FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷える子羊の茶道入門2

2003年オランダ切手2

さて同行の3人、お茶の経験があるものはひとりもおりません。

もちろん、ちょっとした場所でお薄を頂くような機会はこれまでにもありましたが、能動的にお稽古とはいえお茶室に足を踏み入れるのは初めてのこと。
しかも私達3人、おキモノでお邪魔したい・・・。

さぁ困った、ここからは疑問符の連続です。

どういう装いが適切なのか?誰も知らない。苦笑

不安になって参考になりそうな本を紐解いてみたところで、そこに書かれている事柄は、正式なお茶会での装いや嗜みについてのことばかり。
私達がすぐにでも知りたいのは、お稽古で失礼にならない程度の装いです。

参ったなぁ・・・。

あえて疑問を並べてみましょう。

あくまでも初心者がお茶のお稽古に踏み出す際の疑問ですから、茶事にお詳しい方にはバカバカしい疑問かもしれませぬが、しばしお付き合い下さいまし。

?白衿、白足袋はお稽古の際にも欠かせないの?

?お稽古でも長襦袢は白なの?薄いピンクのぼかしなどの入ったものは、白の範疇に入れてはもらえないの?

?履き物の草履の高さや色は?

?雨が降った時に下駄を履いてもよいの?

?お稽古なら紬や麻や木綿のキモノでも大丈夫?

?柄に向き不向きはあるの?

?アンティークのお袖の長いキモノは大丈夫?(年齢的に遊び着風になりすぎ?)

?半幅帯でもよいの?

?筒袖の半襦袢でも大丈夫?

???懐紙や扇子や楊子に至っては選び方から携え方まで謎だらけ。

しかも時は9月には入ったとはいえ重陽の節句の前。
普通に着るにもキモノ選びが微妙な季節。

朋さんとロミちゃんとメールを交わすこと数回。

しかし、迷える子羊のごとき3人で話し合ったところで、誰も正解を知らないのですから、解答を得られるはずもなく、頼みの綱はタリエちゃんのみ。

とりあえず無難に白足袋。
足袋カバーを履いて来る、もしくは履き替え用をもう一枚。
お茶碗に傷をつけるのを防ぐため、帯留・根付・指輪はしない。

とのアドバイスを貰いましたが、それでも止まらない私たちの疑問符。

最終的には・・・諦めました。苦笑

タリエちゃんに聞いたポイントだけははずさないようにして、あとは教えて頂く気持ちで伺おう。
どう考えても付け焼き刃で何とかなることとは思えない。
背伸びをしても仕方がない。

とはいえ、ドキドキしながら当日を迎えたのでした。

気負いすぎ

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

お茶室の着付け

練習の時は先生によるから難しいですよね。
私が聞いて目がウロコだったのは「お茶席の裏方さんはゆるく着付ける」でした。
立ったり座ったりが多いので下半身にゆとりをもたせて着付けるそうです。
(長襦袢も着物も)
全部のところでは無いのでしょうが、そういうこともあるんだなあと感心しました。
この後、ラム(仔羊)ちゃんたちがどのようになさるのか楽しみです。

ひよっこさま

緊張する席で、ゆるく着付けるのは、リラックス出来てよさそうですが、着付ける時には不安になりそうですね。笑
どこかがズリズリして来たらどうしようかと、いつもよりピチピチに来てしまいそうです。

ラムちゃん・・・と言われると、どうしても虎皮ビキニが浮かびます。笑
茶室と虎皮・・・無さそうでありそうな不思議な感じ・・・。

『ラムちゃんたちの沈黙』的な展開になるのかなっ(なりませんね)
お茶席で人を食った態度をとるのはご法度ですよ~、ってことで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/288-82bbc97f

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。