キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 恒例の新年会へ・・・5

さて、黒地に帆船模様の訪問着。

実は、今年は私もうにさ同様、時間を掛けて手入れをしたものを召しました。

2010年新年会ひよさ11

私のは譲り受けたものではなく、色焼けがあるためにお手頃な値段で売りに出ていた古着です。

一目見て、このザッバ~ンとした船に恋してしまったのです。

2010年新年会ひよさ2

色焼けがあったのは上半身の黒の部分。

2010年新年会ひよさ8

柄の無い場所ですし、黒いはずのものが黒くないのは、実際の焼けの程度以上に汚なく見えるものです。(ブログを始める前のことなので、残念ながら、購入時のお写真はありませんが・・・。)

しかし、裾、袖共に帆船の柄部分には傷みもなく、見れば見る程に、実に惜しいおキモノ。
このまま、どなたかの手でお細工ものになる運命を辿るかと思うと忍びなく、腹を決めてお持ち帰りしたのでありました。

とはいえ、再生させるまでに、かれこれ4年程掛けましたかね・・・。
1つコマを進めては、時間を置いて、またひとつ進めて・・・気の長~いお話。苦笑

焼けのあった黒地の部分は、掛け色をしてすっかり綺麗になり、野田さんの配慮で、裾模様が生きるようにと、裾には綿を葺いて頂き、お気に入りの一枚となりました。(よかった、よかった♪)

ところで、昨年のこと、これとほぼ同じ柄と思われるのキモノに、とある古着屋さんで遭遇いたしました。

2010年新年会ひよさ3

今頃、どこかで誰かが袖を通していらっしゃるのかしら?笑

ちなみに、コチラの銘仙コチラの羽織(元はキモノ)も、近年同じものと遭遇。
銘仙の方は、八掛の色や質まで同じでしたから、昔の既製品みたいなものかもしれないなぁ・・・と思っております。

思っている以上に、古着であっても同じ柄のものってあるのですよね。

長生きさんのキモノ同士が話すことが出来たなら、お互いの人生を語り合うことが出来て楽しかろうと思います。

あの帯との道行きは楽しかったとか、あの半衿は小生意気だったとか・・・。

2010年新年会ひよさ6

願わくは、自分と係ったキモノ達には、ひよさと一緒の時間が一等愉快だったと言われたいものです。笑

キモノ孝行しなくては!!(孝行すべき相手は他にいるとは思いますが・・・。苦笑)

古いなりのお悩みが

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

ウンウン((^-^))

気に入った柄は手をかけても着て上げたい。
分かります×2。
今はない色柄に惹かれますよね~(^-^)b

やっぴーさま

そうなんですよ、なんだか使命感みたいなものまで湧いて来るのです。苦笑

黒い留袖が着たいな~っとずっと思っていたのですが、嫁に行っておりませんのでいささか着辛く(苦笑)、留袖風な黒の訪問着は、願ってもない戦利品でした。

うーむ、でも、まかり間違って気に入った留袖が手に入ったりなぞしたら、・・・アンティークのなら着ちゃうかも・・・。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/795-0d9481ab

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。