キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

2年分の誕生日・・・4

さて、そんなこんなで、今年1度目の私の誕生日祝い(正確には、去年の誕生日祝い)には銀座方面へと出掛けて参りました。

まぁ、誕生日祝いと言っても、それを口実にふたりで楽しく仕事以外のことをしましょうというだけの話なのですが・・・。苦笑

私たちにしては珍しく午前中から動き出し、張り切ってスイーツの確保に向かいましたが、いきなり臨時休業の貼り紙を突きつけられて、がっかりすることしきり。

いやいや、ここでへこたれてはならじと、予定にはなかったお店へと向かいます。

向かった先は江戸箒(ほうき)の老舗『白木屋傳兵衛』さん。

白木屋傳兵衛さんにて1

以前に母やすこへのプレゼントに箒を求めたこともありますが、私自身はこちらで扱われている江戸屋さんの馬毛の歯ブラシを愛用しておりますもので、時折お店に足を運びます。

白木屋傳兵衛さんにて9

みっちり毛の埋まった歯ブラシは、使っても使っても、不思議な程に毛が開いて来ないので、化学繊維の歯ブラシよりも、ずっと長持ち。(写真は未使用品です。)
正直、替え時を見失う程です。苦笑

白木屋傳兵衛さんにて3

しかし、この日は、歯ブラシではなく、手のひらに納まるくらいの小ぶりなタワシを1つと

白木屋傳兵衛さんにて6

棕櫚のブラシを1本。

白木屋傳兵衛さんにて5

キモノのシミ抜き用ではないのです、私が洗いたいのはお櫃。

お櫃

我家では、2人用の小さなお櫃を使っているのですが、大きなタワシではどうも内側の角が洗い難く、白木屋傳兵衛さんに行けば、きっと手頃なものがあるに違いないと立ち寄ったのでありました。

白木屋傳兵衛さんにて4

お誕生日らしからぬセレクションでしょうか?いえいえ、たかがタワシと侮るなかれ。手に馴染みが良く、とても使い易いですよ♪

白木屋傳兵衛さんにて11

そして、タワシを選ぶ私の横でうにさが見つけて来たものは、体洗い用のタワシ『サトオさん』。

白木屋傳兵衛さんにて7

こちらは『元祖・亀の子束子』さんの商品。

白木屋傳兵衛さんにて10

サトオさんは初心者向けで、

サトオさん(麻)

タムラさん(麻+棕櫚)

ナリタくん(棕櫚)

ニシオくん(パーム椰子)

の順に硬いタワシにステップアップしていくようです。笑
(詳しくは、亀の子束子さんのHP『爽快たわし健康法』をご覧下さい。)

白木屋傳兵衛さんにて8

まだ慣れないので、少しくすぐったいですが、なかなか気持ちがいいですよ♪

白木屋傳兵衛さんにて2

里尾さん?聡夫さん?さと緒さん?


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

懐かしい~!

お櫃…懐かしい言葉ですねぇ(笑)。今は便利な炊飯ジャーですもんね。いつも朝、炊いてお櫃に移すのですか?冬はどうしてますか?冷たくなってしまうでしょうに…。ウ~ン、お二人の世代とは離れてると思うてましたが、ここへ来ると…(笑)。それとも…、いやいや、生活観がきっと古いのだ…、と思う事にしよう(^_^)v!
街に出て、簡単に束子が買える…(笑)。しかも、色々と種類やタイプや形から、より取り見取りで仕入れてくるとは…。はぁ~、羨ましいことこの上ない!便利な生活圏でありながら、日々の生活は大正か昭和(?)かな?悪くないね(笑)!究極(?)のエコだしね。素晴らしい!多分、お二人は老後は田舎に住みたい派でしょうね(^O^)?!

財布の紐がゆるむ系

白木屋傳兵衛いいですよね。
この手の実用品、でも本当に必要かというと個人的にはそうでもない、な品揃えに弱く、あれもこれも欲しくなってしまいます。
現在、箒とお多福付きのはりみを愛用してますが、使用頻度(要は掃除頻度)の問題からか、結構長持ちしてます。

件のTVですが、うにささんのまねっこで、シャープにしました。
なぜか品薄の26インチです。録画はよくわからずブルーレイ内蔵です。
お正月前には設置完了予定です。
お世話になりました。

梅梅さま

いえいえ、お櫃は保存用ではないので、炊きたてのものを食べる30分前くらいに移して食べるのですよ。
炊きたての冷ご飯が好きなんです。
木の香りがうつって美味しいですよ♪
うにさはそうでもないですが、私の生活観は確かに古い気がします。
なにしろお婆ちゃん子ですから・・・。苦笑

のの吉さま

そうそう、本当に必要かどうかと言われるとアレなんですが、つい買ってしまいたくなりますね!
あのちりとりは「はりみ」って言うんですね。
使い心地はいかがでしょうか。
私の仕事部屋も、もうちょっと床が見えていたら「箒」と「はりみ」を使いたいのですけども・・・・・いかんせん、掃くスペースが少なく。
どうにか物を減らさなくてはいけません。

あ、テレビ購入成りましたか。よかったよかった。
ブルーレイ内蔵かあ・・・・いいですねえ。
私も一体型にしておいたら、リモコンを3台も振り回さず済んだのに。
(1つはスカパー。BSを録画できるように配線すると4台になる)
3台使うのは本当に面倒です。
全部まとめてくれるリモコンを開発してもらいたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1081-060728a5

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: