キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

履物奔走劇4

万年青の着物と芥子の帯7

さて、履物奔走劇の初日のコーディネートは、『うかい鳥山』へ行った日と同じ夏銘仙の万年青のキモノに帯だけ替えたコーディネートです。

しかし、この日は風が強かった・・・。

万年青の着物と芥子の帯2

万年青の着物と芥子の帯3

帯は芥子の花の半幅帯。

万年青の着物と芥子の帯4

6月に芥子の花ではちょいと季節外れですが、お許しを。

季節を意識して、キモノや帯を選ぶのは、楽しくもあり、時折、窮屈でもあります。苦笑
殊に、動植物などは、好きなものを好きな時に身につけたいと思うことが多くあるのです。
度を越さない程度に、挑戦して行けば、少しづつ許容される範囲も広がって行くのではないかと・・・、若干の期待を込めて。

帯もキモノも、とても軽くて、着心地はかなり軽快でありました。
前帯の柄出しが少し寂しい感じになったので『おはりばこ』さんの瓢箪のストラップを帯飾りにぶら下げたのはよかったのですが、

万年青の着物と芥子の帯5

後から写真で見たら、帯柄の芥子のつぼみと大きさや位置が似過ぎていて、これはちょっと頂けないなぁと反省。
まぁ、こんなこともありますワ。笑

万年青の着物と芥子の帯6

ユザワヤの牢名主

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

帯、ジックリ見られて嬉しい!

ひよささん

風にはためくお袖の後姿が美人です~~!
万年青って、夏の柄にいいですねぇ~!初めて知りました!
帯の結びがステキ!柄の出し方が上手い!!!
帯飾り、十分ステキですよ~!柄とダブルが、かえってお揃いにした感じでよいです!

うにささん

大型布地屋さんって、あの「布切り台」の前に人が並ぶと、
「戦後の買出しの会計場」
という言葉が浮かびます。
みんな並んで「5m!」とか言って、待っているところが特に!

毎日暑いでんなぁ

関係ない題目で始まってすみません;
だってだってあついんですもの。

帯、可愛いですね。水色?もしくはペパグリ?
ちょうどいい所に芥子の花がさいてて可愛い~☆
半幅帯でもこういう柄だと見栄えしますね。
作り替えた帯ですか?
ひよささんいつもセンスいいですよね!

初めてお邪魔させて頂きました。
お着物や小物など、とっても素敵ですね~。
私は帯飾りなどの小物を使うことがないので憧れてしまいます。

ひよささん☆

ああ~!!
またもやステキなお着物~(≧▽≦)
そして長いお袖がこれまたとってもステキです!!
ものすごい目の保養になりました♪
帯も下駄も足袋もぜーーーーんぶステキです☆
涼しげなのがこれまたぐぅ!ですね(^‐^)

うにささん☆

ユザワヤは相変わらずあんな感じですね(笑)
この前夏の替え袖を作ろうと綿レースを見に行ったのに
安くなってたインド綿を買って帰ってきてしまいました(^_^;)
でも、ユザワヤスキです(笑)

えちゃさま

いやはや、正直長いお袖のものを着る歳じゃないので、いちいち言い訳しながら歩いてます。苦笑

「アンティークのものはいいのよ♪」
なんておしゃって下さる方のお言葉を支えにしておりますが、着て行く場所さえ間違わなければ、もうしばらくはなんとかいけるかな・・・???笑

ぶにさま

東京も暑いですが、京都はもっと暑いでしょうね・・・。
おキモノ着られていますか?

ぶにさんのお見立て通り!
この帯は、元は名古屋帯でした。
ところが、お太鼓の部分にもしっかりと折り線が付いていたために(半幅帯のように、使われていたのかしら??)、お値打ちで出ていたのです。
色・柄が良かったので、完全な半幅帯に仕立て直して使っています。

帯の色は、ペパーミントグリーンです。
パソコンだと、こういう色は解りにくいですよね。

わ、私のセンスは、あてにはなりませぬ!!
常に手探り状態ですよ。苦笑
でも、その手探りがあるのが、キモノの楽しいところかなぁと思います。

貴鶴さま

はじめまして、いらっしゃいまし♪
貴鶴さんは、芸妓さんなのですね。
勝手にウットリしている私です。笑

芸妓さんは、小物はあまり使われないのでしょうか?
暑い時の対処法や、キモノをきれいに着るコツ、芸妓さん流のおしゃれの楽しみ方など、お教え頂きたいことは山ほどあります。笑

へなちょこブログではありますが、お気軽に遊びに来て下さいね。

emizoさま

あ・・・あまり褒められますと、分不相応で、私穴に入ってしまいたくなりますので、お手柔らかに。笑

しかし、長いお袖のキモノの袖を切るのは勇気が入りますよね。
特に古いものは、ここまで残って来たのに、私が切ってどうするよ!っという気持ちになります。
キモノに対する責任のような感じでしょうかね。(ちょっとした言い訳も入ってますが・・・苦笑)

自分自身で長く着たいのはもちろんですが、袖を切るくらいなら、なんとか次世代に残すことを考えたいなぁ・・・。

emizoさま

ユザワヤ、愛されていますね!
手芸をやらない私ですら、楽しいところです。
私は画材を良く見ますが、画材店とはちょっと違ったラインナップで目先が変わっていいです。要らぬ物まで買っちゃいます。
ついでに姪っ子にファンシーなシールなども買ったりして(こどもだましは今のうちだけ笑)。

まったく話は違うのですが、ユザワヤで大量の造花を売っているのを見るといつも驚きます。
毛糸や刺繍糸やビーズやフエルトは納得できるのですが、造花・・・・・・?
たぶん、手芸に疎い私の知らない世界があるのでしょうねー。
どなたかご存知だったら教えて欲しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/212-6d1a3f2e

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: