キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

謎の裂織-その1

久留米絣5

さてさて、このキモノに合わせている帯、そうです、新たな謎の裂織の帯です。

以前に登場した2本の裂織の帯のことを覚えていらっしゃるでしょうか?
1本は私、もう1本はロミちゃんが締めていました。ロミちゃんは共の裂織のバッグも提げていましたね。(詳しくは『鼻緒のオーダーメイド3』と『鼻緒のオーダーメイド4』でご覧下さい。)

3本目が出てきたところで、そろそろ正体を明かしましょう。
実は、このれらの謎の裂織の帯、最近このブログにちょくちょくコメントを上げている父ひろしの手によるものです。苦笑

ロミちゃんの裂織の帯ロミちゃんの裂織帯とバッグ

ロミちゃんのは、古いウールのキモノ2枚を使って、長めの半幅帯1本と、おそろいの鞄をひとつ。

裂織帯1号2

前回私が締めていたこちらの帯は、元が何だったかは解りませんが(苦笑)、縦糸に毛糸が使ってあります。おかげで冬はとても暖か。(夏には絶対に締められませんけど・・・。)

老人の暇つぶしにしては、中々のものでしょう(笑)
プロではないので、その辺り、差し引きして見てやって下さいませ。

実は、本人、織物に関心があるわけではないのです。
彼の関心があるのは、むしろ機の方。

そもそもは、今年数えで100歳を迎える祖母が毛糸を編めなくなって、たくさんの毛糸が余っていたことがスタートでした。
編めなくなったものが山積みになっているのは、忍びなく、棄てるわけにもいかないので、父ひろしは指編みを始めました。それにはそうそうに厭きてしまったようですが、どうせなら、ザクザク糸を消費出来る方がいいとでも思ったのでしょうか?父の関心は機へと移行します。

ネットで、機の構造を調べ、1台目に着手!
しかし、材料をわざわざ買うのは嫌なので、全て何かの端材から作り上げました。(クリーニング店で貰う針金ハンガー等も使われていたような・・・。)

早速それを使って、織ったものは、幅20cm×長さ30cmくらいのもの。
嬉しそうに私に送ってくれたのですが、娘は口さがないものです。

「この大きさじゃぁ、何にも使えない・・・。」

即、1台目の機は取り壊され、2台目に着手。

ひろしの機

この写真の機は、いったい何号機なのやら・・・?(確か去年の春の時点で、6台目が出来てました。)
ここ3年くらいは、この趣味が続いています。
離れて暮らしておりますので、詳しくは解らないのですが、北欧風とか何とか、いろいろ機の構造を調べては作り、織って、壊す・・・を繰り返しているようです。(ひろしは中々のチャレンジャーです。)

久留米絣6

ひよ父ひろし

ワンクリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

お父さま、ステキ!

機から自作して織物をするなんて、器用な上にすごいです!

裂織の帯、ステキですね。ワタシも欲しいなあ……

おとうさま・・・

お父様、すばらしい!
ウチの父もコンピューターと地球外生命体が大好きな父でした。

ワタシも実は織機に関心があり、オークションで出されているものに
クリックしそうになって「置く場所がないでしょーが」と諌められています。
せめて気分だけでも、、、と週末結城紬で織物体験してこようとおもいます~。

もう一度、声を大にして。ヒロシ御父様ステキ~♪♪♪

お気に入りです

以前、ひよさがしめている帯があんまりステキだったので、
いいな〜いいな〜いいな〜と言っていたら願いがかないました!
ひろしお父さまがブログのコメント欄に参入されてから
ずっとお礼コメントを入れたいと思っていましたが、
ブログにこのネタがあがるまでは待たねば・・・と思い待っていました。
ひろしお父さま、冬の間中、愛用させていただいてました!
暖かいし、すべらないのでしめやすいんです。
思いがけずお揃いのバッグまで作っていただいてお洒落度もアップ!
周囲の方々にもよく誉められます。
「友人のお父さんに作ってもらった」と言うとかなり驚かれます(笑)
本当にありがとうございました!

イラストにコメントてれちゃうね。。。
後記高齢者の器用貧乏、器用貧乏。

誤字めんぼくない。後記→後期

みなさま

父ひろしの手遊びを誉めて頂き、ありがとうございます。
ひろしも恐縮しております。

お父さん、よかったね~~~。
今後も頑張るように!笑

すみません

又勝手にトラックバックさせていただきます
ひろしさん  有難うございます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/121-ef310d4c

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: