FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

季節外れの真夏の西国旅行のお話・・・広島編4

さて、お話を旅行に戻しましょう。

実は、私自身、原爆資料館を訪ねるのは何十年かぶりのこと。
最後に足を踏み入れたのは、予備校時代だったかと思います。

最初に行ったのは、小学校1年生くらいでしたでしょうか。
日曜日に母やすこに連れられて、一日広島の歴史を勉強するかのように、広島城を見学し、平和公園のモニュメントを回り、続けて原爆資料館を見学したように思います。
目を覆いたくなるような写真やジオラマ。

子ども心に、とても怖かった。

広島では、小中高と学校で『平和教育』という授業が、年間でかなりの時間取られています。

現在の教育事情には詳しくありませんが、少なくとも、私の時代はそうでした。

小学校の課外授業で原爆資料館を訪ねた時のこと、あまりのすざまじさに気分が悪くなる子どもが続出。
資料館で目の当たりにするものは、それ程にショッキングな内容だったのです。

ところがですね、久しぶりに訪ねて、私も驚きました。

随分と展示が変っているのです。

以前は『原爆被害』が展示の中心であったように思いますが、現在は『核問題』が全面に押し出された展示になっておりました。

時代の流れとしては、適切であるように思います。

『悲惨さ』以上に伝えるべきことが見えて来ているのかもしれません。

よい展示であると思いました。

ただ、以前展示されていたものも、完全に隠してしまうのではなく、機会に応じて展示したり、企画展として公開するなどの検討は今後も必要なのではないかとも感じました。

隠すことなく、展示を成長させ、メッセージを出し続けること・・・大きな仕事です。

私自身が、長い間足を向けなかったこと、少し後悔しました。

平和公園1

うにさと同じように恐ろしくて『原爆資料館』に入ることが出来なかった方々、ソフトな展示になっておりますので、一度足をお運び下さいまし。

そして、私の様に、長らく足を向けていない方も、再訪されることをお勧めしたいと思います。

よい一日でした。

平和公園であたたまり中

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

ブログを見て早速内子座チケットをゲットしましたよ~。
今年3月に初めて長崎に行き、原爆死没者追悼平和祈念館と資料館を見てきました。祈念館でひしひしと感じたのは、「悲しみ」の巨大さでした。亡くなった人や残された人々の悲しみ。資料館には生々しい資料が多数展示してありました。人間が行うべきでなかったし、受けるべきでなかった悲劇。日本が侵略したアジアの国々で起こった悲劇とともに、後世に語りつがないといけませんね。

ここに何を書いたらいいかわかりませんけど
ずっと読んでるよ、という事を言いたかったので
久しぶりにお邪魔しました。

私も鹿児島に住んでいた時、知覧には行けなかったです。
無関心な気持ちじゃなくて、なにか暗い物に
吸い込まれそうな感じがして近づけないというか
元気なときしか行けないというか。。。

何を書いてもなんか変ですね。
私は広島には行ったこともないし、親戚もいないので
戦争のテレビ番組や記事を、自分から選んでみない限り
「勉強」として知るだけです。そういう人が大多数です。
だから何を書いても変になってしまうのですね。。。
聞き取りするだけでも私には恐ろしくてできそうもありません。

ひとつ前の記事とあわせて、レポありがとうございます。
小学生の頃、漠然と「原爆記念日」というものを学校で習ったことはありましたが、原爆のむごさ、恐ろしさを知ったのは、TVで「ピカドン」というショートムービーのような短いアニメを見てからです。とても生々しくて怖くて、でもこれは見ておいてよかった・・・と思いました。
毎年、夏が来るたびに、戦争の犠牲者の方々へ黙祷を忘れないようにしています。
当事者の方々にとっては思い出したくもない、けれども決して忘れてはいけない経験ですね。
私たちの世代が、戦争の恐ろしさ、無意味さを次世代にきちんと語り継いでいかなければならないですね。
いつか絶対、広島を訪れたいです。

こよりこさま

私個人の話で恐縮なんですが、学校の授業では「悲劇」以外の「事実」について、ほとんど習った記憶がありません。
それは、日本が直視できないほど酷い負け方をしたために、戦争の記憶が「歴史」になりきらず、個人的なものとしてあり続けているから・・・・・・ではないかと思われるのです。
あんまり賛同を得られない意見かもしれませんけれど。
なんだかわかりにくい文章でスミマセン!

私も今回、原爆資料館と平和記念公園を訪れることが出来てよかったです。
合わせて戦争の「事実」についても、少しずつ勉強して行けたらいいなと思っています。
授業で習わないとしても、たくさんの記録が残っているのですから、それらからも目を背けてはいけませんよね。

ぶにさま

いいんですよ、ぶにさん!!
お気持ち十分に受け取りました!!ありがとうございます。

最近は平和公園と宮島を結ぶ『世界遺産航路』という船もあったりします。

http://www.aqua-net-h.co.jp/sekaiisan_course.html

機会がありましたら、楽しいことと一緒にソフトにアタックしてみて下さいな。

ぶにさんの言われる通り、自分に元気がないと吸い込まれそうな気分になってしまうような場所だと思いますよ。
知ることは大事ですが、吸い込まれないことも大事です!!笑

tanukiさま

そちらからですと、広島は少し遠い場所かもしれませんが、綺麗なところも美味しいものもある土地ですので、是非お訪ね下さいましね♪

小学校頃、夏休みの登校日は、決まって全校生徒が講堂(体育館)に集められて戦争にまつわる映画を見せられました。
ある年、前編と後編のある長い映画を見せられたのですが、朝からどうもおかしいとは思っていたのですが、午前中に見た方が後編で、午後に前編が流れるという珍事が・・・。
先生、大失態です。苦笑

残念ながら、6年間で見せられた映画の1つ1つのタイトルまでは覚えていませんが、印象に残った場面場面は記憶していますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/845-382ce94c

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: