FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

秩父夜祭3

秩父夜祭1

さて当日、正午過ぎに池袋から秩父行きの電車に乗車して、お弁当を頬張りながら、現地へと思いを馳せます。

秩父夜祭2

飯能から電車はスイッチバックをして車体も斜めになり、まるで登山鉄道のよう。(乗り物酔いされる方には辛いかも・・・。)

みるみると景色は変わり、秩父に到着。
改札を出たところで、一日ご案内頂くTさんとご対面。

都心に比べると気温は低いものの、恐れていた程ではないことに、まずは胸を撫で下ろします。
駅から武甲山を見上げたところ、山肌が白く、秩父にはもう雪が降ったのかと驚いてTさんにお訊ねしてみると、雪ではありませんでした。

1955年発行秩父多摩国立公園

秩父と言えば・・・ついつい銘仙を思い出してしまいますが、かつて隆盛を極めた産業がもう1つありますね。

セメントです。

なんと、武甲山の白い山肌は石灰岩の採掘によるものでした。
武甲山と言えば、秩父神社の神奈備山(カムナビサン:神様が居ます山)です。
そんなお山が形状を変える程に削られることもあるのかと、ちょっと驚きました。

しかし、初めての土地で、目に入るもの全てが珍しい。

秩父夜祭4

駅前は紅白幕が張られたテントでいっぱい。

秩父夜祭5

ノボリも立って、まさにお祭騒ぎ。笑
お肉屋さんの軒先には、猪が吊るしてありました。

まず最初に連れて行って頂いたのは駅から近くの『お旅所』。
秩父夜祭の神事が行われる斎場です。

秩父夜祭6

お旅所は、秩父神社と武甲山を結ぶ直線上にあります。
年に一度、武甲山の男神と、秩父神社の女神である妙見神(天之御中主神・あめのみなかぬしのかみ)がこの場所で神婚されるというのが、秩父夜祭で執り行われる神事です。

祭りの見所でもある曳山は、その妙見神を斎場にお連れする神婚行幸なのです。

神輿の先祓いをするのが曳山の本来の目的だったようですが、現在は神輿が一番先頭を行き、その後に曳山が続く形式が取られています。

・・・とはいえ、何故斎場に亀?っと思われる方も多いことと思います。
私もそう思いました。笑

かいつまんで言いますと・・・
妙見神は北斗星を神格化したものだそうで、北を守る玄武の背に乗っているのだそうです。(南は朱雀。西は白虎。東は青龍)
亀は玄武を意味しており(確かに実存している生物の中では一番似ているでしょう。笑)、秩父神社から運ばれて来る妙見神(大弊束:大きな御幣のようなもの)を亀の背中に立てることで、妙見神が玄武の背中に乗った状態になるのだそうです。

これで武甲山の男神を迎え入れる準備が整い、新婚の神事が始まるのです。

ちなみに、この神事自体は、神職の方以外は立ち入ることは出来ないそうですが、神事が終わった後の数時間、大弊束はそのまま亀形石の上に座したままなので、一般の方も参拝することが出来るそうです。
ただし、23時頃からとのこと。
もちろん、今回日帰りの私たちは拝見することは出来ませんでした。残念・・・。

秩父は銘仙が有名

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

秩父銘仙

はじめまして。
「秩父銘仙」のブログを書いている者です。m(__)m

七緒の説明、不十分なので、おせっかいにやってまいりました。(^^ゞ

「節のある丈夫な絹糸などで織った丈夫な太織り」だったのは明治の頃までで、その頃は無地や格子でした。
「大柄で派手な色あいのもの」は明治後期にほぐし絣の技術が生まれてからで、その頃にはもう生糸を使っていました。(模様銘仙と言います。)
最盛期には安価で、大量に作るため絹紡糸や化繊(人絹)、綿糸(瓦斯糸)が使われるようになりました。
アンティーク(この言い方は好きではないのですが)の銘仙が弱い、と言われるのはそのためです。
でも、この時期の銘仙が一番魅力的だと思います。

私は何年も秩父へ通っているのですが、夜祭りはまだ見たことがありません。(^^ゞ
すご~い迫力がある!ってことだけは聞いているのですが・・・
レポートの続き、楽しみにさせていただきます。m(__)m

登夢さま

はじめまして、猫帽子のほうです。
ナイスフォローをありがとうございました!
銘仙といっても、いろいろあるんですね。

登夢さんのブログを拝見させていただきました。
秩父銘仙のデザインをされているんですね(制作もされているんでしょうか)
私は、キモノに関する知識はおろか、染め織りの簡単なこともさっぱり知らないので、いろんなことがよくわからないんですよー。

そこで!お願いがあるのですが、明日アップされる記事のイラストについて、更にフォローを入れていただけませんでしょうか?
銘仙に関する記述で、よくわからないことがあったもので、イラストにしてみました。
プロの方には爆笑ものの内容だと思うんですが、そこはそれ、シロウトなので(笑)
もしお時間ありましたら、ひとつよろしくお願いいたします!

お返事ありがとうございます。

私の友人が秩父銘仙の後継者育成講座の勉強しておりまして、その練習用の作品としてデザインの協力をしております。
ですので、残念ながらプロと呼べるレベルではありませんが、一緒に現場を見せていただいたりしておりますので、少しは詳しいと思います。

それと着物の師匠から「銘仙研究家を目指せ!」と言われておりますので、私のわかる範囲のものでたら、どうぞ、なんなりとお申し付けください。
(もし、わからなかったら、また秩父に行った時、調べて来ます。(^^ゞ)

では、次回の記事、楽しみにさせていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/386-0828d754

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: