キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお休みします

突然の天災で、辛い思いをされている方や、ご家族やご友人の消息を案じていらっしゃる方も多いことと思います。

ご心配下さった方々、ありがとうございます。
私達はふたりとも、大きな被害にも合わず無事にしております。

災害の大きさにショックも受け、まだまだ余談を許さない状況の中で、今、私達の暢気なブログを書き続けることは、少し困難に感じています。

つきましては、しばらくの間ブログはお休みさせて頂きたいと思います。

いつも愉しみに見に来て下さっている方々、ごめんなさい。

落ち着きましたら、必ず復活いたしますので、しばしお待ち下さいまし。

ひよさ&うにさ

コメント

心配しました

無事で何より…。気持ちは解ります。私も見ていて涙が出てきます。命があればと言いますが、あの悲惨な状態を見てしまうと自分は生きて行けるかとも思ってしまいます(;_;)。町が無くなって人も亡くなって…、現実に起こった話に茫然としました。今までは他国の話と人事みたいに…。"自然は怖い"の一言ですね。どんなに科学や技術が発達しても、予測がつかないのが自然の怖さです。早く被災の町が再建され人々の生活が落ち着く事を願っています。
それまではお二人の楽しいお話もお預けですね(>_<)。でも、始まるのが楽しみです。始めるまでにた~っぷり話を貯めて(?)置いてください(笑)。待ってま~す(;∇;)/~~

ご無事で

何より。お知らせしてくださってありがとうございます。

和裁の野田さん

ご無事だそうです。

丁度この日曜到着でお仕立てをお願いしており、先ほどご連絡がありました。
ご存知かもしれないと思いましたが、ご連絡まで。

ご無事で何より

実家が東北です。向こうではまったく情報がない状態でした
実家の弟がやっとメールしたきた文が「九州は大丈夫?」でした
昨日電気が復旧してTVを見ても自分のいる所だと実感がなく
日本すべてがそうなったかのように思ってたらしいです。
復旧したのはよかったけれど情報が入る度に絶望的な雰囲気になっていくそうです。
思いつめる時間だけはあるから何か明るい話題がほしい、
親のそばからは離れないけれど
こんなときでも たいくつー と遊び始める子供たちだけが
その笑い声が 弟の避難所では救いだ、
子供がいるから思いつめないで先を考えられる
小さな避難所なので団結してるけれど
思いつめてイラつく人も出てきはじめた、
人災がおきるのが何より怖い、
そういったメールがきました。

自分にできる事を探しています。
落ち着いたら
またかわいいイラスト、生活の知恵、着物のお話
載せて下さい
今はまだ連絡がとれていない友人がこちらの大ファンなのです。
友達の幼子はこちらのお二人の似顔絵が大好きで
園バッグにつけてくれと騒いだ事もあったんですよ
まだ配達も復旧していないけれど、印刷して送りたいです







避難所の弟と昨夜ようやく連絡がとれました
「九州は大丈夫?」って。泣けました
昨夜やっと電気が復旧してTVを見たそうです。
情報がとにかくない、と。

無事を知らせると
今無事で、安全な所なら、
いつもどおり元気にしていてくれれば、
それがぶっちゃけ一番ありがたい、
これ以上心配増やさないでくれよ(笑)
欲しいのは情報だな
災害ニュースだけでなく
経験者の知恵を放送してほしいし
(断水中だから
より短時間で水をきれいにする方法や
毛布もカイロもない所で暖をとる方法)
子供向けの
いつもの番組も放送してほしい、
すべてが惨状だけじゃない
無事な地域があると
そう感じることがどれだけほっとするか
現にこんな状況でも
子供たちは遊んでるんだよ
その声と笑顔で絶望してたばあちゃんが笑うんだよ
子供の前だ、って気を張れるんだよ

逆に励まされちゃった
それは何かわかる気もします。
だって、こちらで 無事 だという記事を読んで
ホッとしましたもの
無事でいてくれてありがとうございます。

お二人に何も無くてよかったです。
私の母の実家は町田なので、その辺りの地名が出たときは
びっくりしましたけど、大きな災害は無かったようですね?

阪神大震災の記憶がよみがえります。
私は当時、大阪、京都で両親と離れて生活していたのですが
1ヶ月くらい余震が続き、不安と疲れに包まれていました。
皆、寝不足で電車ではけんかがおこるし。。辛かったです。
あれ以上の被災をされた方々の、せっぱつまった感覚を思うと
とても重苦しいです。
なんとかならないものか。。せめてお天気だけでも味方して!と
ニュースに見入り涙が出ます。
早く早く、支援の手が届きますように、と祈るばかりです。

お二人ともご無事で何よりでした。
こちらも当日歩いて職場から帰宅した程度で、大丈夫でした。
でもニュースや色々な情報を見る度、言い知れぬ不安を感じます。
被害を受けなかったのに、不安定な気持ちになるのは何故なのでしょうか?
日々、自分を奮い立たせるので精一杯なのです。
被災された方々に、1日も早く平穏な日々が訪れます様、祈りつつ。
また、お会いしましょう。

まかさんのコメントに心が打たれました。

こちらの震災のとき、小さかった息子は普通どおり泣いたり笑ったりしていました。
父親は勤務先の西宮に出かけたきり一週間戻れませんでしたが、
自分たちの生活を一生懸命続けることしかできませんでした。

たぶん、今もそうです。
冷静に、きちんと生きていたいと思います。

梅梅さま

ご心配いただきありがとうございました。
ようやくブログを復活させようという気持ちになってきました。
こんな時こそ日常生活を・・・・と思いつつ、なかなか踏ん切りがつかず、お返事が遅くなってしまってすみませんでした。

またいつも通りにぼちぼちと更新していくつもりですので、またお立ち寄りくださいね!
よろしくお願いいたします。

のりよさま

ご心配いただきありがとうございました!
お返事がすっかり遅くなってしまってすみません。

のりよさんは地震の影響はなかったでしょうか。
ご無事で日常生活を送ってらっしゃることを願っております。
ブログ、ぼちぼちと再スタートしようと思っていますので、またコメントなどいただけると嬉しいです。

のの吉さま

ご返事遅くなり申し訳ありませんでした。
ありがとうございます。

野田さん、私も心配で震災後すぐに連絡を取りました。
しばらくの間は、停電とガソリン不足でとてもお困りのようでしたが、力強く話されていて、逆に関東方面の原発のことを心配して頂き、励まされましたよ。

青森に桜が咲くのも、もうそろそろですね。

まかさま

コメントのお返事がすっかり遅くなってしまってすみませんでした。
その後、弟さんご一家、ご友人の方たちはいかがされているでしょうか。
無事にこの局面を乗り切っていらっしゃるよう、こころよりお祈りしております。

ご友人のお子さんたち、うちのイラストが気に入ってくださっているとのことで、とっても嬉しく思います。
私たちの描く絵がそのお子さんたちの励ましになるのであれば、喜んで送らせていただきますので、メールにてご連絡くださいね。

この1ヶ月間、何かイラストで復興支援ができないものかと、さんざん頭を捻ったのですが、チャリティーをやるにももとで以上に資金を増やす算段がつかず、結局もとで相当の金額を募金するに留めました。
もっと力があったらなあと、無念です。

被災地や被災地から避難しいてる方々には、これから長い支援と助力が必要だと思います。
日常生活を続けつつ、時々支援に繋がる情報を流して行こうと思っています。

まかさんご自身は地震や余震の影響はなかったでしょうか?
落ち着かない日々がまだ続いており、不安な思いをされているのではないかと思います。
ちょっとでも笑ってもらえるブログを目指しますので、また読みに来ていただけると嬉しいです。
ガンバロー!

ぶにさま

お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
ご心配いただいてとっても嬉しかったです!

東京西部は、当初は停電や水の問題などでだいぶ混乱もあったように見えました。
でも思ったよりも落ち着きを取り戻すのも早かったような気がします。

大きな災害があった時には、被災地、被災地周辺、さらにその外側、諸外国と、各地で気持ちに差ができてしまいますよね。
東京に居る私たちに何ができるのか、こういう時こそブログを続けるべきなんじゃないか、等々考えました。
でも、その気持ちの温度差にうまく対応できるようなブログをやっていくのは難しいなと思い、しばらくお休みしておりました。

ようやく日常ブログを再開できる気持ちになりました。
また読みにきてくださいね!
気持ちには温度差があるとして、それでも皆さんと笑えるようにありたいと思います。
頑張りましょう!!

惠漣さま

ご返事大変遅くなりました。
震災後、いろいろな人から無事の知らせを受ける度に、胸を撫でおろす日々が続きました。
惠漣さんからのご連絡も嬉しかったです。

未だ余震もおさまらず、落ち着かない日々が続きますが、とりあえず・・・笑いましょう!
惠漣さんはお仕事柄、今回の震災ニュースの中で心を締め付けられる様な場面も多いのではないかと思います。
頭の先から足の先まで、時々弛緩させて下さいまし。
私も、ニュースに見入っていると、脳みそが痺れるんじゃないかと思う瞬間がありますよ。

またお会いしましょう!
ちなみに、お酒に強くない私達は、現在、東北地方の物産で私達が消費出来そうなものを探索中です!!笑

るっこら・ちーさま

ご返事遅くなり申し訳ありませんでした。
そして、メールもありがとうございました。

私達がブログを休止している中、まかさんのコメントをブログで紹介して下さったことにも御礼申上げます。

愛すべき日常に向かって、出来ることをひとつづつ丁寧に進めて行きたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1173-e6819112

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。