キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

京都へ寄道2・・・に至る前のお話6

ところで、更に話は逸れますが・・・
葬儀の時の様式というのは、宗教・宗派や地方によっても様々です。

私の実家のあたりでは、女性の親族とその家のお嫁さんは足袋を履きません。
素足に草履です。
タビ重なるということで避けるのだそうですが、どうして男性は履いたままなのかしら?
少しばかり不思議です。

この話を東京に戻って来てからうにさに話したところ、ともこさん(うにさのお母さま)から聞いた話をしてくれました。
うにさのお父様方の実家は岡山なのですが、かつてその地方では、お墓に履いて行った草鞋(わらじ)を脱いで置いて来ていたのだそうです。
足袋を履かないよりも、更にうわ手な感じですね。笑
足袋のまま歩いて戻ったのか?代えの履物を持って行かれていたのやら?

また、うにさの叔母様ちこさんによりますと、古くは伊賀の方でも同じ様な習慣があったとのこと。
火葬になった今ではお墓に行くのは納骨の時だと思いますが、土葬の時代の名残ではないかとのことです。
興味深いお話です。

お話が逸れついでに、もうひとつ葬儀の時の装束のことを。

大学時代、長崎に祖父母を持つ友人が葬儀に参列したところ、死に装束で遺体の額に付ける白い三角の布(三角頭巾)を、参列者も着用したと驚愕しておりました。
ご記憶にある方もいらっしゃるやもしれませんが、1977年版の映画『八つ墓村』では萩原健一さん演じる主人公が葬儀に参列するシーンで三角頭巾を額につけておられます。
これは思いの他、よく見られた風習なのかもしれませんね。(あの映画は岡山が舞台でしたね。)

ところで、現在の私の実家のあたりでは、足袋を履かないことくらいで、他にさしたる変わった習慣はございませんが、数年前、母と実家の近くの古い商店街を散策しておりましたところ、古くからある商家で昭和の始め頃の葬儀のお写真を拝見させて頂いたことがありました。

大きな葬儀であったのでしょう、50名から60名くらいの方が喪服姿でずらりと並んだ集合写真だったのですが、そこに写っていた女性達の装束に目が釘付けになりました。

黒い綿帽子

黒い喪服姿の女性達は、一様に頭の上に黒い被り物しているのです。
お写真をお見せすることが出来ないのが残念ですが、花嫁さんの綿帽子の黒いバージョンを想像頂ければ間違いありません。
黒い綿帽子の下から覗く白い顔が、なんともぞくっとするような、美しい装束でした。

母やすこの記憶にはあるようでしたので、母が子ども時分にはまだ残っていた習慣だったのでしょうが、いつしかなくなってしまったようです。
お葬式の時のことですので不謹慎ではありますが、残っているものなら目にしてみたい光景でした。

火葬番

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/369-bbddc7bb

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: