キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

2009年スタジオクゥの初詣3

2009年正月飾り

さて、無駄話が多いとは申せ『キモノは別腹』と名打ってブログを書いておりますからには、今年の着初めのご紹介をいたさねばなりますまい。笑

三箇日はあれよあれよと言う間に過してしまいましたので、今年の着初めは4日の初詣からとなりました。

2009年初詣の装い6

羽織は、賑々しいみささんの絵羽織。
この羽織は、昨年の新年会でうにさが着用しておりましたので、覚えておられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
貴重なうにさの着姿はコチラ

残念ながら駒縫いの傷みがひどく、ともこさん(うにさのお母様)からは、全部外したら?っとは言われているのですが、何だか決心が付かず、そのままになっております。

一度悉皆屋さんでお直しの見積をしたのですが、完全修復するには、ちょっと手が出ないお値段で断念。
崩壊の一途を辿ることは解っておりますので、お悩み中の一枚です。

2009年初詣の装い2

キモノは、お正月なのでちょっと晴れやかなものを。
実は、10代の時に祖母ふみゑが用意してくれたキモノです。

今、厭きれた方!口を閉じるように!

2009年初詣の装い7
(うにさが動けと言うので、グニョグニョ動く妙な写真・・・)

二十歳くらいの時に着て以来、洗いにも出さずに仕舞いっぱなしにしておりましたところ、シミだらけになっているのを発見したのが数年前。

2009年初詣の装い1

「どうしよう~」っと私が言った時の『これはもう止めときなさい』と言いたげな母やすこの顔が未だに思い出されます。苦笑
確かに、ちょっと娘さんみたいなキモノです。

その当時付いていた八掛の色がまた撫子色のようなピンク色でして、キモノ全体から『か~わいい♪』と音でもして来そうな気配でしたので、母が止めなくなった気持ちも解ります。

迷いはしたのですが、祖母が用意してくれたと思うと、汚れたままにしておくのもかわいそうでしたので、結局は洗張り・染み抜きに出し、八掛の色も変えて仕立て直しました。

2009年初詣の装い4

・・・というわけで、ちょっとばかり少女のようなキモノではありますが、限界まで着用する所存です。笑
八掛の色を変えたことで、少しは少女風味が抜けたと思うのですが・・・。

2009年初詣の装い5

帯は祖母ふみえの形見分けでもらった鼓の帯。

2009年初詣の装い3

黒と金の市松の帯締めに、祖母ふみゑから貰った壊れた珊瑚の帯締めから作った羽織の紐。(詳しくはコチラ
アララ・・・この写真、羽織の紐の位置が帯揚げと重なってしまいましたね・・・。苦笑

ま、新年の賑やかしのコーディネートです。

新年といえば!唯一、うにさがキモノを着ることを拒まない恒例の新年会がございます。
ただ今、新年会に向けて、うにさとキモノをコーディネート中♪
乞うご期待!!
としそうおう

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

仕立て直し

私も20歳前後に母が衝動買い?で作ってくれた朱色の八掛にくすんだ黄色の
付け下げ、どうにも着られないものの処分するにしのびなくて思案することしばし。
長羽織にしてみたところ見事に生まれ変わってくれて、現在愛用してます。
八掛の色が変わるだけで(私の場合羽織にしたので八掛はなくなったわけですが)
ほんとに着物の印象って変わりますよね。
大丈夫、このお着物まだまだずーっと着られそうですよ。

ところでうにささん、デジタル辞書ってやっぱり便利ですよ、私も愛用してます(笑)
置いて使うはずの辞書でも軽いと引く回数が増えますから。

かーわいい♪

かわいらしいお着物ですね。
まだまだいけると思います。
抵抗を感じるようになったら京都にでも着て行かれては?
東京は粋な渋好みが多いですが、関西は明るい色目を好む人が多いと思いますし、
このくらいなら組み合わせを変えて向こう10年くらいは大丈夫そうですが。

式部さま

ありがとうございます♪
でも、本当に八掛ひとつで印象が変わりますよね。
たいして見えない場所なのに不思議です。
古着で買ったものの中に、気に入って購入したにも係らず、中々着られないキモノがあるのですが、よくよく原因を考えたところ、八掛の色がしっくり来ないため、自分好みのコーディネートにするのが難しいことに気づきました。
まだ、そのままにしてありますが・・・。苦笑

ひよっこさま

力強いお言葉をありがとうございます♪
なるほど!東京で着づらいものも、京都では行けそうですね♪
10年経ったら、キモノを丸ごと抱えて京都に移住しようかしら・・・。笑

しかし、思い出してみると、確かに祖母はパッとした鮮やかな色が好きだったような気がします。
広島と大阪に住んでいた人なので、派手好みだったのかもしれません。
高校生くらいの頃に、よく祖母の洋服を借りて着ていましたが、ちっともお婆さんぽくなかったですよ。苦笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/383-8801c792

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: