キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

猛暑を振り返る4

夏の補正と言えば、浴衣の時も迷います。

せっかくの浴衣の身軽さを、補正をすることで台無しにしたくない気持ちと、着姿の美しさのどちらを取るか???

常々思っているのですが、キモノより浴衣の方が着付けは難しいと思うのです。

襦袢が無い分、衣紋も抜け難いですし、着崩れだってし易い。

キモノは着たいけど、浴衣までしか着られない・・・と言われる方に時々お会いしますが、浴衣が着られるならば、キモノは絶対に着られる!!といつも思ってしまう私です。

ヒガンバナ3

そんなこんなで、浴衣での補正はいつも悩ましい。
本来的に着姿よりも、着心地を優先しがちな私としては、行く先や、その日の体調や気分で、補正をしたりしなかったり・・・結構いい加減です。苦笑

補正ナシで着た時に一番気になるのは、腰のくびれ・・・というよりは、締めた帯の上に乗っかる胸。

たいして大きくもない胸が、必要以上にボリューミーに・・・アワワワワ。

腰周りに補正をすることで、帯に乗る胸を解消するよりも、晒しで胸を潰す方向の補正の方が好みです。

私の方が勝っている


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

補正ですか

当方徹底的にモノグサにつき、一度もやったことありません(きぱ)。振袖から小紋に紬に浴衣まで。衿芯すら入れたことありません。
いまの着付けだとバスタオルの一枚や二枚巻かれかねないわけですが(胸も腰もないがそれに伴って胴回りもないトールサイズ痩せ型)(着物よりはアオザイやチャイナやミニスカートのがまだ似合う…)、その昔着物に興味持つ前に、アールヌーヴォーやユーゲントシュティル調べた流れで、二十世紀初頭のあらゆる階層の写真やら、浮世絵やら挿絵やら日本画やら山と見た時期があったのですね。おかげでいまの時代劇や着物雑誌の昆布巻きみたいな着方がどうにも納得できず、単帯でも帯板すらサボる方向です。

ひとさまがどう着付けてらしても、それぞれきれいだと思うんですけど。自分がやるとなると、どうにも。

以下ナマケモノの逆切れ。

だいたい着物ならおとなしく人体に従えと。何が悲しくて人間様が着物なんぞに従ってやらねばならんのかと。凹凸に四角い布巻いてりゃそりゃあ皺もたるみも歪みも普通に出るだろうと。こちとら人類で、コケシでも電柱でもないんだと。
そんなわけで帯の中央が凹むような着方でひょいひょい出歩いております。太ったひとは太ったなりに、痩せたひとは痩せたなりに、それぞれの体型に布のほうで勝手に沿えばそれぞれの着方になるんだと思っています。たまにする太鼓(基本は文庫その他なので)の上もまっすぐにしない不良着物女ですよー。

……現代風に着付けようと思えば、どれだけ色々巻きつけられるのか、考えるのも結構憂鬱かもです(根性なし)。いっそもう洋服で(敵前逃亡)。

しまった

補正するかしないか?は、一個下の話題でしたね、すみません(汗)

しかし手作りヘチマ帯枕に補正グッズ、拝見しててすごくわくわくしました。大変そうだなあと思いつつ、楽しそうだなあとも。東京の夏をすごされるのは、さぞお大変だったろうなと思います……。

浴衣……あれだけぴしりと着こなしてらっしゃる下には、やはり人知れぬご努力がありましたか。

sirokanippeさま

チャイナドレスやアオザイが似合う体型とは、とてもとてもスバラシイ!!

不良着物女も宜しいじゃないですか!笑

所詮、着るもののことですから、自由に着られるのが一番だと私も思いますよ♪

私の補正も、その日の気分次第なところが多いですが、帯板は必ず入れますね。
理由としては、入れないと帯が締まり過ぎて、逆に苦しいと思うからなんです。
実は、補正をしないで着ている日など、帯板を2枚入れてしまうことすらあるんです。

いろんな体型の方がいらっしゃいますし、多分、着心地の良さも様々なんでしょうね。

sirokanippeさま

いえいえ、努力という程のことはしてないんですよ~~。苦笑

しかし、何かしらゴニョゴニョと作るのは楽しいです♪

ちなみに、浴衣の時は、補正アリの日と補正ナシの日は、キモノの時よりハッキリ写真でも解ります。汗

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1023-f472f44d

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: