キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏へ向けてのお手入れ1

夏に向けてのお手入れ

夏に向けての準備なんて言うと、「何を季節外れなことを・・・」と言われてしまいそうですが、着物の手入れは、結構時間が掛かるのです。かなり前倒しでやっておかなくては、着たい季節に間に合わない。ちなみに私の場合は前倒しというよりは、秋口に済ませるべきことをダラダラと先送りにしていたので「何を今ごろ」が正しい。(開き直ってどうする・・・)ともかく、そろそろ放置していたものを悉皆屋さんに出すべく、重い腰を上げたのでした。(どっこいしょっと・・・)

ここのところお世話になっているのは京都の悉皆屋さん。
ネットで注文が出来て、引き取りに来てもらえるのがありがたい。一定の値段以上からは、送料も半額になったり、無料になったりするので、お願いする時はまとめた方がお得です。メールへの対応も素早く、懇切丁寧に相談に乗って頂けます。丸洗いだけならもっとお安くやっていただける『奥津洗濯教室』さん(こちらも京都ですが・・・)もあるけれど、奥津さんも近年値上がりされたようですし、洗い張りやカケツギまではお願い出来ないので、最近は専ら、その京都の悉皆屋さんを頼ることが多くなっています。

実は家から1分のところに悉皆屋さんがあるのですが、お値段が高いのと、お客が入っているのを見たことがないので恐ろしくて入れません。商売になっているのだろうかと心配になりますが、店員さんが店先にいるのも見たことがないので、益々恐ろしい・・・。本当は顔を合わせてアレコレ相談出来る方がいろいろお話も聞けて面白そうなのですが、残念ですわ・・・。

ちなみに、奥津さんのところへ送る時の注意事項
・水に濡れないように、ビニール袋(ゴミ袋などでよい)にキモノを入れてから梱包すること。(これは奥津さんから)
・送った時と同じ梱包で戻って来るので、戻って来た時に嬉しい状態で送ること。小さく畳んで送れば、送料は安く済みますが、同じように畳まれて戻って来るので、せっかく洗ってもらったのに、シワが出来ます。たとう紙に入れて、大きめの箱に入れて行き来させるのがベストかな。(これは私の経験から)

奥津洗濯教室(奥津 徹)
adress:京都市伏見区醍醐御陵西裏町29-10
tel:075-571-4356
fax:075-571-4450

*わけ合って、京都の悉皆屋さんについては情報を消去させて頂きました。

悉皆

ワンクリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

私も奥津さんにお願いしたことがありますが
しぶちんでギュウギュウに入れて送ったら
見事にギュウギュウでかえってきました ^^;
最近は安もんはセルフドライに持って行っています。
やってるんかぃ!?って悉皆屋は怖いですね。。
私も近くに一件あって、開いてはいるが暗くて、店員を見た事がない。
この前、看板が新しくすげ替えられていたのでやる気はあるようなんですが
こわい。。。

ぶにさんへ

おお!セルフドライ!京都あたりには結構あると、噂には聞いたことがあるのですが、どんな感じでしょう?指導して下さる方が、常駐されていると聞きましたが??近くにないんですよ・・・試してみたいなぁ・・・。利用の注意点などあったら、今後のために教えて頂きたいです!!

京都にはいっぱいあるのかなぁ?あまり見かけませんが。。。
私が持って行くところは店の人はいなくて、フツーのコインランドリーです。
バスでいつも通っていたんですが、コインランドリー自体、利用した事がなくて
いつもスルーしてたんです。
ある日なにげにぼけーっと見てたらドライの機械らしきものが。。。
1台は故障中でした。(採算がとれないのか今も壊れたままです;)
4キロまでですが、ぎりぎりまで入れないようにしています。
着物や羽織はふわっと100均特大洗濯ネットに、1枚ずつ入れて
帯は芯がずれないように適当にしつけて、ぶちこみます!
注意点は。。。う~ん、私も徐々にいろいろなものを入れてお試し中ですが
ウチの近所のヤツは金糸らしきものも袷もOKでした。
赤い帯が色落ちして洗濯ネットを赤く染めてましたが、一緒に入れた
絹の白い帯揚げには移っていませんでした。
だから紅絹かな~?と思うものはまだチャレンジしていません。
でも機械によってちがいがあるらしいので、一概には言えませんね。
ま、市で買ったものなんかは何よりもこざっぱりとにおいもなくなる事を
優先していますので、使っています♪

すごい!

金糸も袷も帯もですか!それはすごいです!なんだか、終わるまでドキドキして機械を見張ってしまいそうです。最初の一歩はかなり勇気が必要ですね。また、貴重な体験をお聞かせ下さい!ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/59-2b741ef7

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。