キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年9月文楽公演を訪ねて3

次なるは『鰯売恋曳網(いわしうりこいのひきあみ)』。

故三島由紀夫氏が、昭和29年に新作歌舞伎として書かれたものを元に作られた、今回初演の新作文楽の登場です。

作:三島由紀夫
脚色・演出:織田紘二
作曲:豊竹咲大夫
作曲:鶴澤燕三
振付:藤間勘十郎
補綴:国立劇場文芸課

京で人気の傾城『蛍火』ちゃんに岡惚れした鰯売りの『猿源氏』君。
恋の病で、得意の鰯売りの口上も、鰯が腐りそうなくらいに萎れております。

見かねた『海老名なあみだぶつ』こと猿源氏の親父さんに言われるがまま、大名に化けた猿源氏君は、五条東洞院の廓で『蛍火』ちゃんにご対面。

廓のしきたりにより、軍物語を求められた猿源氏君、元が鰯売りですから、冷汗をかきつつタコやヒラメの登場する軍記を披露。

調子に乗って蛍火ちゃんの膝枕で転寝しておりましたところ、うっかりと鰯売りの口上を寝言で呟いてしまいます。

『伊勢の国に阿漕ケ浦の猿源氏が鰯かうえい~。』

2010年9月鰯売恋曳網チラシ

ここからお話は急展開。
実は○○だった~の連続で、最終的には蛍火ちゃんと猿源氏君は夫婦となって、共に鰯売りの口上を唄いつつめでたし、めでたし。

全体としては喜劇仕立てで、かなりテンポのある展開でありましたが、もうひとまわり文楽らしいネッチリ感が欲しかったかな・・・。

あくまでも私個人の感想ですが、あの、文楽独特の、1m進むのに何分掛かるんだ??みたいな話の進みがどこかにあった方が、軽快さも生きたような気がいたしました。

拝見する前に読んでいたあらすじからすると、もうひとまわり鰯売りの口上も抑揚のあるもの期待しておりましたので、そのあたりも少し残念。(ちょっと、綺麗過ぎる節回しだったような・・・。)

しかし、人形さんの衣装は中々に素敵でしたよ♪
猿源氏君の鰯売りの衣装などは、鰯の鱗風でありながらも、生臭さの無い感じ。

傾城の蛍火ちゃんも、同じ傾城の宮城野さんのとは、全く異なるイメージで絢爛さよりも、楚々とした娘さんらしい感じでありました。

そうか・・・ちょっと全体的に綺麗にまとまり過ぎていたのかも・・・。

第二部の

『勢州阿漕浦(せいしゅうあこぎがうら)』
阿漕浦の段
平治住家の段

『桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)』
石部宿屋の段
六角堂の段
帯屋の段
道行朧の桂川

の出来がとても良いと聞いておりますので、ちょっと惜しかったかなぁ?苦笑

いやいや、新作もたまには見ないとね。

2010年9月文楽公演1

5月公演を拝見した時には鮮やかだった劇場前の旗の色が随分と褪せており、今年の夏の暑さを物語るようでありました。

リ・ウーファンっぽい


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント

すれ ・・・ちがって・・・ないか・・・

私も第2部を初日、第1部を15日に見てきました。
イヤホンガイドによると、あの毛槍を扱っているのは、ベテランの人形遣いが頭巾を被ってやっているそう。
私の予測では、玉女さん(海老名なあみだぶつの、主遣い)と、勘十郎さん(猿源氏の主遣い)ではないかと・・・ちがうかなあ。

第2部もよかったですよ。いぢわるいぢわる・・・な人が何人も・・・「帯屋の段」そして悲しい結末が美しい。

鰯売恋曳網の歌舞伎は面白かったですよ。
ワタシが観た時は、猿源氏が勘3郎さんで蛍火が玉さま。
役者さんのキャラが立っててよござんした。

今回一部はパスしたのでした。
時間が取れなくって~ (^-^;;;;;

あっくまさま

すれ違って、いたやもしれませんね♪

あ、なるほど、イヤホンガイドではそんな説明があったのですね。
ベテランさんとなると、あっくまさんの推察が当っているかもしれませんね。
文雀さんや蓑助さんだと言われたら、むしろお体が心配になるかも・・・。汗

ああ・・・2部のいじわるな人、拝見したかったな~~~。さぞかし、憎々しかったでしょうねぇ。

やっぴーさま

歌舞伎の方の鰯売りの口上が是非とも聞いてみたいです~~。
今回の文楽の方は、かなり綺麗な感じの節回しで、なんとなく自分だったらこの口上を聞いて恋には落ちないなぁ・・・と思ってしまったのでした。
私が深窓のご令嬢じゃないからかもしれませんケド。苦笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiokuubetsubara.blog69.fc2.com/tb.php/1013-c87fd0f7

 | HOME | 

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。