キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢木綿に会いに日本橋三越へ9

ここでお仕立てについても、少々ご紹介。
今回のお仕立ても、『着物仕立て屋 野田』さんにお願いいたしました。

オリジナル伊勢木綿初卸し6

実は、前の2枚の伊勢木綿は、水通しをする手順を踏んでから野田さんにお願いしたのですが、今回は臼井織布さんで頂いた反物そのままの状態でお仕立てに出してみました。

もちろん、布の縮みについて不安はあります。
しかし、前の2枚を洗った経験や、臼井織布さんのお話から総合して考えるに、水通しをするよりも、仕立てで調製する方がよいのではないか?との思いに至ったのです。

もちろん、この新しい1枚を洗った時に答えが出る訳で、今のところ、私の考えが正しいかどうかは不明です。しかし、試してみなくては解らない・・・となると試すしかないでしょう。笑

早く洗ってみろ!との声がアチコチから聞こえてきそうですが、まぁ、ご報告はしばらくお待ち下さいな。(新品ですから、まだ洗うには早いです!!)

オリジナル伊勢木綿初卸し1

というわけで、現状このキモノは、通常の私のサイズよりも、約4パーセント程、縦方向のみ大きく作ってあります。
野田さん!ややこしいお願いをしましたが、見事に仕立てて下さってありがとうございました。

そして・・・この大きな縞柄の、柄取りについて、衿のところに黒を持って来て下さったのは流石です!

オリジナル伊勢木綿初卸し4

半襟に柄物を持って来ることの多い私には、衿周りがすっきりとしているのは、とてもいい感じです。

更に、木綿のキモノはバチ衿にすることが多いですが(私自身も以前に作ったものは全てバチ衿です)、今回は広襟でお願いしてみました。
なかなか、着易いですよ♪

オリジナル伊勢木綿初卸し10

ところで、着付けについてですが・・・
今回初めて一切の補正ナシでキモノを着ています。
木綿のキモノは、膨らんで来るので補正をしない方がよいとのお話を人から聞いて試してみたのですが、確かに、そうかも・・・。
下前のおはしょりを上に折り返すくらいで、丁度いい感じになりました。(私が太っただけだったらどうしよう・・・ご存知の通りよく食べますから可能性としては否定はしませんが・・・。)
麻のキモノでも同じことが言えるのかしら??これは試してみた方がよいかもしれない・・・。

オリジナル伊勢木綿初卸し9

伊勢木綿のお洗濯や縮みについて諸々のご報告は、また改めて。
ロミちゃんや朋さんから、矢の催促が来そうな気配で恐ろしい・・・。苦笑

チヂミ

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

はじめまして

読み逃げばかりしておりましたがはじめて書き込みさせていただきます。
こちらのブログに出てくる「野田さん」にわたしも羽織から長襦袢を仕立ててもらいました。背が低いのに横幅だけは人一倍あるわたしですがぴったりに仕上げてもらい感動の嵐です。実はあと2枚ほど順番を待っている長襦袢があるのでお願いしてあります。まさに「マジック」ですよね。

お言葉に甘えて、また来てしまいました。

ひよさ様の長襦袢の赤い色が素敵~。こういう風に着たいです!
私は今回初伊勢木綿なので、水通しをしてから仕立てをと考えてますが、
仕立てで調整とは!続きが気になる~。経過楽しみにしてます。

うにさ様のチヂミ…笑 美味しそうですね。
カキが入るんですか?豪華だ~♪

黒地のストライプ,スッキリとしてステキですね!
それに黒の半襟なんて,カッコ良すぎる~~~!

以前,ウチのオットも臼井さんでいただいた綿麻を仕立てたのです。
和裁師さんの目論み?より縮んだようで,
今来年の単衣の季節に向けて,お直しにだしているんですよ…。

私も今一枚木綿が欲しいなと思っているので
縮みの問題,興味津々です。
ご報告をお待ちしていますね(^^)

2猫の母さま

はじめまして、いらっしゃいまし。
野田さん繋がりですね♪
本当に野田さんのお仕事は、寸法に悩みを抱える人には、マジックそのものですよね。
私もいつも感謝しています。

うちのブログは、緩いブログですので、お気軽に遊びに来て下さいましね。笑

ゲンさま

以前60歳を過ぎた素敵な小母さまが
「この歳になってもね、襦袢だけは赤が着たいと思うのよ・・・」
と言われたのを聞いて、私もその通りだと頷いたことがあります。

しばし着用して、お洗濯が終わったら、報告いたしますので、お楽しみに♪
・・・でももちろん、失敗する可能性もありますよ。苦笑

むさま

う~む、男物はおはしょりが無い分、ちぢみが出ると厳しいですね。
実は、水通しをして仕立てたキモノも縮むことは縮んだのです。
ですが、それは臼井さんから伺ったお話から考えると当然のことだったりもするので、今回の水通しをせずに仕立てたものの洗濯の結果が出たところで、いろいろとまとめてご報告したいと思っております。
しばし、お待ち下さいな♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/306-898e329e

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。