fc2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                    

京都旅行2008-キモノ屋行脚の巻・その5

この袋物は、以前にもご紹介した通り、この金具で下の籠部分(内側は鏡も付いた化粧入れ)とつながっています。

(珍品の袋物についての詳細は『三重からの珍品その1その2その3』をご覧下さい)

修復したい袋物4

籠部分にも金具にも傷みはありません。
傷みがあるのは上部の布部分だけ。
ところが布を張り替えるにはどうしても金具を外さなければならないのです。

修復したい袋物5修復したい袋物6

しかし、この金具を留めてある細い釘のようなものは、内側でつぶしてあるので容易に抜くことが出来ないのです。
金具を壊して外したとしても、代わりの金具がありませんし、元よりこの金具にこそ価値があるのですから、壊しては意味がありません。
では傷んでいる布の上から新しい布を張るのはどうか?

修復したい袋物7

これもNoです。本来の布には全く強度がありません。
補強をしたところで、底から布を回してしっかりとくるんで布を留めないのであれば、袋の中に物を入れた時に、ものの重みで布は裂けて籠から下が落ちてしまうでしょう。
表面的な補強だけでは袋物としての機能を再生することが出来ません。

底に布を回すには、どうしても金具を外すことが必要なのです。

金具の代わりはなく、金具の扱いは袋物屋さんの仕事の範疇には入らないので断られるのも無理はありません。

そんなこんなで予定していた袋物の修繕は頓挫し、前日までは持ち歩いていた袋物の現物も『正尚堂』さんをお訪ねした時には、ひとまずは諦めて宿に置いてきていたのです。

正尚堂2

うにさが言わんとしたのは、ここ『正尚堂』さんのような古物を扱われるお店であるならば、何かよいお知恵を拝借出来るかもしれない、ということでした。

正尚堂さん3

ワンクリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

最終案

もしも修繕してくださるところがみつからなかったら・・・
金具部は、ひよささんご自身で!という方法を想像してみました。

釘の頭をつぶしてあるの(リベット)を、つぶしてある側からドリルで穴を開けて金具を外し、(布部の修繕が完了後)その穴の径と同じ太さの軸のリベット(ホームセンターなどで売っています)でかしめる。

穴を開けるのはちょっと勇気が入ることと思いますが、ピンバイスにドリルの刃を入れて手でゆっくり回せば、大丈夫かと。あと、リベットの軸と本体と金具の穴の径がピッタリで、リベットの軸の長さを、挟むものの厚みから、ちょっとだけはみ出る長さに切るのがポイントになるかと思います。(伝わりますでしょうか・・・)

銅のリベットなら扱いやすく仕上げも黒っぽい色にできると思います。なので、見た目もさほど変わらず仕上がるのかなぁ・・・と。

BBさま

ご意見ありがとうございます。
父ひろしからも、ドリル案がメールで送られてきました。
最終的には、やはりそれですかね・・・。
鏡が近いところにあるので、それの保護をしなくてはいけませんね。
ちょっと勇気は入りますが、最終手段として考えてみますね。

できるかな?

うーむ、さすがに金属加工経験者だね!

リベットの頭をドリルで削って飛ばすって感じかな?
金属の素材にもよると思うけど、ドリルがあらぬ方向に向かないようにしなくてはね。
箱と、金具の他の部分を破損しないように、板かなんかをかませて、万力みたいなもので固定しておくのがいいかな・・・・・・。
相方が、歯医者用のドリルを持っているけど、それがいいかしら。どうかしら。

私は工具は好きだけど、技量には自信がないから(不器用・・・・・)、私がやってやる!って気にはならないの(笑)BBやってみる?
なんか出来そうな気がするね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/111-06b77fb2

 | HOME | 

新刊のご案内

新版 召しませキモノ

新版 召しませキモノ書影

スタジオクゥ4冊目のコミックエッセイ。2012年発刊の旧版の情報部分を刷新し、描き下ろしを加えた新版。 旧版でも帯文を頂いた漫画家の近藤ようこ先生と目白花子先生に10年目の帯文も頂いています。 2023年1月18日発売予定。全国書店にて予約受付中。(イースト・プレス刊)

著者からのお願い

Amazonさんで販売されている既刊本の中には、新品として出品されている中古品や新古品が存在します。 今、この問題に多くの著者や出版社が心を痛めています。 了解した上で古本を買うことと、版元から出された正規品を購入したつもりで中古品を手にすることには差があります。 正規の価格でない商品に、意図せず誘導される場合もありますので、価格や出品者をご確認の上、不安な場合は、実店舗の書店さん、あるいは書店さんのオンラインショップでのご購入をご検討下さい。 これは、他の著者さんの書籍に関しても同様です。 また、このAmazonさんの中古商品問題については、書籍以外でも起きているトラブルですので、何卒皆さまご注意を。 ただし、新刊で予約の書籍につきましては、中古品がまだ出回っていない状態ですので、安心してご予約可能です。

温泉浴衣をめぐる旅

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ。 温泉宿の浴衣を皮切りに、私達の旅はどこまでも……。

温泉浴衣をめぐる旅書影

本の出版記念落語会レポートのコミックもwebでお読み頂けます。 誤記と誤植の訂正とお詫び。 ¥1324(税込価格)(イースト・プレス刊)

おひとり様のふたり暮らし

スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 気づけばスタジオクゥの同居も20年以上になりました。

おひとり様のふたり暮らし書影

帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪ 刊行記念に描き下ろした本には収録されていない番外編がwebでお読み頂けます。 楽しかった出版記念のちんどんイベントの動画も是非ご覧下さい。 ¥1210(税込価格)(イースト・プレス刊)

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

召しませキモノ書影

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版 『和服女孩 日本微旅行』も発売。 10年間ありがとうございました!! 2023年1月に新版発売のため2022年12月末をもって販売終了予定。 ¥1298(税込価格)(イースト・プレス刊)

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から16年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪
鼻緒のご紹介は主にInstagramとTwitterに上げています。
Instagram@studiokuu_hiyosa_unisa

Twitter
ひよさ@kimonobetsubara

うにさ@unisastudiokuu

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!