キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数日お休み致します

未だ梅雨明けも致しませんが、、7月ももう半ば近くになって参りましたね。

残念なことですが、私の今年最初の夏キモノは、喪服でありました。
祖母ふみゑが、7月6日に他界致しました。
102歳でした。

出来るだけ通常通りのことをしたいと、ブログも進めて参りましたが、今少し、私には時間が必要なようです。
長らくコメントへのご返事も出来ぬままになっておりますが、数日、お休みさせて頂きます。

あと何回か眠ったら、いつもと同じようにはじめるつもりです。

ご連絡が行き届かず、諸方面にご心配をお掛け致しましたが、今は東京に戻って、少しぼんやりはしているものの、仕事をしながら、意外なほど普通に暮らしております。

ひよさ

コメント

それなりにお覚悟が出来ていたかもしれませんけれど
やはりお別れは寂しいものですよね。
どうぞ、ごゆるりとされてください。合掌。

祖母さま大往生とは言え、残念でしたね。
きっと骨格がしっかりしてらしたんでしょう?
今の90代以上の方々は全くすばらしい
身体をされています。
そういう方がだんだん少なくなって行くのは
つくづく惜しい事だと思います。
とは言え今はどうかご無理なさらず
また気が向いたら更新なさって下さい。
ご冥福をお祈り申し上げます。

そうだったんですか…
どうぞ今は静かにお別れを惜しまれて、少し落ち着かれたら戻ってきて下さいね。

かつてお召しになっていたのであろう、たくさんのお着物をいつも拝見していたので、まるで見知っている方のように敬愛しておりました。
素敵なおばあ様のご冥福をお祈りしながら、再開をお待ちしています。

さぞお淋しいことでしょう。お察し申し上げます。
たくさん思い出してあげることがご供養になると聞きました。
落ちつかれましたら、お祖母さまの思い出話などもお聞かせくださいませ。

よく話題にあがっていた、ふみゑさん。おさみしいことですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

淋しい…

身内の死ほど哀しいことはないですよね。長生きをしてくれて貴女に大きな影響を与えてくださった方ですから尚更だと思います。貴女のblogを読む度に元気な姿を想像していました。
暫くは何も手につかないと思いますが、ゆっくり思い出を手繰り寄せて偲んで下さい。きっと時間が解決してくれます。
その間にうにささんの一人舞台も間が持って良いかも…。
早くお元気になられるのをお待ちしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ロミです。おばあさんの事、残念です。
ひよさにとっては、ただのおばあさんじゃないものね。
こんな時に何もできない、何も言えない自分がすごく残念です。
仕事が忙しい時期に広島と行ったり来たりで大変だったね、
でも忙しいのは逆に良かったのかな……。
とりあえず、やらなきゃいけない事が沢山あるだろうから、
淡々と日々を暮らして、一日一日、日が経って、
たくさんの時間がひよさを癒してくれますように。
元気だしてね。そして、無理しないでくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

淋しいね。元気だせ。
ふみゑさんのご冥福をお祈りします。

お婆様とのお別れ お辛い事と想います。 
 
天国から 何時も見まもって下さいますよ。

今日はまた特に暑いですねぇ。

夏着物、大大好きなのに、今年はなんだかすっかりサボって
しまっていて、お盆中も朝寝して昼寝して夜もぐっすり・・
クーラーも無い部屋で、アイスノン抱えて、にょろーんと
伸びておりました。
着物着て、展覧会でも行ったほうがよっぽど涼しいのに・・・

そういえば、夏だけのアイス屋さんにも行ってないのでした。
是非東急線をお使いの際は、ちょっと足を伸ばしてみてくださいね。
(人に促す前に、自分の出不精をなんとかしろ^^;)

なんだか、ちょっと気温が下がった気配。
これは、一雨来るかな。
お身体ご自愛くださいね。

香子さま

覚悟をするつもりで一生懸命でしたが、最後の最後でやっぱり覚悟しきれなかったというのが正直なところなんです。
寂しいですよ・・・。

惠漣さま

はい、祖母はうちの女子のでは一番背も高く足も大きな人でした。
102歳にして、虫歯はひとつもなく、全て自前の歯だったのですよ♪
なにもかもを、自慢に思えるような祖母でした。

湖蓮さま

長らくお休みさせて頂きましたが、そろそろブログも再開させますね。
お気遣いありがとうございます。
昨年のうにさのお婆様ミサさんに続いて、寂しいことになってしまい、私だけでなくふたりでかなり沈んでおりましたが、なんとか浮上したいと思います。

櫻子さま

ありがとうございます。
まだまだ祖母のことを書くのは辛いのですが、書けたらいいなぁ・・・と思います。
ようやく四十九日を過ぎますが、私にとってはもちろん、家族にとっても祖母はとても大きな存在でしたから、昨日も実家に電話をしたところ、母が泣いている最中でした。
時間が過ぎるのも、それはそれで寂しいんですよね・・・。

akkumaさま

ありがとうございます。
でも、私は悪い孫なので、お盆の最中に祖母が私に会いに来ないことについて愚痴を言っていたところ、うにさに怒られました・・・。涙

梅梅さま

お心遣いありがとうございます。
葬儀から戻って以降は、仕事のこと以外は出来るだけ頭から締め出して過していました。
仕事で忙しいことは苦しい面もありましたが、本当に助けになった数ヶ月でした。
脱稿した後にぽっかり時間が出来たらアレコレと考えてしまいそうなので、今は予定をズイズイ入れてしまおうかと画策中です。

鍵コメントを下さったSさま

「いとしのふみえさん」読み返して下さったのですね。ありがとうございます。
私は、まだまだ涙が出てしまうので、それをすることは出来ないのですが、そんな風に祖母のことを思い返して下さった方がいらっしゃると思うと、本当に嬉しいです。
祖母は晩年、よく言っていました「今が一番幸せ」だと。
祖母の最後の言葉は母やすこに向けての「ありがとう」でした。

ロミちゃんへ

うん、忙しくて良かったのだと思います。
忙しくなかったら、むしろ耐えられない種類のことだったカモ。
その場その場で決断や判断をしなくてはならないことだらけで、何がなんだか解らないうちに、いろんなことが終わった気がします。
涙はまだ出ますが、思っている以上に自分がタフだということも知りました。苦笑
大丈夫よ♪ありがとう。

鍵コメントを下さったMさまへ

ご連絡出来ないままでごめんね。
そう、あのセーターの祖母です。
そちらも、旦那さまのお父様の新盆で帰省されたのではないでしょうか?
忙しかったでしょう。
近いうちに食事でも致しましょう。
もうすぐ脱稿します。

横浜姐

姐さんご無沙汰しています。
まだまだ涙は出るけど、大丈夫だと思います。
実は、同時に父ひろし君も病で倒れていたので、私よりも母やすこちゃんの方がもっと大変でした。
みんなで、少しづつ時間を掛けて回復したいと思います。

たりえのははさま

東京と広島で離れて暮らしておりましたが、ここ数ヶ月ほど、広島を遠いと感じたことはありませんでした。
今でも広島で祖母か待ってくれている気がしてならず、広島に帰って現実を見るのが少し怖いです。
叶うことなら、次ぎの帰省は、出来るだけ賑やかに帰省したいと思っています。

AMASさま

毎日まいにち暑いですねえ。
なかなかキモノを着て展覧会・・・・・って気分にはなりませんよね。
こういう時は、近所の図書館に閉館ぎりぎりに行く、くらいが限界でしょうか。
あるいは、大きめのペットショップで、珍しい観賞魚を文字通り鑑賞するとか(笑)
海老とか見ていると飽きないものです。涼しいし。
お盆も過ぎたことですし、あまり無理をせず秋を待ちましょう。

あ、でも!
私たちまだスイカをほとんど食べてない!鮎も枝豆もビールも餃子も!
それなのにもう夏が終わろうとしている・・・・・・
惜しいようなそうでもないような・・・・・・ああ。

夏だけのアイス屋さん、まだ行けてないのです。
今年こそは!と、冬頃には二人で言っていたのですが・・・・・ああ。
完熟のアップルマンゴーとか、夕張メロンとか、突然食べきれないくらい大量に貰ったりしないかなあ(妄想)
間に合えばぜひとも夏を取り戻しに行きたーい。・・・・・ああ。

そんなこんなの夏を送る私たちですが、近々「キモノは別腹」を再開いたします。
また突っ込みコメントをよろしくお願いいたしますね。
これまで以上にボケボケかもしれませんけど・・・・・そのあたりは目をつぶっていただくということで、ひとつよしなに(笑)
残暑のお供に「別腹」を。もう少々お待ちくださいまし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1475-5409d809

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。