FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2度目の初釜2

さて、お濃茶席の次は、立礼席(りゅうれい)。

立礼席とは、簡単に言えば椅子席のお茶席ですが、私にはもちろん初めてのこと。

何故かバーカウンターみたいなものを想像していた私ですが、真っ白なテーブルクロスの掛かったお席でした。(正座が苦手な方にはお勧めですね♪)

立礼席

畳と違って、胸の前(テーブルの上)にお茶が運ばれて参りますので、なんだか不思議な感じ。

むむむ、椅子に座ってお辞儀をするのは、意外に難しい。
手は膝の上でよいのは判っているのですが、なんとなく、テーブルに三つ指ついてしまいたくなるのです。苦笑

ひじてつ注意

金屏風の前に作られたお床には、大阪の少彦名神社の張り子の虎をぶら提げた五葉の笹の絵に『乕嘯山月高』(とら うそぶいて さんげつ たかし)の文字。

ふむふむ・・・虎は吼えるのではなく、嘯くのですな。笑

東京の初釜では、お濃茶席はお家元、お薄は東京支部、立礼席は神奈川支部の方が担当されておりますが、どのお席もお道具類は京都のお家元からその年の初釜に合わせたものが運び込まれておりますので、ひとつひとつ趣向も楽しく、丹念に拝見させて頂きました。

立礼席で頂いたお薄のお茶碗には、内側に瑞雲と朝日が描かれており、緑のお抹茶の海から出る初日の出を、独り占めした気分になりました。

蝋梅1

カーリングの話し合い

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

椅子席のお茶なら、正座が苦手な方や外国人の方にも参加しやすそうですね♪
ひよささんのレポを読み、お道具類を見てみたいな~と思ってしまいます(^^)

カーリングの作戦話し合い、緊迫感が伝わってきていいですね。
周りに日本語がわかる人って少数だろうから少々聞こえてても問題ないと思っておりますが(笑)
監督・・・ラグビーと同様、試合中はほとんど選手にまかせている感じですね。

楽しそうです♪

ひよささんの発想とレポが、とても素敵です(^^)

自分はお濃茶を飲むなら、最後が一番好きです。
量を気にしないで、全部飲めますから(笑)
お薄よりお濃の方が、断然好きなのです。
ひよささんはどうですか?

立礼(席)は、とても気楽なお席なので、特に初めてのお茶体験には丁度良いですよね。
先日、ちょうど外国人向けの立礼席の手伝いをしてきたところです。
とはいっても、とある会場でボランティアの一環で行ったので、お茶会とは多少違いますけれど。
今回は日本人の方も大勢いらして子供から大人まで、いろんな方がいらっしゃいました。
初めてのお茶の体験で、もしかしたら最後の機会の方もいらっしゃるかも。
本当に一期一会ですよね。
なので、美味しいお茶とお菓子を召し上がっていただいて良い雰囲気を体験していただけていたらいいなあと思います。
ちなみに干支の寅さんはお茶碗で使いましたが、だいぶ猫ちゃんっポイかわいらしいものでした。
(そして、毎回自分の語学力とお茶関連の知識のなさにヘコんでいます・・・)

そして、オリンピックと言えば。
自分は9割が男子フィギュアだったのですが(笑)
ライサチェク選手、格好良かったですよね。
高橋大輔選手も、素晴らしかったです。
残る女子フィギュアとエキシビジョンが楽しみです♪

わー、また長々と失礼いたしました。
初釜の続き、とても楽しみにしています。

tanukiさま

ラグビーの監督もあんな感じなんですかー。
まあ試合中に何ができるってものでもないでしょうから、それでいいのカモ!
カーリングの作戦タイム中の会話を聞いていると、なんだか女子高生と先生の会話みたいで面白いなあと思って。
少なくともバレーボールの監督と選手のような関係では無さそうですよね。ざっくばらんというか(笑)

けいさま

はい、楽しいですよ♪うふふ・・・。

お稽古の見学に行った際に、初めて口にしたお濃茶は、本当に感動的でした。
こんな旨いものがあったのか・・・っと心底思いましたね。

お濃茶は、初心者の私には、まだまだ自分で点てることの出来ない憧れの存在ですが、いつかおもてなしする側になってみたいと思います。

気軽にお濃茶体験が出来る場所があるといいのになぁ・・・。

ちなみに、最後に頂くのは、心置きなく飲み乾せて嬉しいのですが、お茶碗からお茶が落ちて来なかったらどうしよう・・・っとちょっと不安になります。苦笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/797-d8a7e893

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。