FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節外れの真夏の西国旅行のお話・・・四国編22

さて、動けない程にお腹もいっぱいになり、部屋に戻った私たち。

静かな高知の夜に、不穏な音が・・・。

虫の羽音がするのです。

確かに、部屋に案内された際に「夜は窓を開けないで下さいね。虫がたくさんいますから・・・。」と言われてはいたのですが・・・。

この羽音は、あきらかに窓と障子の間でする音。

さあ、困った!!
何を隠そう、うにさは大の虫嫌いです。
羽音がしているだけで落ち着きません。

私の方は、虫はむしろ好きな方ですが、何の虫かは気になる・・・。

カチンっと音がして、虫乱入。

ギャーーーーー!!(うにさ部屋を逃げ回る。)

虫に近づく私。
「カメムシだ!!」

どこにも逃げ場などない

・・・となると話は別です。
匂いの問題もありますが、私、以前にとある民宿で、寝ているところをカメムシに刺されて、えらい目にあったことがございます。(全てのカメムシが人を刺すわけではありません。)

ダメだ!!こんなものと一緒には寝られない。

手に届くところに下りてくるのを待って、ティッシュで潰さないようにくるんで、廊下のゴミ箱へ。(窓は開けられないのです!!)

ふ~っと一息。

10分後。

カチカチカチカチカチ・・・窓と障子の間で音が!!

カチン。部屋に乱入。

ウギャ~~~~~~!!(再び逃げ惑ううにさ。)

再度捕まえ、廊下のゴミ箱へ。

更に5分後。

カチカチカチカチカチ・・・新たな虫が窓と障子の間に。

「ダメだ!!消灯、消灯!!」と私。

もうキリがありません。

「そういえば、ロビーにコックローチが置いてあったよ」とうにさ。

すぐさま借りてきて、そおっと障子を3cmくらい開けて、コックローチを大量に吹き込みます。(もちろん、こういう仕事は私の仕事です。)

「音、しなくなったね??」

「もう今日は就寝、就寝。」

電気を消してからは、虫が入って来ることもなくなりましたが、高知の夜は大騒動だったのでありました。

注意:お宿が悪かったわけでは決してありません、ただただ大自然が間近にあっただけのお話です。

虫が苦手なんですの

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

虫の怨念・・。アハハ 

こんにちは~♪

カメムシって臭いだけでなく刺すのですね・・・知りませんでした。
恐ろしい・・・笑

大自然・・・楽しいような?怖いような?笑

昨年は私の住む兵庫県でもカメムシが以上発生して、夜遅くまで起きているとコツン・コツンと奴らの体当たりの音が響いておりました。

うにささんの気持ち、よ~く分かります。

大変でしたね^^;

☆もんぺさま

子どもの頃は平気だったんですけどね・・・・・ニガテになりました。
たぶん死にざまがイヤなんだと思うんですね・・・・・イヤって言われてもあちらも困るんでしょうけれど。
虫にはいろいろとヒドイことをしたので、たぶんその怨念じゃないのかと。
反省してるから、もう寄ってこないでぇぇぇ。

三日月さま

カメムシは刺しますよ~。
刺すのか噛むのかわかりませんが痛いです。

でもこれは、田舎のお宿に止まるとよくあるんですよー。
友人の結婚式に出席するために、同級生たちで三重の民宿に泊まったときも大発生して、うちの相方しこたま噛まれてました。
相方が言うには「痛いし痒いし・・・・」とのこと。
避けようがないので、逃げ惑うしかないのです。
虫に強い人と一緒なことが、唯一の逃げ道(笑)

midoriさま

ほんとに・・・・・寝込みを襲ってくるので、衰弱します(笑)
やっぱり蚊帳っていいですよねっ。
蚊帳だったら、奴らがタックルしても、ソフトな感触だし。
カメムシ発生エリアのお宿には、蚊帳を常備してもらいたいです!
でももうあんまり生産してないんでしょうね・・・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/830-29c05937

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。