FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うにさの別パラサイト・・・給食考2

うにさの別パラサイト給食考2


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

洒落てる

きっと栄養士さんが洒落たひとなんでしょうね。
こちらではピビンバくらいは出ますが、そこまで洒落てはいません。
試食会では牛乳とご飯、炒め物と和え物という感じでおいしかったけど
そこまで洒落てはいなかったです。
それであんまり牛乳とご飯って合わないですよね?と聞いたら
栄養所要量を満たして低価格というのには欠かせないそうです。
(ヨーグルトなんかではコストが合わないとか)
材料費200円でおいしくて栄養のある給食を作るのは大変だと思いました。

私の給食も 昭和の時代だから 食べあわせがとっても面白かったです。
でも この間の「厚焼き玉子の中に 混入か?」と言う事件は絶対になかったと思います。
給食のおばさんたちで 出来る物を作って 
レトルト・・・? 出来合い製品は使っていなかったんじゃなかろうか?
嫌いな味も多かったけれど あの時代にしては、なかなかおいしい物もあったような・・・
給食代未納が多いと いかに材料費を抑えるかと言うことになって、
安くて安全であろう食材を仕入れるは大変な事と思いますよ。

給食の話になると良く話題に上るのが“納豆最中!”
最中アイスのアイスの部分が納豆なんです。
ちょっと冷えていて 納豆が大好きな私は大好きなメニューでした。
でも、学校によっては使用していない学校があるんですよね。


ひよっこさま

ねえ、しゃれてますよね。
イカのハーブ焼きなんて・・・・・・うちでも食べない(笑)
材料費200円なのかー。それは、すごい!
「1ヶ月1万円生活」なんていうのも、目じゃないって感じですね。
私も見習わなくちゃ。今日、一瓶300円もする「なめたけ」買っちゃった・・・・・。

みかんさま

確かに、安心して食べられましたよね。
小学校の給食で、びわやら梨やら出てましたが、あれはきっと近所の農家から買っていたに違いないです。
今でも地元食材を使って、手間暇で安くあげてくれていると良いんですが、外国の安価な加工品だったら嫌ですね。
考えてみると、給食というのはなかなか奥深いものがあります。

そ・し・て。
「納豆最中」って何ですかっ??
すごく斬新なものですねえ!
子どもがスパイダー化しないようにとの配慮なんでしょうか。冷えてるっていうのも、糸引き対策なのかなあ・・・・・うーん、すごい!
今度もえちゃんに会ったら聞いてみよう(笑)

子供の頃の給食の食べ合わせ。月に何度かは妙でしたね。
献立の苦労が伺えました。

大人になってからは前の配属のビルの社食でレディースセットを頼んだら、
シチューにそれは鮮やかななるとが入っていました・・・。
やりくり?それともサプライズ?
他の方に伺うと、微妙な具材は他のメニューでもまれにあるとの事でした。(汗)

くまっちさま

ああ・・・・アイタタなメニューってありますよね。
実は、私、未だに某国立大学の生協食堂を利用することがあるのですが、かなりキテレツですよ。
ものすごく、知恵を絞って、サービス満点なメニューにしたいとの意気込みは感じられるのですが、その最後の1手は要らないよぅ!!というメニューが多いのです。

冷やし中華に麺が見えない程大量のワンタンが載っているとか・・・うどんの上に豚カツが載っているとか・・・。

毎日麺類は、蕎麦・うどん・中華麺と3種揃ってはいるのですが、それぞれの種類は1種類だけ。
ですから、どうしてもスタンダードなうどんが食べたい日のメニューが『豚カツうどん』だったりすると、「豚カツうどん、豚カツ抜きで・・・」と頼まなければならないのです。
食堂のおばさん達は親切なので「じゃあ!」とばかりに、卵や天カスやワカメを大量に乗せてくれたりします。
ご好意なので、ありがたく頂くのですが、胃腸の調子が悪い時に、どうやって何も乗っていないうどんをすんなりと出してもらうか?が今後の課題です。

くまっちさま、ひよささま

シチューに「なると」って、ものすごく台無しな感じですねえ!
なるとのピンク色は破壊力あります。

私も時々、学生食堂や社員食堂を使ってみたくなりますが、なかなかその機会がありません。
ものすごい組み合わせの食材に興味があるので、皆さん報告してくださいね~。
最近の社員食堂は豪勢らしいので、学食が有望!

遅くなりました。(待っていなかったかも・・・)
納豆最中の中身は 凍っているのです。
説明がとっても苦手なため 検索してみました。
http://www.ynest.com/memo/memo013.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/rimssecret/nattou4.htm
ここに出ている「ナッピー」よりも もう少し大きかったように思います。
味わって食べていたので、気づかなかっただけかもしれませんが 私の記憶の
中では 嫌われ者ではなかったように思います。
今でも食べてみたい なつかしの味です。

ちなみに今も給食を食べている私です。
納豆も出てきます。刻んだ野沢菜・刻んだハム・白ゴマ・のりが入っています。
あまりの臭いに「おぉ~!!」と、なるのが「揚げ納豆」
納豆・ひじき・刻んだ長ネギ・ハムを混ぜ かき揚げのように揚げた物で、
ケチャップをつけて食べるのです。 
ちょっと冷えた頃がお勧めの 給食(ビールのおつまみなんかに良いかも・・・)
・・・個人的には 納豆に砂糖を入れて食べるのが好きです。
   はい 私は北海道在住です。
   いつもいつもおいしそうな甘味処を堪能しているお2人の話に 指をくわえな   がら読んでいます。(小豆はきっと十勝産だぞ!と、思いながら・・・)

※オリジナルな伊勢木綿のパンツや 優雅なお茶の世界の話が続く中
  納豆話を長々と・・・ 申し訳ないっす。 

みかんさま

納豆最中、そして給食に納豆メニュー・・・
子どもの頃だったら、絶対に泣き出していたと思います。
お教え頂いた「ナッピー」のページl拝見いたしましたよ。
『教室は阿鼻叫喚。泣き出す子、吐き出す子が続出で・・・』思わず笑ってしまいましたが、その場に居なくて本当によかった・・・。
午後の教室の匂いを考えると、気が遠くなりそうです。笑

みかんさんは納豆にお砂糖を入れられるのですね。
以前にブログでも書きましたが、京都の一部地域でも砂糖とお醤油を入れて召し上がるそうです。
http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/blog-entry-102.html
意外に砂糖派も多いのかもしれませんね。

みかんさま

(笑)(笑)!
レポートありがとうございます!
初めて見ました。面白い物ですねえ、北海道限定なのかしら??

わたし的には半分凍り状態の納豆は、けっこうイケるんじゃないかと思いますよ。
ただ、最中の皮があんまり好きじゃないんで・・・・・(皮に口の中の水分を取られて、思考停止するので)
でも興味あるなあ。
北海道土産に買ってみたいような気もしますが、8個も入っていると聞くと勇気が要りますねえ。。
一度、周囲の北海道出身の友達ににリサーチしてみようっと。

みかんさんは、現役で給食を食べている方なんですね。
ちょっと羨ましい。
「揚げ納豆」は想像してみると、なかなか美味しそうなものですが、匂いはキツくなるんですね?
ねばねばがカラッと焦げて、香ばしくなりそうなんですが。
子どもたちと納豆の戦いにも興味がありますね~。

また斬新なメニューがありましたら、ぜひともご報告ください!
なんか私の「別パラ」のせいで、どんどんキモノから離れてゆくんですけど、そんなことは関係ないんですよ!
興味の趣くままに横槍を入れて行きましょう(笑)

最中

おくればせながら、私も冷凍の納豆が入った最中に記憶があります。

何でこの様な形にって思いましたがその程度しか覚えていません。
きっともっとインパクトのあるものがあったからですね。
残ったコッペパンを貯めて作っていると噂のあった揚げパンとか。
よつ葉牛乳のテトラパック型を飲み終えたら畳んでストローで結わえ捨てる話は聞いただけでびっくりでした。

大人になって函館で朝食に出たイカさしが動いていたのもかなりインパクトありました。北海道もアジアだったんだと再確認しました。
早朝のイカ売りの声がまた情緒たっぷりでした。すりおろした生姜とお醤油で頂くとかなり美味です。
お正月の鯨も御禁制のお品なのではとどきどきしました。

くまっちさま

お返事遅くなりました~。

やはり北海道、最強ですねえ!
給食については、まだまだ何かありそうだと最有望視されているところです。
何か思い出したら、ぜひコメントくださいっ。

イカ刺しの動いているやつ、私は札幌で食べたことがありますよ~。
珍しく父と母と一緒の旅行だったんですが、父は午後3時に一人で勝手に旅程を終了してしまい(!)母と2人でたらふく魚介を食べました(笑)
でも、函館のイカは違うって言いますよねー。
私も近いうちに函館のイカを体験したいです。
函館の友人は「回転寿司」でも十分美味い!って言うんですが、動いてるのを食べさせて欲しいです(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/281-640f8465

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。