キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年5月中之島きものいち TOKYOを訪ねて1

5月初旬にひとりで出掛けたのが『2012 Spring 中之島きものいち TOKYO』。

4月に本家大阪の方にもお邪魔致しましたが、東京での催事も熱くありましたよ♪

引っ切り無しにお客様がいらっしゃるので、会場写真を撮影するのはそうそうに諦めましたが、珍しいものを見つけましたのでご紹介したいと思います。

2012年5月中之島きものいち東京を訪ねて1

この虫籠のおキモノ、少し枯れた色の紫も美しく、刺繍なども入ってとても手の込んだものなのですが、なんと麻の絽。

2012年5月中之島きものいち東京を訪ねて2

絹物以上に贅沢な感じがしませんか?
ちょっとした珍品でしょう♪
こういうものが拝見出来るのも、古着屋さんの醍醐味ですね。

2012年5月中之島きものいち東京を訪ねて3

カラスのおキモノや、茄子柄の訪問着。

夏物はやっぱり気分が上がりますねぇ・・・。

え?お持ち帰りですか?しましたとも。
夏物ですので、近いうちに着姿で登場させたいと思います。

次回中之島きものいちの開催は大阪市中央公会堂にて10月12,13日。
東京への出店も準備中とのことで、楽しみですね♪
その頃には、時間に余裕も出来ているハズ・・・。

追悼1


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

尊敬する学者さんや弁護士さんなどの死もそりゃショックですが、好きな作家さんの死もたいへんがっくりするものです。お察しします……。わたしはミヒャエルエンデ氏の死からまだ立ち直っていないというか、あああ今生きておられたらどんなに……と、何かあるごとに思い続けて、いまだに思ってしまいます。安部公房氏は死後知ったのですが、やはり、長生きしてもらいたかったひとです。それと、「ちょ、早!!しかもその死に方は!!」と、ものっそショックだったのが、鷺沢萌氏……魂の安らかなることをお祈りしつつも、何かあるたびに「この方たちが生きておいでだったらなあ」と思ってしまいます。

でもってわたしも夏物ラブです。多分モティーフや色調がはかなげなのが、こう、大変ツボなのだと思います。貧相に痩せて手足のひょろりとしたわたしが着ると幽霊じみてしまうのですが、まあ、夏に幽霊はつきものですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご活躍嬉しく拝見しております。
 
お元気でお過ごし下さい。

本格的に暑くなる前は、今夏こそっ!と気合い充分なのですが、
いざ暑くなるとメゲメゲでダメダメなんです。
今年も同じ仕儀となりそうな予感。。。(^^;
夏キモノ、着たくても着られずの悲話(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

sirokanippeさま

そうなんですよ。
まあ一ファンというか、そんなに真面目なファンとも言えないのですが、やっぱりちょっとショック。
それもこれも真面目に新聞を読まないせいですね。
すごく後からネットなどで知ってショックを受けるというパターンで。

何はともあれ、みなさまのご冥福をお祈りいたします。
長く長く本が読み継がれてゆきますように。

鍵コメントを下さったKさまへ

ブログの移転・・・考えただけでも私はぐったりしてしまいそうです。
今のブログの容量が一杯になった時に、私は対応出来ないかもしれません。涙

たりえのははさま

すっかり遅いご返事でごめんなさい。
その後、お加減は如何ですか?
お会いしたいと思いつつ、なかなか果せぬままでおりますが、少し気候が良くなった頃にでも計画を立てたいですね。
楽しみにしております。

櫻子さま

今年の夏キモノは如何でしょうか?
残念ながら私は、ここのところお家でPCと睨み合う生活を送っておりましたので、夏キモノを着ることが出来ないままできています。とりあえず脱稿したら、時間を惜しんで着るぞ~~!!と息巻いておりましたが・・・つい先日、久しぶりに日中に外に出たところ、目が潰れるかと思いました。汗
元々、紫外線に目が弱いのですが、モグラの様な生活をしていたため、それが更に進んだような・・・。
今の私は、キモノ以前に、外を歩く訓練が必要みたいです。涙

鍵コメントを下さった方へ

ご返事遅くなって申し訳ありません。
ご指摘とお気遣いありがとうございます。
なるほど、移動があったのでしょうね。
おっしゃる通りよくあることですし、関係されている方のいずれもが、間違ったことをされているわけでもありませんので、削除すると益々おかしな感じを与えてしまうのではないかと思いました。
ただ、私のタイミングがいささか悪かったことは確かですので、ご意見を反映させて店名のみひかえさせて頂くことにしました。
全てのことに目が行き届くわけではないので、こういうご意見はとても貴重です。
本当にありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1472-10ee509e

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。