キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テオ・ヤンセン展へ2

さて、テオ・ヤンセン展の続きのお話。

2011年2月テオ・ヤンセン展9

最新作のストランドビーストが新しく手に入れた機能とは?(テオ・ヤンセン的には生物の進化ということになってます。)



映像の中で男性の手がヒョイと触った紐の様なチューブ。(画面向かって右側、作品の横にタラリと垂れ下がったチューブ。)

これが水に触れると、歩行は止まり、逆向きに動き出すことが出来るのだそうです。

つまり、砂浜で暮らしながらも水が苦手なストランドビーストが、溺れることを自分で回避することが出来るようになった・・・ということです。

既にそれ以前の作品で、進行方向に付けた触覚で障害物を感知すれば、歩行を折り返すことは出来ていましたが、新たなる進化の一歩です。

反対側から見た映像。



会期中は毎正時にデモンストレーションが行われておりましたので、2回も見ちゃいましたよ。笑

会場内には、手動で動かせる作品も。

2011年2月テオ・ヤンセン展11

予想よりは軽いかも。(片手で十分動きます。)

大変興味深く拝見した展覧会でしたが、残念ながら展覧会としては星1つくらいだったかなぁ・・・。(あくまでも個人的な見解です。)

2011年2月テオ・ヤンセン展5

本来砂浜を歩くべく作られた作品の脚は、展示会場の床とは相性が悪く見えましたし(歩き難そうでした。苦笑)、連続した動きを思い起こさせるにはあまりにも稼動範囲が狭過ぎるように思いました。

当然、室内ですから動力になる風も無いわけで(会場ではコンプレッサーを使って動かされておりました。)、作品が自立的に動くことも叶いません。

美術館ではなく、日本科学未来館での展示であるならば、いっそのこと無理せず構造展示と映像だけにして、もっと視点の異なる展示が作れたのでは??・・・と惜しく思ったのでありました。

2011年2月テオ・ヤンセン展6

本物の稼動展示は、高知の砂浜美術館あたりで、見たいです。笑

余談ですが・・・、うにさへのお土産に購入したDVDに収録されていた、テオ・ヤンセンの若かりし日のお騒がせぶりには、おおいに笑わされましたよ。

遠くから見守りたい


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

ラブリー

カワイイよねえ…
私は今回は行けなかったけど日比谷でみたときに
チキチキぷしゅぷしゅ言いながら歩いてきて
ガッスガッスと杭打ちする姿にきゅんきゅんしたよ。
ドローイングも結構好き。
大人の科学の付録は
なんだかもったいなくて未開封。

砂浜美術館、初めて知った。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

たりえさま

『大人の科学』手に入れたのね・・・。笑
桜が咲いたら、あの河川敷で動かしてみようよう!!
外でやりたい、外で!!

鍵コメントを下さったAさま

やはりAさんも同じご意見でしたか。
作品自体は面白かったのですケドね、企画や見せ方って大事ですよね。
学芸員さん!もうひと頑張り!!といったところでしょうか。笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1162-e26348c8

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。