キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履物の左右

ところで、私の履物には、実は共通した秘密があります。(秘密って程のことじゃないですが・・・)
ひよっこさんからのコメントで、下駄の左右を入れ替えながら履くお話が出て来たので、ちょっとお話してみます。

コメントにも書きましたが、私は左右の足の甲の高さがかなり異なるので、左右を入れ替えながら履くのは厳禁です。

そこで、下駄や草履を買ったら、履き始める前に、必ずやることがあるのです。
可能であれば、鼻緒の調整をしてもらったその場でお店の人にお願いすることも・・・。

それがコチラ。

右3/></a><br /><a href=右2

恰好悪いでしょう~。
はい、全くもっておしゃれじゃありません。苦笑

必ず、右足の方に『右』の文字。

右4 /></a><br /><a href=右1

『右』

右5 /></a><br /><a href=右6

『右』

右7/></a><br /><a href=右8

『右』

両方に入れると、消えかかった時にどちらか判らなくなるので、必ず右だけに書くようにしています。
そして、消えて来たら、また書きます。笑

調整の時点で、左右変えて調整して頂いているものもありますし、玄関のタタキに置いている間に、ごくたまにですが、左右が入れ替わった配置になったりすることもあるので、苦肉の策です。
以前はシールにしていましたが、シールは剥がれるし、ゴミが付くので、潔く書くことが定着。
確かに、右だからと言って『右』という文字でなくてもよいはずなのですが、最初に『右』と書いてしまったのが運の尽き・・・既に私の中で慣習化しているので今更変えることなど出来ませぬ。笑

左右を間違えるなんてことは無いわ・・・と言われる方もおられるやもしれませんが、残念ながら、私は靴の左右も違えて履いたことのある女です。
アレは駄目です・・・変なツボが押されるのか、頭が痛くなります。
そんなわけで、自分に懐疑的なのでした。

もっと早く気づけ

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

履物の左右

ひよさ様

仲間です~~!
私の足も、左右を入れ替え出来ません!
というよりも、1回履いてしまうだけで『鼻緒に左右の違いが出る』状態なので、鼻緒を見れば左右が簡単に分かってしまうので、無記名です。

下駄のかかと裏の底ゴム、いい物を見つけました!
前にネットの着物サイトで、
「紳士用のかかとゴムの替えを貼る」
と読んで、昨年やってみたんですが、これが重くて、鼻緒を悪くしてしまい、結局、鼻緒のツボがすっぽ抜けて、駄目にしてしまいました。
あまりに重い下駄になってしまったので、挿げ替える気も起きませんでした。
(初めてなので、鼻緒が気に入った買った激安下駄で試してみたので)

先日、ホームセンターに行った時に、普通の下駄の底に使われている「スポンジゴム」が売っていました!!!
軽い!安い!片面が全面シールになっているバージョンも売っている!!!
これからは、
「履きつぶして、あとは諦めよう」
ではなく、長持ちできそうなので嬉しいです!
オススメ!

うにさ様

そのダイイングメッセージは、まさか「回転パ○ツ」???(ニヤリ)

男前

なんて潔い・・・・男前(クールでかっこいい)ですね!
私は左右決めてはいてしまうと足がどんどん前にいってしまうので毎回左右替えます。
足の趾の途中で止まるのが好きなのですが、すぐ鼻緒を伸ばしてしまいます。

ところでお袖ですが長いのは優雅で素敵だと思います。
労働するわけじゃないのですから、1尺5寸(57センチ)までならいくつになっても
大丈夫だと思います。
でもねえ・・・と思われるなら切らずに縫い込めばいいですね。
単衣なら浴衣の本を参考にちょちょいと出来ます。

えちゃさま

下駄にゴムを貼るかどうか、悩むところですよね。
確かに重くなりますし、恰好もよくない。
とはいえ、長持ちさせたいし、滑り止めになるので、貼れるタイプのものには、私はほとんど貼ってしまっているのですが・・・苦笑
右近型の下駄で、最初からスポンジタイプのゴムが貼ってあるものを持っていましたが、軽くはあるのですが、摩滅が早いのが難点です。
今、丁度、貼り替えに出しているところですが、下駄の保護の意味で貼るのであれば、結構まめに貼り替えが必要かもしれません。
悩ましいですね。
次に磨り減ったら、ゴム無しにしてみようかと、考え中です。

ひよっこさま

ひよっこさんは、はやり入れ替えて履かれるのですね!
自由度があって、いい感じです。

お袖のこと、ご支援頂きありがとうございます。笑
古いキモノを購入すると、確かにチョイチョイっと長い袖が縫いこんであることがありますね。
確か、先日の万年青のキモノもそうだったように思います。
縫込みを見つけると、何故かすごく得したような気分になります♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/214-7807bdca

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。