キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月京都寄道7

さて、ここからは、怒涛のごとくに指令をこなします。

うにさから「絶対に!!」と言われておりました『丹波屋』さん。
店内には、季節の松茸や栗が唸るように積み上げられておりましたが、どれもこれも大きいこと。
キャベツなんて、直径60cmくらいのものが置いてありましたよ。

丹波屋さんでのリクエストは店先で売られている『焼きポン』。

あーあー、行列しているよ・・・仕方ないなぁ、並びますよ並びます。
「絶対に!!」っと言われてるからには、買わないわけには行きませんわよね。苦笑

2009年11月京都寄道7

この焼栗は味が濃厚で、流石に美味しかったですよ。
天津甘栗とは違って、焦げて苦味があるのも◎でした。


三木鶏卵』さんでは『おたまちゃん』ふりかけと

2009年11月京都寄道8

『黄味餡ぱん』。

2009年11月京都寄道9

おたまちゃんは、リアル海苔玉と言った感じのふりかけで、ちょっと甘めのやさしいお味。お塩をプラスして食せば、メリハリが効いて更に食欲倍増でした。お弁当に良さそうです。

2009年11月京都寄道10

京漬物『桝伍本店』さんでは、指令のあったものがなかったため、『長いものあぶり漬け』と、

2009年11月京都寄道11

小さな『磐生白菜』。

2009年11月京都寄道12

長いもは、ワサビ風味で塩分もきつめ。1カケあれば、ご飯がモリモリ食べられます。
磐生白菜は、全く癖のないお漬物で、サラダ感覚で頂けるものでした。

書を捨てよ、京都へ行こう

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

いつも、うにささんからの食べ物指令の内容を楽しみにしております(笑)
うにささんは、お出かけにご一緒することはなかなかできない状況なのですか?お仕事の関係のためでしょうか?
うにささんが京都でお買い物しまくっているシーンも拝見してみたいです(笑)

錦市場は、京都に行くたびに結構近くを通ることが多いのですが、いつでも人が多いのと「いつでも行ける」という気持ちから、なかなか入っていく機会を作れずにいます。(^^ゞ
私も「枡伍」さんのお漬物は時々買ってます。

京都旅行した時、焼き栗の名に誘われて四条大橋のすぐ傍のコンビニの隣に売っていたのを
食べたことがあります。
焼栗は関東ではお目にかかったことはないですが、売ってないのでしょうか?

錦市場!

京都の学校に通っていましたので、京都のお話はいつも楽しみです♪
お漬物のお話が出ていましたが、
京都のお漬物で私が一番好きなのは冬の味覚、「すぐき」です。
あの酸っぱさがたまりません…

同級生の中には
錦市場界隈の食べ物屋さんでアルバイトをしていた人もたくさんいました。
「食事支給」につられたんでしょうね。
お惣菜屋さんや料理旅館などで働いていた子たちは
美味しいものをたくさん食べて、すごく口が肥えたそうです。
京の食文化の勉強も出来て、
大変だけど楽しいお仕事だったみたいです。

tanukiさま

当初、食べ物の指令ばっかりじゃなかったんですけど・・・・・・・いつの間にかそればっかりになりつつありますねぇ。
京都に行けない重度のストレスが、私を食に向かわせるのでしょう(笑)

私も一緒について行きたいのはやまやまなのですが、仕事を分業しておるので、どうにもタイミングが合いにくいのです。
そして、「たまに一緒に行くんだったらアレもコレも!」と、どんどん話が大きくなっていくので、けっきょく話だけになってしまうのでした。
そしてまた、さらなる京都本オタクに・・・・・・(笑)

年内に一回くらいは行きたいなあと思っておりましたが、どうなることやら・・・・・・あっ、もう今年は1ヶ月しかないんだった!急げ!

一人靜さま

最近では、東京でも焼き栗を売っているのを見かけますよ~。
以前は東京大丸の入り口にありましたし(改装してからは、どうなってるかわかりませんが)、新宿駅の構内にもあったような記憶が。

でも丹波屋さんの焼き栗は一味違うんですよ!
この時期は国産のものを使用しているそうですが、国産でこの大きさはスゴいです。
好みが分かれるかもしれませんが、私は豪快な焼き味が気に入りました。
京都に行かれた際には、ぜひお試しくださいね。
(他にも、美味しい焼き栗情報お待ちしております笑)

猫空さま

すぐき、美味しいですよね!
私は大好きなのですが、うちの相方は、お漬物の枯れたお味がちょっと苦手なのです。
そうなると、あの大きなすぐきを一人で食べきらねばならず、買うのにはちょっと勇気がいるんですよ。
小分けしたのとかも売っているのでしょうか。
でもやっぱり、何だか丸ごと買いたい気がします(笑)

錦市場でアルバイトですか~、いいですねっ!
私も京都で学生生活してたら、やってみたかったです。
(いや、今でもやってみたいかも。食事支給熱烈歓迎)

観光で訪れる京都とは一味違ったものが食べられるに違いない。
でも、どのお店でバイトするか真剣に悩みますねぇ。
今晩寝る前に、錦市場マップを見ながら考えてみます(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/711-01e8e3e9

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。