FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

キジモモアリゴシ3

さて、曲げに失敗した1本目の茶杓作り
立て続けに凹むのは仕事にも障りがありそうな気が致しましたので、2本目はあらかじめ曲げてある竹を使いました。

そうです、一昨年の暮に京都で求めていた茶杓用の竹材です。
これならば、曲げ以外のところに集中出来る!!
1本目で果たせなかった節裏の『雉子股』や『蟻腰』、幅広で兜巾(ときん)型の露先、試したいことはいくつもあります。

理想通りには行きませんが、どうにかこうにか形に仕上げて、ひと安心。

2本目の茶杓1

・・・と思えると思っておりましたが、甘かった。

2本目の茶杓3

曲げを自分でやったものではないという事実が、何だか重くのしかかるのです。

2本目の茶杓2

多分、曲げの作業が出来た上でなら、それなりの満足感も得られたのでしょうが、克服出来ない感じが、克服出来ない。
あぁ・・・、我ながら面倒臭い性質。苦笑

そんなわけで、タリエちゃんから譲ってもらった煤竹を使って、3本目の茶杓作りに挑む私。

私ごときが練習用に煤竹を使うとはなんと勿体無い・・・と思われる方もいらっしゃるやもしれませんが、本人、大失敗の1本目から大真面目に成功させるつもりで作っているのですから迷いはありません。

しかし、よく乾燥した煤竹は、青竹よりも硬く、更に難攻。
曲げる位置はそれ程狂わなかったのですが、浅い曲りの上に背中にヒビ。涙

3本目の茶杓1

露先こそ1本目より太くはなりましたが、煤竹の硬さを味わっているうちに、節下を細く細くしたい気持ちになってしまい、またしても異形な茶杓。

3本目の茶杓2

しかし・・・曲げ、難しいです。
多分、曲がることをきれいに思い描ける様になった時に、ひょいと曲がるのだろうと思うのですが、そこに辿り着くのが難しい。

立て続けに3本作った後、ゆるやかに4本目と5本目に着手している私。
長い闘いになりそうです。

ちなみに、作った茶杓は、名ナシのまま、しっかりお稽古の時に使っております。
不出来であっても、作ったものはそれなりに愛おしい。

途中でタクシーに乗っちゃったみたいな


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

茶杓作りがこんなに奥深いものだとは!
曲がらないのか!竹
てことは、ざるや籠なんかは素人の手に負えるものではない訳ですね。

あっくまさま

いやはや本当に、作ってみてその奥深さが身に沁みた感じでしたよ。
未だ、竹に言うことを聞いてもらえないでいる私です。涙

恐らくですが・・・、曲げに関しては、ザルや駕籠の方が竹が細く割いてある分、茶杓よりは調整が可能かと・・・。

お茶杓でなくても匙でも良いので、是非一度チャレンジしてみて下さいまし!!
難関ですが、気持ちを集中出来る楽しい作業ですよ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1218-f2df80e4

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: