨てにしても惜しくないような浴衣を大量に生産している生産者側の責任についても、考えずにはいられないのでありました。(ちょっと真面目なお話・・・。)

衝撃のおはしょり


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

衝撃のおはしょり、着物の仕組みとして不可能ではないかと・・・
身丈何メートルあるんだろう。

暑い日が続いてますね。

はじめまして。こんにちは。
沖縄では10月でも 浴衣姿を見られますよ。

毎年10月の第2日曜日に行われる「那覇大綱引き」の日は、
やっぱりお祭りなので 浴衣の方も多いです。
この日が 浴衣の着納めの日かなと思ってます。

狭い日本のはずなのに 季節の訪れに差がありますよね~。

驚くばかりです

こんにちは!
本当に、今年は暑さがなかなか薄らぎませんね。

浴衣の脱ぎ棄てって、驚きました。
母の浴衣を現役で着ている私です。苦笑
全然へたれませんし、柄もオーソドックスなので流行遅れとかないですしね。
1回こっきりなんて、もったいない話です。

おはしょりがスカート丈っていうのも驚きですね。
どれだけ小さな人なのでしょう。
私もチビなのでおはしょりをちょうどよくするのに苦労する方ですが、さすがにスカート丈にまではなりません。^^

自分が着物を着るようになると、人の着物、気になりますよね。
素敵だな~とか、ちょっとどうよ?とか。
そして、私も「あれ、ちょっとどうよ?」と思われてるのかしら。苦笑
あまり着る機会がないのですが、素敵ね、と言われるようになりたいです。

浴衣の使い捨て。何でも大事に使う気持ちが本当に薄れてしまっていることの表れなのでしょうね。残念なことですけど。

今年の夏の一番のびっくりは浴衣の「肩出し着付け」です。
両肩丸出しで、帯は花魁のように前で結ぶらしいです。実物を見たことはないのですが、もうこれは浴衣じゃないですね。

9月のこの時期に浴衣OKなら、10月中ごろでもまだ単衣OKかな?今年誂えたものがそろそろ上がってくる予定なのです・・・。それめがけて日本に一時帰国の予定です(笑)

ミニ浴衣のギャルたちは、祇園祭の時期になると増殖します(笑)
どんな着方であれ、「着物が好き」という気持ちを大事にしてくれてたらいいな~、と思ってます。(^^)
それにしても、浴衣まで使い捨てにするとは・・・初耳です(^^;
そんなふうに使われるために作られたはずではないのに・・・悲しいですね。

膝までおはしょり状態って、どんだけ着丈なげーんだよ!って突っ込みたくなりますね(苦笑)
うにささんのイラストを見て、一瞬、長襦袢を見せて着ている状態!?と思ってしまいました(^^ゞ


あっくまさま

思うに、小柄なお嬢さんでしたから、今どきのフリーサイズorトールサイズの浴衣であれば、あっさりと衝撃おはしょりも実現可能であったのではないかと・・・。

多分、雑誌か何かに、書いてある通りに自分で着付けたら、そうなったというだけのことなのではないかと・・・。

きっと、書いてあったことからは、どこも間違っていなかったんじゃないかと・・・私は、推測しております。

すずは。さま

はじめまして、いらっしゃいまし♪
沖縄では10月まで浴衣姿が見られるのですね~。

日本列島、思っているより縦に長いですから、ところ変れば随分と着るものも変りますね。笑

東京は、先日の台風の後から少し秋の風が吹いて参りましたよ。
また暑くなるとの予報もありますが、どうかこのまま秋に突入して欲しいものです。

沖縄のキモノ事情のお話など、お聞かせ頂けると嬉しいです♪

けいなさま

本当に・・・脱いで持って帰るではなく、脱ぎ捨てて帰るあたりが、もう理解不能な感じです。涙

スカートおはしょりは、実は私、解る気がするんですよ。

今どきのプレタの大きな浴衣を着た時に、腰紐を通常の位置に締めたら、おはしょりが太ももの中央くらいに位置した経験があるので・・・。苦笑

もちろん、そのまま着はしませんでしたが、マイクロミニのスカートよりは長いくらいのおはしょりになりましたから、身長が150cmに届かない方でしたら、今のプレタのキモノならば、容易に起こりうることかと思います。

どうせ着るなら、素敵と言われるように着たいと私も思いますが、キモノ脱ぎ捨てのニュースを聞いて、キモノを着ることが少ない世代に対して出すNGは、少し異なるポイントにあるのかな?っと思った次第です。

えびぞうさま

本文の方にも書きましたが・・・
若い人が手軽に買える商品があるのは良いことだとは思うのですが、捨てても惜しくないものとか、また着たいと思わないものを大量に生産している大人にも問題あるなぁ・・・っと思うのですよ。

薄利多売でご商売なさっているのだとは思いますが、なんだか根底から色んなものが崩れて行くような気がして恐いです。涙

残念ながら、肩出し浴衣さんの実物にはまだ遭遇したことがないので、何とも言いがたいところはありますが、ミニの浴衣同様、浴衣に見えなければ、そういう衣服として私は受け入れてしまうかもしれません。(あ・・・もちろん自分では着たいと思いませんよ・・・。笑)

キモノドレスと思えば、女の人のデコルテラインって綺麗ですから、出したいという気持ちは少し理解出来る気もします。

そんなこんなで、まだしも気持ちは理解出来る気がするのですが、実際問題、ドレスと違って肩から落ちてオッパイがポロリと行きそうな気がするので、その辺の対策はして欲しいかなぁ・・・。笑

10月の単衣はアリなんじゃないでしょうか?
最近は11月くらいまで単衣の方を見かけることもありますよ。
夏キモノから単衣への移行より、ずっと寛容に受け入れられている気がします。

tanukiさま

私も超超超ロングおはしょりを目にしてたまげましたよ!
(寅壱のニッカボッカじゃない)

実際目にしたより長めに描いちゃっただろうか・・・・・・と思い返してみましたが、確かにこれくらいの長さがありました(笑)
でも、背の低い私が何も考えずに自力で着ようとしたら、やっぱりあんな感じになったのかなあ・・・・・とも思います。
まあ、何事もチャレンジ!ですよねっ。
(って、いい年して相方に着付けてもらうばかりの私が言うな!)

「肩出し」のことは相方から聞き及んでおりましたが、今年の夏は引きこもりゆえ目にすることはありませんでした。
キモノの構造上、手とか動かしてるうちにずり落ちちゃうのでは?と思うのですが、どうやって止めてあるんでしょうね。
そのうち「肩だし用」の浴衣が登場したら、それはそれでいっそ安心、なような気もします(笑)

個人的には「肩だし」も「ゴスロリ風」も、若い男子にはウケが悪いような気がするのですが、どうなんでしょうか。
男子の好みは概ね平凡なものの範疇にあるような。
そこを敢えてやってる、というところに心意気があるのかなあと思います。
(って、Tシャツローテーションの私が言うな!)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/999-f1ebeee7

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。