キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履物騒動10

さて、神保町の大和屋履物店を訪ねた日のこと、残念ながらランチはご一緒出来なかったのですが、お仕事中のやっぴーさんに出て来て頂いて、交差点で逢引。(済みません、急にお呼びたてして・・・。)

前回お会いした際のお礼にと大福を持って待ち伏せしておりましたところ、なんとやっぴーさんの手にも大福が!!
神保町交差点での思いも寄らぬ大福交換は、大福版カードゲームみたいでかなり面白かったです。笑

頂いたのは、亀澤堂さんの『大豆の豆大福』と

亀澤堂大豆の豆大福

期間限定品の『新栗どらやき』。

亀澤堂新栗どらやき

あっさりした大豆大福と、明らかに新栗の味がするどらやき、美味しうございました♪(きっと走って求めて来て下さったのですよね。ありがとうございます~!!)

ちなみに、私達からの大福は正庵さんの『あんず大福』と『黒豆しお大福』でありました。

正庵あんず大福と黒豆しお大福

やっぴーさま!先日、大阪でお会いしましたが、次回はまた神保町で!!笑

結果的にオモシロイことに


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

雪下駄?

あれ?たしか前出の新潟の履物屋さんが作っていたような…
http://www2.ocn.ne.jp/~getaya/
やっぱり作っていました↑
し、しかし…とんでもなく高価なお品ですが…これなんでしょうか?(^_^;)
ど、どこの部分がこんな値段になっているのかわかりません…これ買うのなら
同サイトにある山葡萄の蔓を編んだ表を横柾の通った千両に載せた下駄を発注するなぁ(苦笑)
ちなみにここのお店の方は、かなりの確率で全国の物産展に出店していて、なかなか連絡が着きません。私がこのお店を知ったのも、藤沢の百貨店に出店していたところに偶然出会ったのでした。いろいろ話をしたら、台から作るって伺ったので記憶にとどめておいた次第です。(名刺も頂いた。)
今回、小足駄と利休を注文したのは、これまた偶然で、新潟下駄総踊りの踊り下駄が欲しくて(踊りません、普段履き用途です!)販売サイトに問い合わせたら、やはり台から好きな大きさで作ることが可能、製造元に直接問い合わせるよう言われ、調べたらいつか百貨店で話した履物屋さんだったという。

おいしそうですね^^

両方とも おいしそうな大福ですね^^
都会は やっぱ 上品な大福なんだ・・・・と  息子もよこで ボソ
いつも食べてるのより おおきさ半分だよね~と話していたら

「学校帰り いつもの大福まだ 売ってたら 買ってこようか?」と
「おぉ~!! なんて やさしい息子なんだ!!」とおもったのもつかのま・・

右手が出てました・・・ お金ね・・・ やっぱりこんなおちだろうと思いましたよ・・・
一瞬でもいいのでうれしかったから よしとしときますww

ちなみに いつも買ってくる大福は くるみ大福 人気で売り切れてるのがおおいですが
 とっても おいしいですよ 

PS・息子は うにささんのべつばらサイトやイラストが大好きとのこと イラストのなかのひよささんを見ては「おかんのようだ・・・」と(笑)

グフッ

ピンポンダッシュ、子供の頃やりましたなー
ありゃ? そういう話じゃなくて?

あはは♪

その節はゴチでしたん♪
杏大福は懐かしかったし、黒豆のはお初でおいしかったです。
亀澤堂さんのは、アンコがスッキリしてるんですよ~。
(酒飲み向きです…笑)
それにしても、みごとに一ひねりの豆大福合戦でしたねえ。
普通の赤エンドウ豆のが一個も無い(笑)

fuuさま

お勧めの新潟の履物屋さんのサイト拝見致しました。
ホントだぁ~、雪下駄がひっそりと作られているのですね。
高価な理由はオットセイの毛が付いているからだと思います。

私が欲しいと思っていたのはコチラ↓
http://www.e-gangi.com/yukigeta/index.htm
今はお亡くなりになられた竹田亀治さんの塗りの雪下駄でした。
高田出身の友人から紹介されて、よし!!と決心がついて連絡してみようと思い立った時が、廃業されて3ヶ月程経った時のことでした。
数年後に亡くなられて、使っていらした道具類を博物館かどこかに寄贈されるとかされないとかのお話がネット上でも出ておりましたが、その後、雪下駄はもう作られてないものと思っておりましたので、頂いたコメントで少し嬉しくなりました。
友人曰く、雪の多い土地では、二枚歯の下駄は雪から抜けなくなるので、歯が1枚なのだそうですよ。

新潟の履物屋さんが東京の催事に来られるのを狙って、色々とお訊ね出来る機会があるといいなぁ・・・。
私はオットセイでなくとも、フェイクで良いのですが、塗下駄が希望です。笑

竜誠のははさま

よく出来た息子さんだ!
右手が出たとしてもいいじゃないですか、心根が優しいですよ。

別パラ、息子さんにもご愛読いただき嬉しいです。
何か不健全なことを描いてなかったかいささか心配です(笑)
今後も若い読者に留意せず描きますので、親御さんフィルターを通してご覧ください(笑)

確かに東京の大福は小さめかもしれませんね。
実家の方の和菓子屋さんの大福は、もっとどーんとしているような気がします。
なにゆえでしょうね・・・・・今度考察してみます。

櫻子さま

(笑)!ピンポンダッシュされてましたか!
最近の子どももそういうのをやるんでしょうか。
うちの甥や姪を見ていると、ちっともそんな気配がありません。
今考えると何が面白かったのかわかりませんが・・・・・・やらないと思うと何やら寂しいような。
まあ、うちに子どもがピンポンダッシュしに来たら怒りますけどね。大人って勝手です(笑)

やっぴーさま

こちらこそ~♪ごちそうさまでした!
亀澤堂さんの餡はほんとにサッパリスッキリですね。美味しかった。
では今度は正調大福合戦でいきますか。あっ、手札が何もないので一年くらい待って!(笑)

竜誠のははの息子さんの竜誠さんへ

東京のお母ちゃんやで~~e-51

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1348-b79c63bc

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。