キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行2008-食道楽の巻・その3

まずは待望の『おもちや箱』

おもちや箱1おもちや箱2

わ~楽しい。
生湯葉とウニ、ホタルイカの酢味噌和え、近江の赤こんにゃく、鯛の押し寿司の木の芽添え等々・・・。

おもちや箱3おもちや箱4

こちらのおもちや箱はその時々で内容が変わるのだそうです。
おいしい前菜がちょっとずつ入っていて、目にも楽しい。(食べたらもっと楽しい・・・)

おや?お餅の姿が見られませんね?お餅づくしというわけではないようです。

正直ホッとしました。
私は小学生の時、朝ご飯にお餅を12個食べた記憶(記録)がありますが、それを上まわるようなことになるのではないかと内心おびえていたのです。

後で頂いたカードには
「もちづくしの献立は腹モチが良すぎて致しておりませんが、いろいろなお料理に2~3品を組み入れて、もちつもたれつのお献立になります。」とのこと。
楽しみながらお餅を頂ける構成になっているようです。

次は先代の女将さんの頃からあるこちらの名物料理『たらこもち』。

たらこもち

トロットロのお餅にたらこがからんで美味し~い!
ほんのちょっとの卵黄でたらこがのばしてあるのがポイントなのだそうです。

もち料理4

次のお皿は『牛肉のお刺身』。

牛肉のお刺身


『焼き餅入りの鯛の温麵』。

鯛の温麺

出汁が効いてて美味い!

『鰈と春野菜のクリーム煮』の中には黒餅が入っています。

鰈と春野菜のクリーム煮


ご飯物を前にして、せっかくだから、もう1品くらいお餅料理を食べたいとお願いしたのがこちらの『じゃこ餅』。

じゃこもち

カリッカリのおじゃことモッチモッチのお餅の触感が絶妙です。

最後に『凌ぎめし』(写真を撮りそこねてしまいました。)と『お豆腐のムース』

お豆腐のムース

あ~、10年間憧れ続けた甲斐があった!

もち料理5

しかし、こちらの『きた村』さん、お料理に勝るとも劣らずに堪能させて頂いたのはお話です。
女将さんやお給仕をして下さるお姉さんが気さくで本当にお話がお上手。
一番遅い時間で予約をお願いした上にカウンターだったので、随分遊んで頂きました。
このお話が聞けないのはもったいない!
絶対的にカウンターがお勧めのお店です。

こちらのお店のお餅の由来を伺ったところ、先代の女将さん(現在の大将のお母様)が、お餅でもちょっと焼いて出すようなお店でも・・・と始められたのだそうですが、ちょっと焼いて出せるようなそのお餅とは、旦那さま(先代の女将さんの)大好物だったのだそうです。なんだかちょっと微笑ましいですね。

最後にはちょっとしたお店の宝物も拝見させて頂いて、大大大満足な私達でした。

たかだか3泊4日の話に長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。
今回の京都旅行のお話はこれでオシマイ。(ほっと胸を撫で下ろされている方もいらっしゃるでしょう。私は撫で下ろしております。)
お腹も満腹、別腹も満腹で、本当に楽しい旅行でした。
ありがとう京都!また会う日まで!!
最後は『きた村』さんで頂いた『凌ぎめし』の器の底の写真で京都にお別れいたしましょう。

凌ぎ飯茶碗

お後がよろしいようで・・・。
長い京都ネタ

ワンクリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

はじめまして

ぶにさんのブログからやってきました。
京都を堪能されたみたいですね、うらやましいです!!!
『おもちや箱』すっごく素敵です。
見ているだけでも、目に美味しい♪
ひとつひとつのお料理も器も、とても美しいですね。
ぜひぜひ、いつか行ってみたいです。
私も普段、着物で暮らしています。
フリーでグラフィックデザインとイラストをやってますので
ひよささんに、とっても親近感♪
また、遊びに来させていただきますね。
ご挨拶の応援ぽちぽち、していきます。

楽しみが色々あってほんとに良かったね。
体重の増加が気にならなかったかな?
もう2~3時間、足を延ばせば懐かしの古里なのに・・・
手作り餃子が待ってるぞ。

京都ってなんだか敷居が高いような気がして敬遠していたんですが、おふたりのレポートがものすごく楽しそうなので行ってみたくなりました。
「ながら」で行ってみようかな(笑)

comichikoさま

はじめまして、いらっしゃいまし。
ぶにさんのお友達さんですね。いつもぶにさんにはお世話になってます。笑
『きた村』是非行ってらして下さい。カウンターですよカウンター!
comichikoさんのところにも遊びに行かせて頂きますね!
楽しみ♪

ひろしお父様へ

本当にね~楽しかったよ。
お父さんと京都に行ったのは、私が小学校に上がった頃だったかしらね?
清水寺でかき氷を食べたのをよく覚えてるワ。
頭の中で一寸法師の歌が流れていたことも・・・。

こだまさま

是非是非『ながら』で!笑
夜行列車なので、若い男性ばかりかと思っていたのですが、意外にも女性ひとりとか、結構なお年の方も多く、びっくりしました。
シートもリクライニングが付いてて、中々快適でした!
京都は・・・敷居の高いところはもちろんありますが、学生が多い街、また観光地でもあるので、私達のように、お気楽な旅行者にも十分楽しいところですよ。
旅行に行かれたら、楽しいお話でも聞かせて下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/119-05062355

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。