キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪回想録3

さて、建御名方命(たけみなかたのみこと)と言えば、国譲り神話です。

例によって、ざっくりとまとめれば・・・

高天原(たかまがはら)に住んでいる神様達が、出雲を支配していた大国主命(おおくにぬしのみこと)に、葦原中国(あしはらのなかつくに→日本)も「天照大神(あまてらすおおみかみ)の子孫が統治するべきだ!」と、いちゃもんを付けたことから事件は始まります。

大国主命は
「長男がいいって言うなら、僕は反対しないよ~。」
「次男にも聞いてみないとねぇ・・・。」と、のらりくらりとした返事をします。

結果、長男はあっさり承諾。

腕に覚えのあった次男の方は、一旦は抵抗してみたものの、相手の神様はめっぽう強かった!!
科野国(しなののくに)の州羽海(すわのうみ)まで逃げたところで、「ゼ~ッタイ、ここから出ないから、許して!!」と頼み込んで、次男はその地に留まることとなり、葦原中国は大国主命から高天原の神様に譲られた・・・というお話。

・・・で、このお話の次男坊が、諏訪大社のご祭神のひとりである建御名方命であります。

この話だけ聞くと弱そうな神様に思えますが、建御名方命さんは、日本の神様では三本の指に入る強い神様です。

水仙1

小学生の頃、『古事記』を夢中になって読みました。
中でもこの国譲り神話は、とても記憶に残る物語でした。

そして、いつしか私の頭の中では、建御名方命さんは、追われて諏訪に閉じこもっている神様ではなく、東の果て(出雲や私が住んでいた広島から見ると)を警護するために置かれた神様であるとの認識に変換され、諏訪大社は訪ねてみたい場所のひとつになっておりました。

大人になって古事記を読み返した時、自分の頭の中にあったお話と、物語の間に差が出ていることを、とても興味深く思ったものです。

ざっくりざっくり、掻い摘んだお話。(詳細が面白いのにぃ・・・。苦笑)

古事記国ゆずり1


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

古事記!

私は日本史や文学史などおべんきょーしなかったのであまり古事記には詳しくないのですが、先日近所で行われた「関大笑い講」というイベントに行き、生まれて初めて観る”石見神楽”に感動しました。

”恵比寿”という演目に出てきた釣り好きのコトシロヌシも確かオオクニヌシの息子だったような…そして、”岩戸”はまさに<アマテラスの憂鬱>てなお話だし、メインの”大蛇”はご存じスサノオの八岐大蛇退治の話。大学ホールの小さなステージだったのですが、次々登場するオロチたち、悪いヤツなのにどこかユーモラスで、ほんと楽しめました。いつか本場で観る機会があればなあ、とおっちゃんと話して帰りました。

おっと、ミコトつながりが嬉しくてついつい語ってしまいました!このあとのお祭りのお話、楽しみにしていま~す。


るっこらさま

石見神楽を拝見されたのですね♪
東京に住んでいると、神楽を見る機会はほぼゼロなのですが、広島に帰省すると、色んなところで『神楽がやって来る!!』的なポスターを目にするんですよ。苦笑

あまりにも、ちょくちょく目にするので、スルーしてしまうことが多かったのですが、一昨年、久しぶりに見た神楽に心惹かれて、軽く火が付いている私です。

是非本場へ!!(私も・・・。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1127-7dc44ec3

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。