キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新柄の伊勢木綿を着て1

さて、本日は、先日コメント下さったるっこらさんから写真をお送り頂きましたので、ご紹介したいと思います。

こころやさんでの『伊勢木綿とかわいいコモノたち』に、ご夫婦で足をお運び頂き、1本の反物から羽織と帯を作って下さいました。

まずは、るっこらさんの帯から。

るっこらさんの帯

あの桃葉さんご提案の反物が、半幅帯の片面に使われておりますね。

もう片面は、お婆様から譲られた『おすもうさん柄』の襦袢地なのだそうですよ。
黄色とブルーの組み合わせが、とっても楽しい♪

こちらが素敵な素敵な“おっちゃん”羽織。(“おっちゃん”はるっこらさんの旦那さまの愛称ですので、皆様、“おっちゃん”のところは明るく愛情を込めて読んで下さい!!。笑)

おっちゃんの羽織1

男性がこういう明るいかわいらしい柄を着られるのもいいですね~。

そして、羽裏には、るっこらさんの帯に使われているのと同じ布。

おっちゃんの羽織2

羽織を脱いで初めて見える羽裏で、完全なるお揃いとして完成する感じが、なかなかニクイですね。(うふふ・・・、仲良し

今回の伊勢木綿の新作反物を購入された方の中でも、1反をご夫婦で楽しく使われた例は他には無いかもしれません。

るっこらさん!男物の羽織は、振りが開いていないので、女性が冬場のコート代わりに着るのも温かいですよ~~。

しかし、そうするとお揃いにするには、おっちゃんに半幅帯を身につけて貰わねばなりませんね・・・むむむむむ・・・流石にマフラーにするには長すぎるので、とりあえず、小脇に抱えて走って下さい。苦笑

それでも、きっとお二人ならば、仲良しに見えまする!!

夏みかん1

お写真拝見出来て、嬉しかったです♪
ありがとうございました。

サンゴッドVって

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

呼ばれた(笑)

『ギャグマンガ日和』の増田こうすけさんのね。
こちらでちょっと見られますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=Ycf6TfZF_4w
『ザンボット3』のパロかしらねえ(笑)

TVの雑学王で編集部が出て来るっていうから期待してたら
ヤンジャンの方だったわ~ (^-^;;

サンゴットV

往年の(つうかわたしが生まれる前の)巨大ロボットアニメのような素敵なネーミングですが、三重県限定となると、これは新潟県の誇るネイガー&アラゲ丸や青森の秘宝アオモレンジャー、または白石区限定のホワイトストーンズのようなひとびとでしょうか察するに。

ご当地ヒーローの最高傑作はネイガーであると思います。ネタの作りこみが他の追随を許さない。......もっともっとちっちゃなネタですと、国際基督教大学シーベリーの愛らしさも捨てがたいです。あまたあるローカルヒーローたちに幸あれかし。

アップありがとうございました。

お二人に見ていただけただけでも光栄でしたのに、嬉しがり夫婦の様子を全国区に広めていただいて、皆さまほんと、お目汚しで恐縮であります。

”おっちゃんに半幅帯”!ひよささん、まさに昨日、心ならずも実行してしまいました…とほほ。実は、出先で着物に着替えるとき、角帯を入れ忘れたことに気づいたおっちゃん。約束の時間はせまる…とその時、私の目の端にとまったのは、予備に持っていた自分の半幅帯。

「七緒」の”着物旅顛末記”にもありましたが、人間、必死になれば何でもできる!もんです。ちなみに昨日のおっちゃんは、焦げ茶の長着。蘇芳色の半幅帯の幅を適当に折って強引に貝の口を結び、ベージュの羽織を引っかけて完成…。
着付けの先生にかかったら目を覆うようなことかもしれませんし、よいこの皆さんにはあえておすすめしませんが、二人してすまして神農さん(うにささん、笹についたトラさん、うちの子になりましたよ~)にお参りしてきました。
”知恵と度胸でなんとかなる”―「七緒」さん、名言です。皆さまもハプニングの際、どうか最後まであきらめないで!笑

うにささま

歌詞全部聞かれました?うにさ流イラスト笑いましたよ。

私の”新しい歌”知識は、ほとんど息子のアニメ、ゲームから来ています。適当に携帯の音楽ツールに録音しておいてくれるのですが、ある日ジョギング中に「♪ちょ~がったい~サンゴッドV!」と流れてきまして…爆。その後、パソコンで動画を見てちょっとはまりました。何だかサンゴッドスリーのおかあさんの情けなさがわ他人事とは思えず…(そこか~い!)

下記、当の息子が書いてくれたメモを貼り付けておきます、ご参考まで(着物ファンの皆さま、ごめんなさい)

サンゴットV
原典 アニメ「ギャグマンガ日和3」
原作 ジャンプコミック「ギャグマンガ日和」8巻

ギャグマンガ日和とは
いくつものギャグマンガを収録した短編集的作品。
サンゴッドVは、その中の一作品(オープニングテーマのみ)

工夫次第?

着物一反で名古屋帯が二本、或は羽織か道行とショールが創れることは知ってましたが…。使い道は色々ですね。数をこなせてない内は、工夫するにも悉皆屋さん頼みですね(笑)。経験者は良いアドバイスをしてくれますからね。私なんぞアレコレと考えては、そのまま(-.-;)。急がねば…。皆さんの新柄伊勢木綿の発表会はいつですかぁ?

わかった!

サンゴットV、某動画サイトで別作品の絵をつかったマッド作品(傑作でした)観ましたよ!なんか聞いたことあるなあとは思ってたんですよね...。出典、ギャグ漫画日和でしたかー。ご子息ナイスチョイスすぎます......。おかあさまの音楽ツールに......勇者だ。

やっぴーさま

困ったので呼びました(笑)
サンボット3は思いつかなかった・・・・・それだ、それ!

いまウィキペディアでサンボット3を見てみたら、「コンバトラーV」や「ボルテスV」と同時期に制作されているんですね。
わたし、もっと古いアニメかと思っていました。

「コンバトラー」のガルーダとか「ボルテス」のハイネルみたいな美形悪役キャラも登場せず(私の記憶の限りでは)、合体も3人ということで「V」の字ももらえなかった「サンボット3」。
そしてウィキペディアによると、地方局の制作だったとのこと。
そのせいか、私の記憶ではちょっともっさりしたアニメという印象なんですわ。

そして作者の増田こうすけさんは、そんな悲哀の漂う「サンボット3」に思いいれがあるのに違いないですね。
合体ロボアニメの中でちょっと不遇な感じの「サンボット」を救済するような気持ちで「V」の字をつけてあげたのでしょうか(3人なのに)

元ネタの記憶があったらもっと楽しめるのかもしれないんですが、残念ながら「コンバトラー」ほどは記憶に残っていないんです。
そんな不遇なバックボーンを思ってみると、「サンゴッドV」もまた違った印象になるような気もします(しないか・・・・・笑)

編集部、テレビに出る機会があったら教えてくださいねー。
やっぴーさん映るといいなあ。

sirokanippeさま

ネイガー、知らなかった・・・・・ちょっとネットで見てみましたが、ウィキペディアだけでもすごすぎて読み切れなった(笑)
「豪石!」って謎の掛け声もいかしてますね。
こういうのは意味不明なほどいいです。
これは深みにはまるとタイヘンそうなので、後日改めてじっくり検証したいと思います。
(雅楽戦隊ホワイトストーンズっていうのも気になる・・・・・なんで雅楽か?)

サンゴットVは、ご当地ヒーローというのとはちょっと違うのかなと思いますが、実態は私もよくわからないです。
どうもテーマソングだけ存在しているようなのですが??
謎ですねー。

るっこらさま

おお!!おっちゃん!!流石です!!
そういうハプニングは楽しいですね♪
私はよいこではないので、その精神は是非とも真似たいと思います。笑

ブログにアップしそびれておりますが、実は、神農さん(少彦名神社)には9月にお訪ねして、笹付きではない小トラを求めて参りましたのよv-238

虎充実で、満足です♪

るっこらさま

あ、やっぱり本体はなくってオープニングテーマだけ存在しているんですね。
ネットで探したのですが、いまひとつ確信が持てなかったもので。

↑上記のやっぴーさんへの返信でも書きましたが、どうも「サンボット3」へのオマージュ(?)なのかなあと思われます。
こんな形でオマージュを捧げられても困るかなあと思うんですが(笑)
私の好みど真ん中のネタでしたよ~。
機会があったら「ギャグマンガ日和」を見てみようと思います。
それにしても三重って平和ですよね。

いい息子さんをお持ちで何よりです!よろしくお伝えくださいませ。
私も新しい知識を仕入れたいのですが、何しろ近くに手ごろな若者がいなくて困ります。
甥や姪、友人の子らがもうちょっと育ってくるのが楽しみです。
おばちゃん、首を長くして待ってるぞ。

梅梅さま

伊勢木綿の新柄は、通常の伊勢木綿同様に、それぞれのユーザーさんの下へと旅立って行きましたので、仕上がりを拝見することは私にも出来ないのですよ。

そんなわけで、るっこらさん&おっちゃんには、とても感謝しています。

sirokanippeさま

ねー、ほんと、いい息子さんです。感心な若者です。
私もそのMADを見たいので探してみようっと。
(ユーチューブ?ニコニコ?)
深夜に一人でツッコみたいですよね!

ザン

↑私「サンボット3」って連呼しちゃいましたが、「ザンボット3」なんですね。
ずっと「サン=太陽」だと勝手に思ってました。
「ボット」はロボットでしょうけど、「ザン」って何なんでしょう??

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1070-d0e4d16c

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。