キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾食道楽編2

さて、台湾の美味しいもののお話の続きです。

同行者の皆さんからの実際の回答をお見せ致しましょう。

芝崎るみ
1:竹筒に入った餅米ご飯と川エビの素揚げ(烏来)
2:北京ダック/真北平餐廳(北京料理)
3:米粉の麺の上に豚肉の揚げたようなものが乗っている料理(店名不明)

迪化街清粥小菜にて1

小倉充子
1:三杯土鶏/明福台菜海産
2:鹹豆漿と切り干し大根のパン/阜杭豆漿
3:お粥と小皿料理/迪化街清粥小菜

迪化街清粥小菜にて2

こころや
1:小龍包/鼎泰豊
2:酸菜白肉鍋(酸っぱい白菜鍋)/真北平餐廳(北京料理)
3:炒山蘇(シマオオタニワタリの炒め物)/明福台菜海産

鼎泰豊の小龍包

竹ノ輪トキ
1:タピオカミルクティー/天仁茗茶
2:酸菜白肉鍋(酸っぱい白菜鍋)/真北平餐廳(北京料理)
3:佛跳牆(坊さんぶっ跳びスープ)/明福台菜海産

明福台菜海産の佛跳牆1

★竹ノ輪タケ
1:酸菜白肉鍋(酸っぱい白菜鍋)/真北平餐廳(北京料理)
2:小龍包/鼎泰豊
3:北京ダック/真北平餐廳(北京料理)

明福台菜海産のとこぶしのマヨネーズ焼き

木内愛
1: 燒烤九孔(とこぶしのマヨネーズ焼き)/明福台菜海産
2:タピオカミルクティー/天仁茗茶
3:マッシュポテト/蓮香齋(素食ビュッフェ)

★編集K
1:玉蜀黍蛋餅(店名不明。ホテル近くの小さなサンドイッチ屋さん)
2:酸菜白肉鍋(酸っぱい白菜鍋)/真北平餐廳(北京料理)
3:火鍋(天香回味)

蜀辣の麻辣鍋
(写真は蜀辣の川菜烤魚麻辣鍋)

★営業A
1:牛肉蛋餅(店名不明。ホテル近くの小さなサンドイッチ屋さん)
2:イカの炒めもの(寧夏夜市)
3:魯肉飯(店名不明)

真北平餐廳の牛肉蛋餅
(写真は真北平餐廳の牛肉蛋餅)

★うにさ
1:三杯土鶏/明福台菜海産
2:酸菜白肉鍋(酸っぱい白菜鍋)/真北平餐廳(北京料理)
3:蒸し野菜/蓮香齋(素食ビュッフェ)

明福台菜海産の三杯土鶏

★ひよさ
1:炒山蘇(シマオオタニワタリの炒め物)/明福台菜海産
2:野菜鍋/蓮香齋(素食ビュッフェ)
3:水餃子/三五水餃

明福台菜海産の炒山蘇

皆さんの回答を見て「良かった!私が入れられなかったものを入れてくれてる!!」と思ったり「アレが抜けているのはやっぱり惜しい!!」と思ったり・・・。笑

実際、台湾入りした日も少しづつ異なりましたし、滞在中も常に行動を共にしていたわけではなく、それぞれの食べたいものの優先順位などもありましたから、ユル~く、くっついたり離れたりしながらの食べ歩きです。

同じお店に同じ日に時間違いで行くようなこともあったり、すごく良かったと聞いて慌てて駆け込んだり、大勢で入った方が色々食べられて楽しそうなお店には時間を決めて集合したり・・・。

ですから、どうしても少人数で食べたものは名前が上がらなかったり得票数が伸びなかったりしていますが、いずれも誰かのベスト3に入ったものばかりですので、是非、台湾旅行をされる際の参考にして下さいませ。

先にご紹介した真北平餐廳さんの次に、お店の名前が多く上がっているのが明福台菜海産さん。

ここには、お坊さんが塀を跳び越えてまでやって来る程に美味しいという名の佛跳牆スープを食べに行きました。

明福台菜海産の佛跳牆3

実は、台湾に大人数で行きたかった理由の1つがこのスープにあるという・・・。笑

明福台菜海産の佛跳牆2

干しアワビなどの乾物をもどす時間が必要なため、予約制のこのスープですが、量が多くて少人数ではちょっと頼み難いシロモノなのです。

明福台菜海産の佛跳牆4

想像してたよりも、漢方臭くもなく、底の方から色んなものの味が湧き出るような丸い丸い旨味のあるスープでしたよ。

明福台菜海産の蟹おこわ

確かに目指して行ったのは佛跳牆でしたが、こちらのお店、それ以外のお料理もとっても美味しかった!!皆さん色々上げられておりますが、私はここで食べた炒山蘇(シマオオタニワタリの炒め物)が、台湾で食べたものの中でベスト1でした。

・・・というか、台湾!!野菜が抜群に美味しかったのです。
ヨーロッパに行った際に、でっかいキュウリなど食べて、日本の野菜は繊細でウマイよなぁ・・・なんて思っておりましたが、暑い国で時間を掛けずにスクスク育った野菜って、大らかで素直な味なんだなぁと感心した次第。

真北平の空芯菜炒め
(写真は欣葉の空芯菜炒め)

台湾では、果物はもちろん大人気ですが、野菜のこともお忘れなく!!

言い足りないから、もうちょと話そう・・・。笑

永和豆漿の鹹豆漿
(写真は永和豆漿の鹹豆漿)

大人の修学旅行


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

あ〜、無理してでも行けば良かった。。。
楽しそうだにゃあ〜♪

やはり中華は5人以上で行かないといろいろな種類たのめませんねー。

香子さま

では、来年は沖縄集合どうですか??笑

あっくまさま

はい、限りますね♪女子は量より種類ですよね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1719-b9cf39e7

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。