FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

伊藤若冲『動植綵絵』に会いに2

高級喫茶古城1

東京国立博物館を後にして、軽くお茶でも頂いて帰ろうと向かったのは昭和38年創業『高級喫茶古城』。

高級喫茶古城2

ステンドグラスのあるアプローチを抜けて地下に入ると、そこは昭和の香り漂う純喫茶。

高級喫茶古城3高級喫茶古城4

先代のオーナーさん(現オーナーのお父様)が、西洋への憧れを凝縮させて作られたというお店には、壁にはステンドグラスが、床には大理石のモザイクが、天井からは豪華なシャンデリアが吊るされており、レトロゴージャスな空間です。

高級喫茶古城6高級喫茶古城5

壁際に並んだ小さな2人席は、かつてはカップルがコートを膝に掛けて、そっと手を握り合った人気の席であったのだとか。

高級喫茶古城7

現在では専らひとり掛けされることが多い席だそうですが、なんとも奥ゆかしいエピソードですね。

高級喫茶古城9高級喫茶古城10

昔懐かしい感じのチョコレートパフェとホットケーキを頂き、しばしタイムスリーップ。

高級喫茶古城8

こういう喫茶店にいると、時間もゆっくりと流れるような気がいたします。

ところで、この日は、おキモノではありませんでした。

先日の鎌倉で購入したワンピース。

ロミちゃんからブログにアップするように言われておりましたので、ポチリと洋服姿などあげておきましょう。

2009年10月皇室の名宝展9

足が太くなりました。汗

バナナの内面をえぐるように

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

沖じゃないって

あらやだ、私ったら「若冲」のこと「若沖」って書いてるワ。
昨日から何かヘンだなあと思っていたのでした。
スミマセン、アホな間違いしちゃいました!

お洋服姿のひよささんは珍しいですね(^^)
でも、スカートも、銘仙っぽい雰囲気のものをお召しですよね♪
喫茶店もレトロな空気を感じますね!
コーヒーカップは選べるのでしょうか?
ホットケーキも久しく食べてないなあ・・・作りたくなってきました(^^)

うにささん、「さんずい」と「にすい」はパッと見だとわかりにくいですよね~。
私、バナナは描かずに食べる専門です(笑)

絵画鑑賞のあとは

やはり、甘味でしょうね。由緒正しい感じです。
私は、学生の頃は展覧会を、すっとばしながら見れましたが、年をとったらなぜか、とばして見られなくなりました。なんか、2度と見れないような気がするのか、どの展示物も一定の時間をかけてすべて見てしまいたいのです。おかげでクタクタですよ。上野精養軒で、カレー食べますよ。その手前にあるあの料亭には、ついぞ時間が合わなくて入れたことがありません。残念。

おぉ、あのワンピース♪

お似合いだねっ かっこいいわー!
写真小さすぎ&前からも見せて欲しい けれどね。
わたしもひよさの洋服姿、全然見ていないよー

私の芸大予備校時代は、バナナってなかったです。
なんかひたすら、白菜とほうれん草とチンゲンサイ描いてたような…。
バナナの方が描いてて楽しそう!

一番楽しくなかったのは、トイレットペーパでしょうか…。

tanukiさま

「じゃくちゅう」は漢字変換いっぱつで出てくるんですね。
どうりで相方は間違えなかったはずです(笑)

バナナは描くより食べるほうがいいですよ~。
ほんと、描きにくいなあって思います。
すんごい頑張って描いても、なんか本物っぽくならないんですよねえ・・・・・。

あっくまさま

私は、やっと最近すっとばして見られるようになりましたよー。
以前は、いちいち凝視してものすごい疲れました。
(2度と見られないような気がする、というのは、とっても良くわかる)

それでなくても美術館や博物館って一回りするだけでぐったりしますよねー。なんででしょう?
思ってるより距離を歩いているのしら。
あるいは人が思わぬ動きをするからでしょうか。

精養軒のカレーもいいですよね。ハヤシもいいな。
ちなみに、私の学生時代には、美術館のご飯では西洋美術館が一番でした。
(学生には高価だったけどー)
世田谷美術館や近代美術館等々では、いまどきはフレンチなどが食べられるようですが、やっぱりクラシックな洋食が食べたくなりますね。
パブロフの犬?三つ子の魂百まで?(笑)




むさま

白菜はあったかもしれないけれど、ほうれん草とチンゲンサイはなかったですねえ。
私が絵画科だったからかしら。むさんは何科でしたか?
食べるんだったらバナナかもしれないけど、私は描くんだったら白菜やきゃべつの方がいいなー。
バナナは、こう、つるっとしてて、どうも意欲が湧かない(笑)

ちなみにカリスマの授業では蟹を使ってたことがありました。
描く意欲は湧きそうですが、最後の方は異臭騒ぎに(笑)
モチーフ選びって、あんがい)難しいもんですねー。



tanukiさま

最近、洋服では、めっきり派手な柄物は避けるようになっておりますので、着こなせるのかどうかとハラハラいたしましたが、大丈夫みたいでした。苦笑

巻きワンピースなので、サイズフリーでちょっとキモノ感覚です♪

むさま

あ・・・私、トイレットペーパーは以外にも好きでしたよ♪

鶉(うずら)を数日掛けて描いた時のこと、毎日産卵するのでし、毎日モチーフの数が増えるのには、少し困りました。苦笑

私はデザイン学科でした。
多分、近所のスーパーで、その日安かった物が出されたのでは?
と疑っていました(^^;;

蟹に鶉…すごいわ、リッチやわー!!
蟹はやっぱり後で食べるのかしら…?
鶉は…???

鶉のひなは描いてみたいですねぇ!

ふらっと……

ふらっと覗きに来て、ツマのコメントを発見。
着物のいろはのオットの方で~す m(_ _)m

異臭騒ぎになった蟹は食べないんじゃないかな……

むさま、かず@神戸っ子さま

返信遅くなりまして!
むさんの旦那さんも、いらっしゃいませ!

むさんはデザイン科だったんですね~。
私は木炭デッサンが苦手だったので、鉛筆でデッサンできる他の科が羨ましかったですよ。
絵画(油絵)は人体が多かったですねえ・・・・・・今となっては、あんまり役に立ってない気もしますし(笑)

蟹はね、さすがに食べられませんでした。
けっこう長期間描いてましたからねえ、さすがに(笑)
その点、バナナの方がいいかも。

相方の予備校は、話を聞くと、けっこうワイルドです。
デッサン用のうさぎを飼ってたり、鳩を捕まえて描いたりしたって言ってましたから。
自由な予備校ですねっ。
鳩は公園に返したという話ですが、鶉はその後どうしたんでしょうね・・・・・・・?

むさま&かず@神戸っ子さま

ご夫婦でいらっしゃいまし♪

出かけた先で、妻の意外な行動を発見する夫・・・みたいな感じで面白いですね。笑

鶉は・・・食べませんでしたよ。苦笑
というか、鶉もモチーフとして飼っていたのです。
そういえば、飼育小屋の中から卵を拾って、男の子が飲んでいたりしましたね・・・もちろん、中身だけですよ。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/682-c4facf7c

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: