キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

木綿展を訪ねて西荻へ1

既に簡単なご報告はいたしましたが、先日、宮崎の染織こだまさんの『木綿展』に行って参りました。

既に、他のブログでもたくさん訪問記を書かれておりますので、催事の様子などは、とりあえずお写真中心で。

私が手にしているのは、こだまさんオリジナルの『一乗木綿』。

染織こだま木綿展4

かなり厚手の冬向きの生地でしたが、今回拝見した中では、着てみたい柄NO.1でした。

伊勢木綿

染織こだま木綿展伊勢木綿

片貝木綿

染織こだま木綿展片貝木綿

あるはな木綿

染織こだま木綿展あるはな木綿

他にも薩摩木綿や久留米絣などなど・・・。

産地の異なる木綿比べが出来たことは、もちろん貴重な体験となりましたが、染織こだまさんのお話を伺えたことが、私にとっては、なによりの収穫でした。

染織こだま木綿展5

奥様とお話中。

ここのところ、当ブログでも木綿の縮みについてお話して来ましたが、なんと、そこで度々登場する『木綿の水通し』というのは、こだまさんが始められたものなのだそうです。

水通しが生まれた簡単な経緯のようなものは、こだまさんの奥様のブログ『あいすべ・き・も・の』のコチラの記事でご覧になれます。

ちなみに、『はすのやにっき』は、こだまさんの若旦那さん(息子さん)のブログです。

染織こだま木綿展6

若旦那さんの袴姿は、流石に細部までおしゃれでした。

こだまさんの水通しについては、七緒Vol.4もしくは、こだまさんのHPの『水通し実験』のページをご覧になって頂ければと思いますが、かなりの手間を掛けられています。

「他の業者では、絶対に真似出来ない」と胸を張って言われる程の自信。
なんと、水通し後は、縮みを1cm以内に抑えられるとか。(スバラシイ!)

ご自身で水通しをされたい方には、参考になるのではないでしょうか。

もちろん、数多ある木綿の特性を検証された上での水通しですから、個々の木綿に対して施される方法は微妙に異なるようですが、その後に仕立てる人や着る人が扱い易くなることを目的とされています。
頭が下がりますね。

こちら大旦那さん。

染織こだま木綿展7

この大きな手で水通しをなさるのです。
仕事をされている立派な手ですね。

こだまさんでは、『反物+水通し』での販売もされておりますので、こだまさんを通しての購入というのが、実は縮みを回避する一番の解決策だったりして・・・。笑

しかし・・・そんなこだまさんの奥様の言われた一言が耳に残りましたわ。

「もう20年早く、今のキモノのブームが来ていたら・・・。」

この20年の間に、多くの木綿の機屋さんが潰れてしまい、それによってたくさんの地方独自の木綿が消えてなくなってしまったのだそうです。

私愛用の伊勢木綿も、今は臼井織布さん一軒を残すのみ。

なんとも嘆かわしいお話です。

こだまさんの若旦那と大旦那

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

手にされてるウロコの柄、いいですねえ♪
こうして拝見してると
伺えなかったのがつくづく残念 (T_T)
でも、来週末には川越の笠間さんが代官山にいらっさるらしいので
そちらに出向いて木綿を拝見しようと思います。
行けるか? う~ん、なんとか頑張ります (-_-)v

私も伺いました

義母のお供で13日に伺ってきました。

なんだかすごくほんわかしてて楽しかったです!
東京にもこういうお店があったらうれしいのに。。。と思わずにはいられませんでした。

やっぴーさま

そうそう、川越唐桟も唯一の機屋さんが、廃業なさったのですよね。
現在ストックされているものっきりなので、欲しいようなら買い求めた方がよいと、私も人からアドバイスをされました。
やっぴーさんが、お気に入りを手に入れられることを祈っております!

・・・でも、実は私もここ数日、川越ではないですが、唐桟織りに思いを馳せているところです。

おんぷ

ブログ、拝見しましたとも♪

『うにささんみたい』・・・っという記述を見つけて、大笑いするとともに、古い記事まで読んで下さっているのだなぁ、と感謝いたしました。
ありがとうございます。

それにしても義母さんと一緒のご趣味とは、なんとも微笑ましいですね。
ふたりで仲良く木綿のキモノを着てお出掛けのところを、拝見してみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/427-85466a0a

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: