FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

季節外れの真夏の西国旅行のお話・・・四国編23

四国3日目。

朝から足摺岬を訪ねます。

スタジオクゥ、四国最南端到達!

足摺岬1

ふたりで訪ねた場所としても史上最南端!!笑

足摺岬2

さぁ、3日目は更なる移動です。

ここ足摺岬から、松山に戻り、私の実家のある広島の山間部まで移動せねばなりませぬ。
お宿でお訊ねしたところ、松山までの道のりは、私たちが往路で使った宇和島経由の道が一番早いとのこと。

松山で少しばかり遊びたい気持ちもありましたので、ここは素直に来た道を帰ることに。

高知のハイビスカス

つまらないじゃないか!・・・っと?

いえいえ、前日の心残りを果たすには、絶好の機会でございましょう。

・・・というわけで、喜び勇んで向かったのは『足摺海底館』。

足摺海底館1

five★four★three★two★one

Thunderbirds Are Go !!

チャンチャカチャ~ン・チャカチャカ・チャンチャカチャ~ン
(サンダーバードの曲が聞こえて参りませんか?笑)

足摺海底館2

この70年代の香り漂うデザイン。
模型などではありませぬ。
土佐の海に実存する1972年(昭和47年)完成の建造物です。

足摺海底館3

青い空と海に、特撮映画の中から切り出したような真っ赤な建物。

そう、これは、いつかの未来。

足摺海底館パンフレット

あっぱれ、グッドデザインです。

海岸沿いを走っていると、チラリチラリと、かなり遠いところからでも確認出来るのですが、

足摺海底館5

足摺海底館6
(前日の竜串海岸からも・・・)

目に入る度に『地球防衛軍』とか『科学特捜隊』などという言葉が浮かびます。

足摺海底館4

ああ・・・、あの建物に、どうしても入りたい!!!(想像に難くはないのですけれど・・・。苦笑)

岩場から出た細いスロープを歩いて、基地本体に到着。

足摺海底館7

ドアを開けると受付にモギリのお兄さんがひとり。

ここで、それらしい制服でも着ていてもらえたなら、尚、面白かったのですが、当然ながら、ごく普通の洋服姿です。苦笑

足摺海底館8

まあるい窓に囲まれたフロアの中央には、その名の通り海底へと続く螺旋階段。

足摺海底館9

まぁ、階段でスルスル下りられる程度の深さの海底なのですが、階下には、これまた丸い窓にぐるりと囲まれた小さな空間があります。

足摺海底館10

窓の外には、珊瑚やお魚やお魚やお魚・・・それが全てです。

足摺海底館11

思った通りのシンプルな作り。
これと言った仕掛けも何もないところが、むしろ好ましい♪

いいのですよ、こういう面白い建物は、建物にこそ価値があるのですから。笑

階段は2重螺旋になっており、下りる階段と上る階段は別の階段。(そのあたり、よく出来ております。)

上に上がったところで壁に架かっていた1枚の写真に目が釘付けに!!

ザッバ~~~ン

足摺海底館12

大ピ~~~ンチ!!

2007年の台風7号に襲われる足摺海底館の写真。

昨年秋の大型台風の上陸の際には、東京の空の下、足摺海底館のことがとても心配になった私たちでした。

ロケ地失格

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

海底館行きました

はじめまして!いつもこっそりと楽しく読ませてもらってます。

海底館!
実は昨日行ってきたばかりなのです。
訪れたのは二度目ではありましたが、私もあの建物の前で記念撮影しました。もちろん。笑

グラスボート乗船券売場の近くに面白い看板があったのですが、お気づきになりましたか?
小ネタではありますが、再度行かれる時がありましたら、ぜひ探してみてくださいませ。

けいなさま

はじめまして!

えー!そんなオモシロ看板がっ??
それは記憶にないなあ・・・・・・きっとカツオのたたきに夢中になっていたんだな(笑)
次回ぜったいに見ますよ!

海底館、写真撮っちゃいますよね。
あのミニチュアっぽい感じが最高です。
嵐に見舞われていてさえ、絵になる。
でも台風が来ると、ほんと心配になりますよ(笑)

けいなさんは高知在住の方ですか?
また四国ドライブの続きに出かけたいなあと、今のところ漠然と思っているんですが、もしよかったらオススメスポットなど教えてくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/831-118217b1

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: