FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

伊勢木綿-臼井織布再訪3

臼井さん再訪2

さて今回の三重旅行、私としては初めてのキモノで新幹線となりました。(往路のみですが・・・。)
せっかく臼井織布さんを再訪するのですから、ここは伊勢木綿の出番です。

臼井さん再訪1

写真は臼井織布さんの前で。

そして、手持ちの2枚の伊勢木綿のうち、こちらのおキモノは、うにさのお母様であるともこさんに、うにさのお婆様であるとしこさんの香典返しとして頂いたものですから、是非とも着姿をお見せしたかったのです。

初めての長距離キモノ、どんなことになるやらと、かなりドキドキしていましたが、案ずるより産むが易し、いたって快適な道中でした。

臼井さん再訪5

ただ1点、今後の課題としては、キモノで旅行をする際の荷物の問題です。
急に決めた三重行きでしたし、あまり荷物のことを考えていませんでしたが、キモノでボストンバッグ型のものを長距離提げるのは、結構疲れる・・・。
小型のスーツケースというか、キャリーバッグのようなものがよいのかなぁ・・・とも思いましたが、階段が少しおっくうです。
みなさんはどうされているのでしょう?

・・・で、風呂敷を背負うというのが、一番楽そう!というのが、現在、私が辿り着いた結論。
うにさには、行商のオバサンか泥棒みないになるんじゃない?と言われていますが、アレはやはり、利に叶なったスタイルなのではないかと・・・?
唐草模様の泥棒スタイルにならないように、時代劇の旅人みたいに斜めに掛けにしたりすれば、そんなに見かけも問題ないのでは??(夏場は背中が暑そうですが・・・。)
帯の上に乗せるとよいという話も聞いたことがありますし・・・。
何より、両手が空く可能性を秘めているところが魅力です!
今回は試さなかったのですが、一度試してみたいものです。

臼井さん再訪3

半衿と帯揚げは先日ご紹介した通り、古いブラウスを解いて作ったもの。
今回の帯は、牛若丸が立っていそうな、宝珠のついた欄干柄です。

臼井さん再訪6

あ・・・微妙に宝珠が出ない結び方になってますね・・・汗。

実はこの帯、柄行が気に入って古着屋さんで生地に傷みがあるのを承知で手に入れたキモノでした。
案の定、キモノとして着るには布自体の強度がなく、悉皆屋さんにご相談して、裏張りをして、帯に仕立て直して頂きました。
当初、名古屋を1本お願いするつもりでしたが、ついでに半幅帯も。

橋の欄干の帯1橋の欄干の帯2

今回結んでいるのは、半幅帯の方。
実は私、どちらかと言うと半幅帯の方が好きです。
特に、夏場は小物が少なくて済む半幅の方が、ぐっと気楽。
布の強度を上げるために裏張りして頂いたので、帯芯もナシで、軽くて柔らかく、重宝しそうな帯となりました。

臼井さん再訪7

帯留にアフリカ珊瑚のバラの花で、ちょいとよそ行き気分です。

臼井さん再訪4


肉食の母

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

キャリーバッグ

出かける時は荷物を少なくして、後は気合で片手もちです。
良く見かけるのはキャリーバッグですね。
軽いものにすればひょいと階段は持ち手で運べるのでは?
このあいだは、天神さんの市でキャリーを持った年配のご婦人に
足を轢かれました。
その車輪が轢いたのは小石ではなく私の足・・・
くっきりと足袋に車輪の跡がついてしまった、キャリーバッグの
悲しい記憶です。

ひよっこさま

ひよっこさんは、気合で片手持ちですか!笑

今回は、私もそこそこ大きな鞄を片手持ちだったのですが、これにお弁当を買って、自動改札を抜けるために切符を持ってとかしていると、洋服と違って肘にバッグを掛けるわけにもいかないので(時々、掛けちゃいますけどね・・・)、動き辛い動き辛い・・・。
三重に到着するまでに、鞄の重さで片腕が3cmくらい伸びた気がしましたよ。

泊まりの旅行となると、小さな手提げ一つで出掛けられる普段のお出かけとは、やはり大きく違うものですねぇ。

キャリーバッグには、私も度々轢かれたり、衝突されたりしているので、少なからずあの車輪には怨みがあります!!
キャリーのいけない点は、引いている本人の思惑とは別に、周りに被害者が出ることでしょうかね?苦笑
そういえば、駅でキャリーを引きながら、キモノで猛烈に走っている女性を見たことがありますが、洋服の私よりずっと速かったなぁ・・・。ちょっと尊敬。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/185-ca721171

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: