キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちの仕事について1

お仕事ばかりしておりますと、季節に疎くなりますが、本日は桃の節句ですね。

2014年桃の節句

スタジオクゥの新連載『おひとり様のふたり暮らし』、読んで頂きありがとうございます。
月に1度だけの更新ですが、楽しみにしていて下さいね。

さてさて、ブログをしばらくお休みしていると、いつも悩むのは次に何の話をするか?ということです。
毎日更新している方が、芋づる式に進められるのですが、それが出来ない辛さ・・・。苦笑

『キモノは別腹』の冠通り、真っ当にキモノの話をしたらどうか?とも思いますが、新連載が始まったところなので、少し私達のお仕事について話してみたいと思います。(うにさに訊ねたところ「食べ物ネタ!か旅ネタ!」と言われましたが、それはまた後で・・・。笑)

普段は書籍や雑誌などの媒体を中心にイラストのお仕事している私達ですが、コンビの仕事の仕方について訊ねられることがよくあります。
もう長くコンビを組んでいるので、最初の頃と比べると仕事の進め方も随分変わりました。
当初は、完全な手描き原稿を宅急便で納品しておりましたし、依頼されたお仕事をそれぞれに振り分けて対応していました。

大きく状況が変わったのは、デジタルの状態で原稿を納品することが喜ばれるようになった頃のことでした。
実際には私よりもうにさの方が新し物好きで、PCを買うのも携帯を買うのもうにさの方が先だったのですが、何故か私がPCでの作業を覚えることに・・・。
まぁ、ブログをスタートさせた時とある種似たような状況で、うにさの口車にまんまと乗せられて、スタジオクゥはデジタルを導入することになったワケです。

そこから、必要とされるイラストに合わせて、1つの絵をどちらかがメインで片方がサポートに付くような態勢を取ることが多くなり、タッチが多様になり過ぎて、依頼ごとに頭を切り替えるのが自分たちでも大変な状態に・・・。汗

ひ「私達、もう少し整理した方がいいんじゃない??」
う「これ以上タッチが増えたら死ぬ。」
ひ「中には向いてないタッチもあるよね・・・。」
う「それ以上にデジタルの作業苦痛だぁ~~。」
ひ「私、ペン入れに時間掛かるし、枚数持てないよ・・・。」
う「やることがバラバラし過ぎて回らなーい。」
ひ「そうだ、これからは、うにさメインで行こう!!」

この選択が、1枚のイラストの仕事を前半と後半に分けて、アナログ作業をうにさが(前半)、デジタル作業を私が(後半)担当するという『分業制』を生むこととなったのでした。

まぁ、今でも案件によっては担当を決めてどちらかがお受けすることもあるのですが、概ね分業です。ハイ。

ところが、この『キモノは別腹』というブログを始めたことで、スタジオクゥの様相は少し変化して来ました。

長くなって来たので、続きは次回に・・・。

絵の修正


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

あぁ、そういう時(ちょっとした修正とか)
離れてるとツラいもんがありますよねえ〜 (^-^;;

なんと、コンビで仕事はじめたころは、同居じゃなかったんですか

↑ちゃんと読まずに絵だけ見て、
うにささんはバイク便担当だったんだ〜と大きな勘違い(笑)
仕事をデジタル化する時は勇気いりましたよねぇ。。。

香子さま

ある程度の修正は、戻さないでPCの方で直しちゃうんですが、座っているクマを寝かせなきゃならないとかになると、根っこがアナログなもので、もうPCの外でやった方が早いんですよね・・・。苦笑
別々に住んでいた時は、どうしてもうにさが捕まらなくて、うにさのつもりになって描かなきゃいけないこともありました。汗

あっくまさま

そうなんですよ。最初の何年間かは同居していなかったんですよ~。
勝手に相手の家に入ったりはしてましたケド。苦笑
イラストの仕事を始めたのも、コンビ結成も、その時のナリユキみたいなもので、一緒に絵なんて描いたこともありませんでした。

櫻子さま

バイク便担当・・・櫻子さん!素敵過ぎます!!笑

デジタル化させるのはやっぱり勇気入りましたよね・・・。
手描きのものだって印刷に回ったら潰れちゃうし、色だって飛んじゃうんですケド、それでもいろんなことがデジタルは信用出来ない気がしましたよね。
しかし、最終的にデジタルデーターになっているというだけで、うちのやっていることは今もかなりアナログだと思います。
手を動かして解決しよう・・・って思っちゃう時点で、アナログなんでしょうねぇ。苦笑

ほほぉ、そういう分業制だったのですか。
私は、ひよささんが外で注文を拾ってきて(営業担当)、うにささんがおうちで描き書きしているのかと思っていました。
だって、ひよささんの方が外での活動が多く見えるんですもの…。
営業としての活動のせいかと思っていました。笑

ヘルメットも猫帽子対応仕様なのですね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新連載、読みました~。私も友達とよく同じような話をしていました。
その仲間も一人ずつ結婚していきだんだんメンバーが減っています。うー
でも、既婚者チームさんたちの、旦那様より長生き・・・には納得!!
カムバックの可能性大ですね~
実現したら楽しそう!!
私も将来の参考に、更新を楽しみにしています♪

けいなさま

なるほど、そういう解釈をされていることもあるのですね。驚

営業・・・残念ながら、私達は世に言う飛び込みというものをしたことがありません。
一度だけ、ライターさん経由でアポを入れてから持ち込みをしたことはありますが、それでもドキドキでした。
やった方がいいよね・・・、と何度も話しておりますが、未だ、勇気が持てず・・・。汗

取材の申し込みをするのは怖くないのに、営業するのは気が重いのは何故でしょうね・・・??知らない人に連絡を取るのは同じなのになぁ・・・。苦笑

しかし、ご指摘通り、私がひとりで外で動いていることは多いかもしれません。
特に理由は無いのですが、恐らく、メールでのやりとりを私が先行してやっていることが多いので、どちらかひとりで間に合う場合は、私がそのまま出かけちゃうんですね。
遠いところへの取材だと、交通費が二人分は出ないとか・・・そういうちょっと悲しい理由もたまにありますケド。苦笑

hiromiさま

気づいてもらえた!よかった!
猫メットをスルーされたら、かなりイタい子になってたとこでした。笑

鍵コメントのAさま

うおお、さすが大東京!
わたしも憧れの方ですよー。
いつか、お目にかかる機会があるかしら。無いような気がする。笑

それにしてもどうしたことでしょうか。
ふつうはたぶん、営業の方が書店の方にお願いしてやっていただくことのような気がしますが・・・・・・
わからん、でも面白い。笑

祖○○さま、Aさま、ありがとうございます。
イ○○○・プ○○の各担当者に代わり厚く御礼申し上げます!


余談ですが、街中でサインをもらうのって勇気がいりますよね。
私はそんな機会にはまだ恵まれたことがありませんが、きっとモジモジして話しかけられないと思います。
相手も気を抜いてるとこかもしれないし・・・・・とか思うと、絶対無理。
やっぱりトーク・イベントなんかで貰うのがいいかと思います。
私は去年、岸本佐知子さんと三浦しをんさんにサインもらっちゃった。てへ。
(↑これが言いたかっただけです。すみません。笑)

美宏さま

メンバーの増減は想定の範囲内ってやつですよ。笑
なにしろ未来は灰色の霧の中ですからねえ、どうなってるか誰にもわかりません。

とりあえず、想像してみて嫌じゃない未来を肴にしてビールを飲み、今を乗りきるってことでいいんじゃないでしょうか。
そこまで非現実的なことでもないので、けっこう盛り上がりますよぅ。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1633-a9b47bce

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。