キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

切手対決1

ゴールデンウィークもすっかり終わってしまいましたね。
今更ではありますが、ゴールデンウィークと言えば、みなさん何を思い浮かべられますか?

国内旅行?はたまた海外旅行?衣替え?鯉のぼり?
いろいろありますが、私たちふたりにとってゴールデンウィークと言えば、

『スタンプショウ』!!

・・・済みません、どんなに派手に叫んでも・・・地味です。苦笑

『スタンプショウ』とは、毎年ゴールデンウィークに浅草で開催される財団法人日本郵趣協会(JPS)主催のイベントです。

毎年テーマがあって、それに適した切手の展示があったり、臨時郵便局が設置されて記念印が発行されたり、外国郵政の記念印やトピカル別の切手のつどい、切手サークルの紹介、お楽しみ抽選会、オークション・・・etc、とにかく大変盛りだくさんなのですが、私達が楽しみにしているのは、専ら切手のディーラーさん巡りです。

「切手好きなんです。」
と言うと、ほとんどの方が
「いいよね♪切手。」
「子供の頃に集めてたよ」と好意的な反応を示して下さる。

しかしこれが
「スタンプショウに行くんです。」
に変わると
「切手ぇ~?好きなの??」
とおっしゃいます。

はい、好きです。

そんな誰からも愛される側面を持ちながらも、取り立てて騒ぐ必要ナシとのご意見が、今や大多数を占める切手・・・
1960年代にはグリコのおまけに付いたりなどもして、大ブームだったのに・・・。
私がこどもの頃には、まだその残り香がありました。流石にグリコには付いていませんでしたが、外国切手がオマケに付いたガムなどは売っていました。

私のコレクションの元になった切手は、叔父(母の弟)がごく若い頃(恐らく10代前半)に集めたものでした。
叔父が厭きて、私の兄の手に渡り、兄が切手を卒業して、私の物となりました。
私は未だに卒業出来ないでいます。

タイの郵政切手1タイの郵政切手2

昔はどこのデパートにも文具売場か玩具売場の横に、切手とコインのお店があったものです。
私は広島の山間部育ちですが、たまに母に連れられて広島市内のデパートへ行くと、必ずデパートの切手売場に寄って「10枚まで」とか「500円まで」と約束の範囲内で欲しい切手を選ぶのに悶絶したものです。
今は、東京都内のデパートでも、元気な切手屋さんが入っているのは新宿に1軒だけです。
10年くらい前までは、まだ数箇所に見られましたが、売れないのでしょうね・・・。

タイの郵政切手3タイの郵政切手4

しか~し、侮ることなかれ、ここ数年切手がちょっぴり熱いのです!!
ほんの数年前までは、浅草のスタンプショウの会場は、灰色の熱気に包まれておりました。
はっきり申しましょう、オジイとオッサンとオタクのお兄さんとで埋め尽くされ、婦女子の姿はほんの僅かにしか見ることは出来なかったのです。

しかし、ここ数年、明らかに若い女性が増えている!
スタンプショウの会場に、ピンクや黄色の熱気を感じるのです。
それとともに、以前はダブついていたかわいらしい切手の数が減り(売れているということです)、一部のディーラーさんは「女性向け」とか「かわいい」というファイルまで作られるほどの力の入れ様です。

最近は、下北沢あたりのお洒落な雑貨屋さんでもヨーロッパの古い切手を扱っていたり、雑誌で特集されたり、本が出たり・・・。

今のキモノブームを第3次きものブームと呼ぶと、何かで読みましたが、切手の方も第何次ブームと呼ばれるものが来ているのかも?

とはいえ、キモノ同様、たいした知識も持たぬまま、好きか嫌いかだけで長年続けている趣味ですので、私は大きなことは言えないのですが・・・苦笑。

ある時、私の切手帳をうにさに見せましたところ、瞬く間に飛び火してしまい、今ではすっかり共通の趣味となっています。
切手の奈落にはすぐに飛び込んだのよねぇ・・・(笑)

実はゴールデンウィークにはスタンプショウに行った流れで、このブログ上で5夜連続の切手対決を考えていたのですが、いざ書く段になって、地味過ぎるかしら・・・と不安になりお流れにしてしまいました。苦笑
でも、やっぱりやりたくなったので、2夜だけでもやってみたいと思います。うふっ♪

*本日掲載の切手は
1971年タイ発行の郵政の切手です。

切手ショウファッション

ワンクリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

かわいい系切手

わたくしも少し持ってます。
東欧のに、かわいいのが多い気が^^
ちょっと渋いところで、オーストリアの単色刷りのも、いいですね^^

緑川婦人さま

そういえば、以前に緑川婦人のブログにもチェコの切手が登場していたことがありましたね!
私も東欧系の切手大好きです。
チェコスロバキアはもちろんですが、ルーマニアやブルガリアなども中々に素敵です♪
賛同して頂けて嬉しい・・・。

chekoだったのか・・・

僕も持ってます、この蝶々の切手
小学校の頃はやった切手ブームで購入したんですよ
暫く切手帳見てないですがまだあるはず!
湿度で引っ付いたりしてないかな?少し不安。

しかし、今現役で切手ファンって少ないですよね
最近は僕も殆んど買うことすらないですが
こうしてみると中々に凝った意匠で綺麗です
身近なものにも美はあるんですね~

ここ数年では手塚治虫シリーズとガンダムの切手を
購入したんですが、郵便局でもらった袋に入ったままです。
久しぶりに原色日本切手図鑑でも見てみるか・・・
日本の切手も綺麗だな~
まだあるんですかネ?スタンプクラブって言う月刊誌?

若旦那さま

スタンプクラブはスタンプマガジンと名を改めて(実は、元々がスタンプマガジンだったのですが・・・)、会員制の購読誌となって生き残っていますよ。
大人になってあらためて切手帳など見直すと、ふつふつと切手熱が蘇って来ること請け合いです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/140-1088800f

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: