キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の後のひととき2

御名残三月大歌舞伎2

拝見したのは、

御名残三月大歌舞伎 第一部

・菅原伝授手習鑑 加茂堤

・楼門五三桐

・女暫

御名残三月大歌舞伎3

いやはや、どれもとても華やかで、楽しい演目でございましたよ。

・・・というか、今回の歌舞伎見物での率直な感想を言わせて頂きますならば「いいお席って、本当によく見えるんだぁ・・・。」の一言に尽きるかもしれません。(内容に関係無いじゃない・・・などと言わないで下さいまし。苦笑)

これまで私が拝見したお席の最高位は2等席。
1等と2等で、ここまで見え方が違っていようとは・・・予想を遥かに超えておりました。(私の歌舞伎経験値は高くありません、詳しくは『歌舞伎座さよなら公演四月大歌舞伎に挑む101114151617』をご覧下さい。)

しかも、たまたまのことではありますが、1等の中でも花道のすぐ内側、手を伸ばせば演者さんに触れることが出来そうな位置。
更にはの揚幕の少し前辺り、振り返らずとも花道がズズイと見渡せるという申し分のないお席でありました。

「うっわ~~~、女形の人が、ちゃんと男の人に見えるよ・・・」という程に近い。(相変わらずダメダメな感想で済みません・・・。苦笑)

困ったことに、3幕のお芝居全てでこんな調子の私、遠いお席から見ている時よりも、遥かにディテールに目を奪われてしまうのです。

ストーリーを追いながらも、『加茂堤』では、牛車の牛のことが最初から最後まで気になり、『楼門五三桐』では、鷹を動かしている棒の色が黒く塗ってあることについて考え、『女暫』では腹出しさんの膝小僧の柄が、実際の膝の位置より高く描いてあることに気を取られ・・・目に映るもの全てが見所状態。

ああああ・・・・凝視しし過ぎて、目はカラカラ。(瞬きはした方がいいです。苦笑)

そんな私の横で、目をキラキラさせながら初歌舞伎を楽しむロミちゃんと、微妙に目をシロクロさせながら落ち込むうにさ。

さあ、うにさ!ここで思う存分懺悔したまえ。

一等席ってホントによく見えるの

私も申し訳なく思います。

新しい歌舞伎座が出来上がった暁には、是非上等なお席でご一緒いたしましょう!!

でも、私としては、近くから見るのと、遠くから見るのでは楽しみ方が違うだけで、どちらも試してみる価値があるなぁ・・・というのが最終的な感想でした。

というわけで、新歌舞伎座では是非とも体験したことのない桟敷席から拝見したい!!(野望)

随分、先のお話ですが、どんな舞台が出来上がるのか楽しみですね♪

新歌舞伎座の桟敷席には

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

歌舞伎行かれたのですね

良いお席が取れて楽しまれたご様子で、何よりのご褒美でしたね。
花道側も見やすくて良いですよね。うっとり。

鷹の棒が黒いのは「黒子」が「いないもの」とするお約束に通じて、
「黒」は「ないもの」という事では。

私も新しい歌舞伎座が今から楽しみです。

くまっちさま

なるほど・・・黒はそういう記号だったのですね?
舞台が明るいので、白や銀の方が目立たないのではないかしら??もしや何かの意味があるのでは?っと不審に思っておりました。
スッキリ納得です!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/868-df5d2f69

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。