キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

水うちわとは

さて水うちはとは・・・

岐阜の伝統工芸品のひとつで、竹の骨に雁皮紙(がんぴし)という非常に薄い和紙を貼り、専用の天然由来のニスを塗って仕上げられた、ガラスのような透明感を持った団扇です。
明治の中頃、岐阜に京都から暖簾分けをされて移り住んだ団扇職人さん達によって作られた岐阜団扇。水うちわは、そんな岐阜団扇の中でも、鵜飼を船の上から見物しながら、手に持つ水うちわを長良川の水に浸し仰いだという、なんとも風雅な団扇であったそうです。

水うちわ2

しかし、かつては盛んであった岐阜の団扇産業も、現在、専業で団扇の生産をされているのは住井富次郎商店さん、唯一軒。

細々と住井富次郎商店さんによって生産されていた水うちわも、一時は途絶えてしまっていたそうですが、数年前に現在のご主人『住井一成さん』の手で復活されました。
この復活劇には数々の方達のご協力があったそうです。

詳しくは『水うちわをめぐるたび』をご覧下さい。

水うちわの復活から数年、家田紙工株式会社さんのご協力で生産量も少しづつ伸びているようです。
今年は、ひびのこづえさんのデザインのものも発売されたようです。

ごく簡単なご紹介をさせて頂きましたが、詳しくは以下のHPをご覧下さい。

住井富次郎商店
http://www.ccn.aitai.ne.jp/~gf-utiwa/

水うちわをめぐるたび
http://www.organ.jp/reborn.html

家田紙工株式会社
http://www.iedashikou.com/

さて、私がこの水うちわのことを知ったのは昨年の夏のこと、既にその時には、昨年分の販売数は終了しておりました。
そして、虎視眈々と今年の販売が開始されるのを見張っていたわけです。苦笑
家田紙工株式会社さんのものも素敵なのですが、ここは是非とも住井富次郎商店さんのものが欲しいと、ロミちゃんには『花ナス』のオレンジ、自分用に緑を求めました。

水うちわ1

繊細で美しい♪
花ナスの柄が、絵ではなく写真が使ってあるところも、団扇の透明感と合っていて素敵です。

ところで・・・上記のHPをご覧になるとお気づきになると思うのですが、水うちわとはいえ、何度も水に漬けると白濁してくるとのこと・・・。
求めた以上は、水に漬けてみたい私としては、少しドキドキです。
この美しい透明感が失われて後悔するようなことはしたくない・・・されど・・・水を含んだ団扇の風を浴びてみたい!!じゃぼんと水に漬けるよりは、霧吹きの方がいいのかしら??

後悔なきように、住井富次郎商店さんにお訊ねしてみました。

丁寧なご返事を頂きましたので、要約してご紹介いたします。

・水うちわは植物由来のニスが塗ってあり、水はきちんと弾きますが、紙製品ですので、水に漬けないほうが長持ちします。
・何度も水に漬けますとニスが少しずつ溶け、少々曇ったような感じになりますが、一回二回では悪くなることはありません。
・水に漬けて使用した後は、柔らかい布で水分を拭き取っておいて下さい。
霧吹きをお使いの場合でも同様。(霧吹きを使った方が水に漬けるよりはベターかもしれません。)

まだ、試しておりませぬが、近いうちに試してみたいと思います♪

こびとが作ったにちがいない

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/191-6509356f

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: