キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの花

ブルガリアツバメ切手

本日はちょっと珍しく、他の方のブログのご紹介なぞしてみたいと思います。
楽しみにさせて頂いているブログはいくつかあるのですが、今日のご紹介は最近発見したブログです。
随分前の記事になりますが、帯修復の顛末について覚えておられるでしょうか?
(詳しくは長くなりますが、三重旅行の後遺症・帯修復への道1234帯修復を終えてで、入手から修復までの詳細がご覧いただけます。その帯を締めているところはコチラ

あの時には、本当にいろいろな方にお世話になりました。
あらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

さて先日、他の方のブログを拝見すべくウロウロとしていたところ、偶然にも帯の修復のことでご相談に乗って頂いた『れえすの花』さんのスタッフすばさんのブログ『ツバメの花』を発見してしまいました。

『れえすの花』さんと言えばアンティーク帯の『刺繍』の復元・復刻で大変に人気のある作家さんですが、なんとなんと、デジタルプリントでの図柄の復刻という、新しいプロジェクトを展開されておりました。

あ・・・、既に皆さんご存知でした?これは失礼・・・。
私は、知らなかったので、大いに興味を惹かれてしまい、ただ今ブログに書いている次第です。苦笑

・・・で、私がたどり着いたブログ『ツバメの花』のすばさんは、『れえすの花』さんの元で、古い図柄をデータで取り込むお仕事をされています。これはなかなかに骨の折れるお仕事です。

先日うちのブログにコメントを残して下さったので、早速見に行かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

まだ始められて間もないブログの様ですが、今では見かけないような面白い柄を扱われているので、更新されるのがとても楽しみです。
そして『れえすの花』さんやすばさんの古い生地に対する愛情が伝わって来て、なんとなくほっとするのです。
デジタルプリントとはいえども、小ロットの生産のようですし、ひとつひとつ丁寧に作られている姿が垣間見れるのは、何だか安心しますね。

もちろん『れえすの花』さんのHPで商品自体は見ることが出来ますが、商品になる前の行程やこぼれ話、サンプル生地などが拝見出来るのは、楽しいことだと思います。
一生懸命お仕事をされているすばさんのこれからのご活躍に期待したいと、思わずブログに取り上げてしまいました。
頑張ってお仕事なさって下さいね!!笑

・・・と、ここまで書きましたが、とどのつまり、『れえすの花』さんの帯、好きなのです。
更に端的に言うならば・・・欲しいのです。笑
すばさんのお仕事もブログも、続けて見てみたいのです!

なので、このブログは見張っておかねば!!・・・と思ったのでした。

いつかどれかの帯が、私のところにお嫁に来るかもしれないけれど、私の実力では、どう頑張ってもたくさんはお嫁に貰えません。
ならば欲張ってひとりで見張るより、いろんな方に見張って頂く方がよいではないですか!
どなたかが、ブログで着姿を見せて下さるかもしれない♪
そんな思いを込めてのご紹介です。

でも、私以外の人がみんな『れえすの花』さんの帯のオーナーになってしまったら・・・多分私、ちょっと不貞腐れると思います。苦笑

相方がふてくされると

いつも応援ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪
クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

もしも偶然……

伊勢エビが道端に落ちていたら、拾って帰って、七輪で焼いて美味しくいただくと思います、わたくし(話違

冗談はさておき、「れえすの花」さんの復刻帯は、わたくしも紹介する気で、もう書いて、予約投稿にしておいた次第;^^
シンクロニシティー、というものなんでしょうか?
ちょっとびっくり、かなり嬉しい緑川です^^

ひよさ様、うにさ様、こんにちは。
この度は私のブログをご紹介して下さってありがとうございます~!
こんなに大々的にして頂いて・・・なんとお礼を言っていいやら!
感激です!!

デジタルプリントでの復刻は2年前から始めました~。
ホームページのショップも休み休みの営業だった為、
まだまだご存知の方は少なく寂しい状態なので、
ご紹介頂けてとても嬉しいです。

タコ頭巾なひよさ様がとてもキュートで!
私も緑川様と同じように伊勢エビが落ちていたらそのまま焼いて食べてしまいそうです。(笑)

そして、子供の頃、切手を集めるのが大好きだった私・・・。
ツバメの切手にメロメロです。
とても羨ましいです~!!

ご紹介の*れえすの花*さん良かったです、さらに・・欲しい病が再発しそうです
どうしよー、だれか止めてくださーい。
もう他の誰かの所へ嫁入りした帯達の中に伊勢海老が・・・

緑川婦人さま

確かに・・・偶然みつけた伊勢海老は、七輪の上に乗せるのが正しい気がしますね。笑

しかし、緑川婦人も『れえすの花さん』に注目されていたのですね!!
やはり、いいものはいい!!ってことですね。共感出来て、私も嬉しいです♪

緑川婦人!!ここはド~ンと、1本お買い上げ下さい!!笑
着姿拝見したいです♪

すばさま

喜んで頂けて、私も嬉しいです。
たいしたお役には立てるとも思いませんが、自分がいいな~と思うものを他の方にも知って頂きたい気持ちで書いただけですので、お気遣い無用です!

勝手なことをいろいろと書きましたが、お許し下さいね。笑

このツバメの切手は、1965年ブルガリア発行の8枚組の鳥の切手の一枚です。
こういう柄の帯やキモノがあっても、楽しいかもしれませんね♪


まつげさま

そうなんですよ、『れえすの花』さんの帯、溜息ものでしょう♪
まつげさんもおひとつ如何ですか?
そうそう、すばさんの『ツバメの花』に上がっていましたが、ただ今れえすの花さんは、北海道に出張中とのことです!
まつげさん!実際に手に取って見ることが出来る機会がすぐそこに迫っている可能性がありまするぞ!!
きっと北海道での販売が決まったら、すばさんのブログに情報が掲載されることと思いますので、これはちょっと楽しみですね。
是非とも、七転八倒して頂きたい!!笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/155-9ba4df49

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。