キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトコト、ゆるゆる、グツグツ4

さて、土鍋を育てるお話を致しましたが、ついでにこういうことになっております。

土鍋と一緒に目止め

はい、昨年手に入れた瀬戸窯の山茶碗のお世話でございます。

瀬戸窯山茶碗3

『ダメなら花瓶』と思って手に入れた山茶碗。
ぼちぼちと思い出した時に遊んでいるのですが、中々に手強くありますよ。汗

さっさと諦めて花瓶にしても良いのではありますが、そこはそれ、やりつくしませんと面白くありませんので、良いおもちゃにしているわけです。笑

古道具屋さんで言われた通りに、目の細かい耐水ペーパーで内側を磨いた後、ドキドキしながらお茶を点てた私。

瀬戸窯山茶碗初点て1

おお♪茶筅も折れず、お茶は点つ点つ♪♪

これは良い感じと、一口お茶を口に含んで、言葉に詰まります。
うにさ「どう??」
ひよさ「・・・、土器の味がする・・・。」
そして、ポタポタと水漏れがするわけではないのですが、器を置いた机の上は、じんわりと汗をかいたよう。
ダメだ・・・、このままじゃとても使えない。

瀬戸窯山茶碗初点て2

土器臭さを取るためにも、まずは目止めかな??

1度目の目止め

たっぷりの水に残りご飯を入れ、器を沈めて、グツグツグツグツ。
そのまま冷まして、よく乾かし、再びお茶を点てたところ。
おお・・・、土器の味が少し減ってるぞ♪
器の裏が汗をかくのも少しだけ緩和。

使ううちに良くなるかしら??と数回使えども、器が抹茶色に染まるばかりで、それ以上に改善される様子は見られず。
う~む、こうなったら、何回か目止めを繰り返してみよう。

2度目の目止め

今度は米のとぎ汁も加えて、グツグツグツグツ。

そんな間で知人の茶道具屋さんに意見を訊いたところ、食器にも使える目止めとカビ防止処理の出来る『水止め剤』なるものが存在するとのこと。
いよいよダメなら、使ってみるか・・・と思いつつ、土鍋と一緒に四度目の目止め。

めんどくさそうでしょう?
でもね、色々考えながら試すのが、結構楽しいんですよ♪苦笑

忘れられない土器の味


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

ぐっほ
うにささんのイラスト見て おもわず ふきだしてしまいました(笑)

手をかけてあげた お道具って いいですよね~♪
いつの日か 土器の味がしてたのよ~って 笑い話になるのを 楽しみに
がんばってくださ~い

こんにちは。
はじめまして。
ブログタイトルも妙に気に入ってしまい^^
またちょくちょく遊びに来させてくださいね♪

今お休みしてるんですけど,陶芸をやっていた時に
手びねりで土鍋を作ったんですけど、2度ぐらい使ったらヒビが入ってしまい
↑同じ方法で修復しようと頑張りました。
ところが、ヒビはドンドン広がって大変なことに…
どうも成形の段階で空気が入っていた模様。

仕方がないので、再度挑戦!(フタは使えるので本体のみ)
今度は細心の注意を払って作りました。
ところが、またまた同じ結果に~(T_T)
おかゆでも太刀打ちできず(号泣)

3度目は先生が「かわいそすぐる」と言ってろくろでひいてくれました。
だから、今の土鍋はフタのみ自作。。。
今度はヒビも入らず、働いてくれております。

陶芸、向いてないってことか。。。(凹む)

竜誠のははさま

本当に、本当に「土器の味」でしたよ!
お抹茶の味の底から湧き出すようなワイルドな風味。風味っていうか土器そのもの(笑)
その後、いくぶんマイルドになってきました。ワイルドな土器味のマイルド風味。
これだけ現代食器の概念から逸脱した茶碗に、努力を惜しまない相方はスゴイなと思います。
この茶碗はわが家の付喪神候補ですね(笑)

一心さま

はじめまして!猫帽子のほうです。
返信遅くなってしまってスミマセン!
気に入っていただき嬉しいです。
タイトルはキモノですが、キモノから脱線気味のブログです(笑)
お時間ありましたら時々のぞいてみてくださいねー。お待ちしております。

櫻子さま

自分でひねった土鍋・・・魅惑的ですねぇ。e-266
例え、フタだけでも素敵と思います。

とりあえず、私の土鍋の方は、ヒビが入った後に1回お粥をしただけでは塞がらなかったのですが、2回目で塞がり復活しました。
・・・で、あくまでもシロウトの私の感想ですが、どうもお粥を入れて放置しておく時間もさることながら、お粥を出した後の乾燥時間の方にポイントがあるような気が・・・。

お粥を入れて48時間→出して洗って乾燥2日・・・では塞がらなかったのですが、
お粥を入れて48時間→出して洗って乾燥1週間・・・ではきっちり塞がったのです。

櫻子さんの土鍋、再生出来るといいのになぁ・・・。
そして、陶芸面白そう・・・。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1387-199eab28

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。