キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

うにさの別パラサイト・・・アンデルセン王国

うにさの別パラサイトアンデルセン王国

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

私も、今でも広島に行ったときは必ずアンデルセンに寄ります。
子供の頃はここのデンマークロールが大好物で、祖母が私たちが行くときは
いつも買い置いてくれてました。

いろんな思い出のあるアンデルセンですが、こういう歴史があることを
比較的最近知りました。

http://www.andersen.co.jp/hiroshima/history/index.html

祖父母のお墓のあるお寺は市の中心部にありますが、
周囲を見回すと、墓誌に「原爆死」とあるお墓のなんと多いこと。
広島のたどってきた歴史をしみじみと思いやる、いつもの夏の忘れられない
ひとこまです。

すみません、ちょっと脱線しましたね(^^;)

ワタシは、去年青山で友人と青山アンデルセン(レストランも併設)で
待ち合わせしたら、無くなっていたのにガッカリ~(T_T)
あそこのシチューが楽しみだったのにな。

式部さま

私もしばらく広島アンデルセンには足を踏み入れておりませんが、すごく行きたくなってしまいました。
次回の帰省の際には、是非とも行ってみようと思います。

そうなんですよね。
被爆した銀行の建物が元になっているのです。
増改築はされておりますが、重厚でパン屋さんの常識を覆すような建物です。
上の方の階には、結婚式場などもあるのですよ。

今は広島から離れておりますし、私自身は被爆体験があるわけではありませんが、暑い夏の日に、蝉の声を聞きながら街中でアスファルトの道を歩いていたりすると、ふと原爆のことを思い出すことがあります。

広島では子どもの頃から、学校の授業のかなりの時間が平和教育に当てられておりましたし、祖母から話を聞くようなことも多く、何かしら記憶のスイッチが入るようなものが自分の中にあるのだろうと思います。

やっぴーさま

ええーーー??
青山アンデルセン無くなってしまったのですか???

驚いて、検索してみたところ、お店もシチューも健在のようでしたよ。

やっぴーさん、大丈夫です!再挑戦してみて下さい。
でも、心配なので、私も偵察に行ってみたいです。笑

ところで、先日、久しぶりに下北沢に足を延ばしたところ、露崎館のあった場所が更地になっており、驚愕いたしました。
よい建物だったのになぁ・・・。涙

場所が変わった?

ありがとです~(^-^)/
場所を移転したようですね。
以前は青学のソバにありましたもん。
今度は表参道に近くなってましたわ~。

ジャスコ!

子供の頃、津市のジャスコは私にはあこがれでした~
一番上の食堂で食事したくて。でも日曜日は人がいっぱいで
結局地下でお好み焼きを食べていました。

mayさま

ねー、津のジャスコの地下ですよねー。
私はみたらしとタコ焼き!
上の食堂・・・・・あったような気がします。
(記憶がおぼろげ。私も地下派だったので。)

うちのおばあちゃんは、ジャスコになってから随分経ってからも「オカダヤ」って呼んでました。
地元のおばあにとっては、岡田克也氏なんかも、近所の子って感じなのかも(笑)
郵便局とオカダヤと津観音が、おばあちゃんの縄張り。
狭いなあ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/460-e9be32a8

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: