キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての手ぬぐい作り6

さて、本日もスタジオクゥ初の手ぬぐい作りのお話のつづきです。

小倉充子さんの指導の下、紗張りを済ませた型紙はこころやさんへと送られる手筈が整いました。

すぐに染め工場にお預けしたいところですが、悩ましいのは色の問題。
一版で染める以上、出来ることと出来ないことがございます。

コレは出来ますが、

股旅縞手ぬぐいカラー見本1

コレは出来ない。

股旅縞手ぬぐいカラー見本2

お解りのことと思いますが、2つ目のように染めるためには、黄色の部分の形をした型紙がもう1枚必要です。

しかし、同じ1枚の型からでも、クレア染めにすれば反転したかのように見えるコレは作れます。

股旅縞手ぬぐいカラー見本3

注染では『差分け』という、一つの版で土手を作って多色使いの染物を作る技法がありますが、私達が作った図案は、柄同士が繋がっているので、差分けにはあまり向かないデザインとも言えます。

きっちりと色が滲まないように差し分けるには、染料を注ぐ土手で柄がしっかり囲めるように、図と図の間にある程度の間隔が必要なんですね。

アレコレとふたりで悩んでいるうちに、いっそのこと潔くモノクロにしちゃおうか??と一度は決心をしたものの、充子さんにもこころやさんにも反対はされないものの「案外いいかもね・・・。」という微妙な反応をされます。

もしや・・・?
不安な時は訊くに限るとばかり、またしてもこころやさんにお電話。苦笑

ひ「ねえねえ、もしかして真っ黒で染めると、むしろ余白の白が安っぽく見えたりするってことない??」
こ「うん、そういうこともあるねぇ。」
ひ「紙媒体の印刷と同じなんだねぇ・・・。」
こ「そうそう、その時々やけど、心配やから、そういうことを避けるために少し黒に色味を持たせたり、逆に白の地色に色味を持たせたりするようなことをしたりするんよ。」
ひ「そう考えると、黒一色はちょっと冒険やねぇ・・・。」
こ「澤さんはね、ぼかし染め得意よ~♪」

お!ナイスアドバイス!!
澤さんとは、今回染めをお願いした奈良は生駒にある澤染工場さんのことです。

実は『召しませキモノ』の大阪での出版記念イベント『チンチン電車で忘年会』の際に、澤さんにもご出席頂き、いつか自分たちが手ぬぐいを作ることがある時は、是非澤さんにお願いしたいと心に決めておりました。

ひ「股旅縞やから、縦縞っぽくぼかしてもらおうかなぁ・・・」
こ「多色の方が楽しいしねぇ」
ひ「色見本は、仕上がりサイズでないとあかんかな?」
こ「仕上がりサイズじゃなくてもいいけど、インクジェットで出力したもの出すのなら、フツーの紙で出した方がいいよ。」
ひ「??いい紙じゃなくて??」
こ「そうやねん。木綿はツヤが無いから、綺麗な紙で出すのより、フツーの紙で出力したものの方が質感近いから、色が伝わりやすいねん。」
ひ「なるほど!!」

では、と電話を切ってうにさと再度色のイメージを話し合っているうちに、突如不安に襲われるふたり。

私達!!そもそも間違っているのでは??

あの型紙、地と図が反転してないか??

いえいえ、結果から言うと間違ってはいなかったのですが、何故かこの夜、ふたり揃って注染ではなく捺染をイメージしており、型紙が反転していると思い込み大騒ぎになったのでありました。

本当に泣くかと思いましたが、小倉充子さんから「大丈夫だよ~。間違ってない!!」と念押しのメールを頂き、ほっと致しました。

どれだけ動揺していたかというと・・・、

股旅縞手ぬぐいカラー見本5

反転バージョンの色見本まで作ってしまった程です・・・。苦笑

ようやく色見本、完成!!(縮小してモニターで見ると、紫の色が随分違いますが・・・汗)

股旅縞手ぬぐいカラー見本4

いよいよ舞台は染め工場へ!!

パクパクパクパク


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

股旅縞の手ぬぐい、初おろしはお正月にしようかな♪

うにささん、食べてばかりいないで
食レポもしてちょ〜だいな(笑)

香子さま

もっと買い食いをさせようと思ってたのですが、スバルの目描きたさに負けて地下に入っちゃったものだから、いろいろ限定されてしまって!
バッテラは「箱寿司」さん、プリンは「立田野」さんのです。
どちらも我が家では定番の新宿土産。安定の美味さ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1701-27b2ea2c

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。