FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

花盛りの春、西へ東へ16 京都編

さて、京都寄道でのコーディネート。

実はこの日はキモノの写真をあまり撮らなかったので、以前に同じコーディネートで着た時の写真を使ってご紹介いたします。

キラキラウールのキモノの桜の帯1

マジョリカお召しに間違われることが多いのですが、残念ながらウールのおキモノです。

昨年のクリスマスの頃にも着ておりますね。

東京の桜もすっかり散ってしまいましたが、丁度、桜の開花が始まった頃でしたので、帯には桜を。
現代物の(とはいえ、求めたのは20年近く前ですが・・・苦笑)化繊の帯ですが、合わせ易い便利な帯です。

キラキラウールのキモノの桜の帯2

帯〆もなんとなく桜の花びらをイメージ。

キラキラウールのキモノの桜の帯3

黄色と黒の羽織を羽織って、京都を闊歩して参りましたとさ。

西洋オダマキ

今回の京都寄道で、今年の京都訪問は2度目。

生八橋星人ことケイちゃんとの対決は、私の1歩リードとなりました。(何のことやら?の方はコチラをご覧下さい。)

果して、年末までこのまま逃げ切れるのか??

おあげを炊くのは難しい

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

たぬき

そうそう、そういえば一般的にきつね蕎麦と呼ばれてるものが京都ではたぬきそば
なんですよね。
しかも生姜風味あんかけでいつまでたっても冷めないです。
お揚げさんじたいにはだしの味しか付いてないですがとてもおいしいです。
絶対夏に食べようとは思わない食べ物ですが、冬にお越しの際にはぜひどうぞ。

こんばんは(^^)
細かい柄の着物に、大きな柄の帯を合わせるコーデ、私も大好きです♪
春~初夏にふさわしい色合いで素敵ですね。(^^)
私は帯留めをしょっちゅう使うので三分紐ばかり使ってるのですが、色々な模様の入った帯締めを使うのも楽しそうですね♪
・・・そう言えば最近、生八つ橋食べてないです。(^^ゞ


きつねたぬき問題

ひよっこさま

あっ、そうそう!
かねてより、この辺りが疑問だったんですよ!
東京と京都も違うけど、大阪と京都も違うらしいじゃないですか。
私はこれについて考えると、頭がごしゃごしゃしてきます(笑)

東京はシンプルに、きつね=おあげ、たぬき=揚げ玉(うどん、そば両方とも)なんですよ。
三重もたぶん同じだったと思います。
「きつね=おあげ」の刷り込みが激しいので、刻んであっても「たぬき」では有り得ない!と思ってしまうのですね~。

私はまだこの「あんかけ」タイプのは食べたことが無いので、今度食べてみたいです。ぜったい冬にします(笑)
(あるいは夏に失恋なんかしたら、京都に出向いてヤケクソで食べるのもいいかも)
あんかけがあるのはお蕎麦だけなのでしょうか?うどんは?

ちなみに、おあげのうどんを「信太(しのだ)うどん」と言ったりしませんか?
やはり、味の付いてない刻んだおあげが入っていたように思うのですが、記憶が定かではありません。

tanukiさま

私も帯留をもっと使いたいのですが、困ったことに、まだまだ三分紐や二分紐の色数が少なく、欲しい色味の帯〆は、帯留に通らずでジレンマを起すことしばしばです。
そうだ!少し力を入れて強化しましょう!笑

私も生八橋は長く食べていませんワ。
生八橋星人は、黒胡麻の黒い生八橋が大そうお気に入りのようです。笑

恋しくば たずねきて見よ 和泉なる 信太の森の 恨み葛の葉

大阪はたぬきといえば「お揚げいりそば」、京都はたぬきであんかけ蕎麦が出てきました。
どうも揚げは入ってることが多いけど必須ではないようです。
たぬきを頼んで具のないあんかけ蕎麦がでてきたことがありますから。
でもこの辺はお店によるのか地域によるのかがわかりにくいです。
かけうどんにも揚げ玉は少し入ってるので少々多めに揚げ玉が入ってるのは
「ハイカラうどん」になるでしょうか。
信太うどんは店によってきざみうどんという名称もあります。
大阪の南の方に信太山という葛の葉狐伝説の残るところがありますので、
きつねを信太と言い換えたものだと思います。
安倍の清明はこの葛の葉狐の生んだ子供だそうですが。

ひよっこさま

でた!「ハイカラうどん」!
私はこれに出会ったことが無いのですが、うちの相方と喋っていて話題にのぼりました。
京阪での呼び名は本当に難しいですね。
私の頭は混乱しっぱなし(笑)

そう言われてみると、西のほうでは、最もプレーンな状態でも揚げ玉が入っているような気がしますねえ。
それゆえの混乱なのか・・・・(メロンパンの時と似てきた!)

東京のかけそばって、本当に葱しか入ってなかったり、葱すらも入ってないことがあるんです。
また葱が白いものだから、とっても寂しい感じなんですよ。
(葱の入ってないかけそばになると、挑戦を挑まれているような気すらする笑)
うーん、これは大阪と京都で調査してみないといけませんね!
「探偵ナイトスクープ」で、はっきりさせてくれないかしら。

信太の語源は安倍の清明のお母さんだったのか~。
日本を代表するキツネなんですね。
それにしても、迫力のある歌だこと。さすが陰陽師の母!
「信太=きつね」は、どうも名古屋のほうの呼び名だという説があるようなので、こちらも調査しなくては!
ああ、たいへんたいへん。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/485-4d6b3907

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: