キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江戸の小正月2

さて、小正月の小倉家の台所でのお話

「私もね、お嫁に来た時にはびっくりしたわよ。だって実家じゃサラサラの小豆粥だったもの・・・」と話されるのは充子さんのお母様。

「甘いしね、ドロドロだし、この人のお母さんなんて、食べる時に更にお砂糖振って食べてたって言うのよ。」
「でもそれがね、充子も言うけど、なんだか食べたくなるのよ・・・。」

うんうんと首を縦に振られるお父様。
「このあたりでもうちの親戚くらいっきゃ食べるって聞かないね。」

再び、お母様「15日に炊いてね、16、17日と置いて、18日にね食べるのよ。18日が最後。でもね、それが何でだか解らないのよ。」

横からお父様が「もう、解る人がいなくなっちまった・・・。」

ひとしきりお話を伺った後に、調理の開始です。

ガスの上には、白粥と小豆がそれぞれの鍋で炊かれて待機しております。

ひ「この小豆は甘いのですか??」
充子母「ううん、ここではまだ砂糖は入って無いのよ。茹でただけ。お赤飯にだって使えるわ。」

ぐつぐつと煮えるお粥の中に、小豆とその煮汁が投入されて、あっという間に実家でも見覚えのある小豆粥の様相となりました。

・・・が、ここからが違いました。

お米と同量あるいはそれより多い??と思われる量の細かく切ったお鏡餅が投入されるのです。驚

2015年1月小倉家小豆粥1

ぐつぐつを超えて、お鍋はグラグラと煮立ち、お餅はユルユルと溶けて、水分はどんどん飛び、粘りが出てドロドロです。

2015年1月小倉家小豆粥2

ここでお砂糖投入!!

おお?結構入るけど想像していたよりは少ないかな??

すかさず充子さん「昔通りにやってよー。加減しないで!!初めて作るの手伝うんだから、ちゃんと教えてよーー!!」

充子母「まぁ、こんなもんよ。適当にやりなさいよ、適当に!え?そうなの?うーん、じゃあ、もう少しね入れるかね・・・。」

お砂糖追加。笑

2015年1月小倉家小豆粥3

母と娘のやりとりを横に、お鍋の中は、お餅とお米が混然一体となって、ポッテポテの糊のような仕上がりです。

頂きま~す。

2015年1月小倉家小豆粥4

こ、これは、生まれて初めて食べる強烈な糊状の食感。驚
一度にたくさん口に入れると、溺れてしまいそうです!!
しかし・・・あれ・・・あれれ??美味しい!!

実は、私、お汁粉やお善哉があまり得意ではありません。
甘く炊いた豆も苦手でございます。
ですから、この日は、苦手であるかもしれないことを覚悟して望んだのですが、これは美味しい!!

確かに甘いお粥なのですが、小豆部分が甘くないことで、ただただ甘いだけではなく抜け感があるんですね。

ひ「私、善哉やお汁粉より、こっちの方が美味しいと思う!!」
充「ね、意外とイケルでしょう~♪笑」
充「前から1回試してみたかったんだけど、ちょっとだけ塩入れてみたいんだよね。」
ひ「塩気のある大福が美味しいみたいな感じだね♪」

よしよしとばかりに、パラパラと塩を入れて一口。

「う~ん・・・。塩要らないね。」

そのままの方がずっと美味しいと意見は一致。笑

恐る恐る食べた小倉家の小豆粥でしたが、結局お代わりをし、更にお土産として頂いて帰る程でありました。
頂いたお粥はきっちり18日にうにさと一緒に食しましたよ♪

帰宅後、小正月の小豆粥について調べてみたところ、『一月の行事レシピ』という面白いサイトを発見しました。

江戸時代に書かれた『守貞謾稿』には江戸では砂糖を入れ、京阪は塩を入れて食べていたと記されているようですよ♪
1月15日と18日の項を読むと、小倉家ではお江戸の古い習慣が続いていることが解りますね。

ちなみに『十八粥』というのは、新年の季語でもあるそうです。

2015年1月小倉家竈神御幣

写真は小倉家の台所にあった竈神の神棚。

赤い御幣って大神神社の赤御幣くらいしか知らなかったのですが、竈神にも飾るものなのですね。

ちなみに、我家では何故だか竈神にだけは三段の鏡餅をお供えします。理由は、祖母がそうしていたからとしか言いようがないのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さいませ。(形もちょっと変わっていて、下から大・小・中のサイズ。)

いろいろと勉強になった楽しい一日でした。
小倉家の皆様!ありがとうございました!!

三重の風習について母トモコに聞いてみた


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

どろどろ食べてみたいです。

うちは塩味

想像以上のドロドロですね…。甘いお粥、食べたことないです。
江戸は甘いお粥で「そんな女子供が食べるようなモン」だったとか。
「みおつくし料理帖」の七草粥の章に、書いてありましたよー。

実家は京都ですが、1月15日に食べる我が家の小豆粥もどろどろでした。砂糖は入れませんが、おいしいです。七草粥もどろどろでした。
ついでにお雑煮も白みそのどろどろでした。
お餅が溶けるまで煮込むのです。お餅をいくつ食べたかわからなくなります。

創造ですが、
冷凍の豆大福をレンチンして温め過ぎ
ドロドロになった感じに似てる?

どろどろって?はて何故に??と思ってたらお餅を小さく切って入れているのですね、なるほど、想像してたよりもどろどろでビックリです。

あっくまさま

むむむむむ・・・小倉家のあずき粥を頂いてから、もうすぐ1年になるのか・・・。汗
来年が間近過ぎて、来年は無理だと思いますが、そのうち新年会でも開いて、あずき粥の会でもやりましょうかね?充子さんがきっと伝授されたものを披露してくれることでしょう♪(何年先になるかは不明です・・・。)

アルさま

返信がたいへんたいへん遅くなりました!
一周して鏡餅が帰ってまいりました!
(現在、2015年紅白放送ちゅう。私が目を話した隙に、いのっちがふなっしーを叱っていたらしい)

やっぱりお江戸は甘いんですね。もう一回「みおつくし」読んでみよう!
甘いのもけっこう美味しいものでした。
思い出して食べたくなるというのは、わかる気がします。
じんわり体に沁みるという感じで。

ちょうど鏡餅の季節が巡って来ているので、来年はぜひ甘いのもお試しくださいませ~。

かぎちゃんさま

今更のご返事で申し訳ありません!!
京都のお正月のどろどろ尽くしも、是非体験してみたいものです。笑
小倉家のあずき粥は、今思い出しても、私が食したことのあるものの中では一番どろどろしたものかもしれません。
そうだ、あの食感を忘れないうちに、他のどろどろも経験してみなくては!!

香子さま

多分、想像されているよりも、もっと全体に粘りが行きわたっております!笑

なちもさま

はい、そして、想像されているより、もっとポテポテ感もあるのです!!笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1714-172ebccb

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。