FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

被災地への新しい支援システム・追記アリ

4月21日にアップした『ふんばろう東日本プロジェクト』についてのご紹介ですが、記事がどんどん下に埋もれてしまうので、追記を加えながら再掲載させて頂いております。
追記、追記で長くなりますが、本日分が一番下です。

---------------------------------------------------------
(↓2011年4月21日記)
本日は東日本大震災への支援の1つを取り上げてみたいと思います。

既にご協力された方もいらっしゃるやもしれません。
ふんばろう東日本支援プロジェクト』。

詳しくは、HPの左上にある『設立までの経緯と趣旨』をお読み頂きたいと思いますが、ごく簡単に要約しますと、避難所からの『今』のニーズに沿った支援物資を、必要な量だけ、必要な場所にダイレクトに届けることの出来るシステムです。

画期的な点は、Amazonの全面協力により『Amazonウィッシュリスト』経由で、被災者の希望される商品を購入してパソコンの操作ひとつで現地に送ることが出来ること。(現地からの希望の数量が達成出来ると商品のリストは消えます。)

残念ながら、まだまだPCを使うことが出来ない避難所もあるため、全ての避難所に対してamazonのシステムを利用することは出来ませんが、そういった避難所には『欲しいものリスト』を見ながら荷造りをして無駄の無い支援物資を送ることが出来ます。

Amazonを経由しない物資支援に関しては、随時テキストでリストが更新されているため、未発送のものと発送済のものが最初は少しだけ判別し難いと思いますが、「あ!これなら提供出来る!!」というものが結構見つけられますよ。

個々の避難所の人数や宅急便事情なども掲載されておりますので、提供された情報は隅々までお読みになりますよう!!

義援金の分配も中々定まらない今、とても有効な支援だと思います。

ふんばろう東日本プロジェクトのご案内


---------------------------------------------------------
(↓2011年5月2日記)
既にこのプロジェクトに参加されている方も多いことと思いますが、本日は、興味はあるけれど中々手が出せない・・・と思われている方に、私からの感想などお伝えしたいと思います。

最初は、システム(無駄なくダイレクトに物資を送ることが出来る)そのものに惹かれて参加をした私ですが、実際に参加をしてみると、このシステムの真髄は別のところにある気がしています。

一言で言えば、『その後が気になる・・・』。笑

沢山ある避難所や希望物資の中から、自分で送ることの出来るものを見つけ、荷造りをして、相手の住所や名前を書いて送ると、その避難所がその後どうなったかがとても気になるのです。

日々状況は変化しますから、前日まで食べるものや着るものを求めていらした避難所が、翌日には全く異なるものを求められていたりもします。

集まり易い物資もあれば、集まり難い物資もあります。
求められる物資によって、その避難所の状況がほんの少し垣間見えたりもします。

その日々更新される情報を、ハラハラしたり、ホッとしたりしながら、関心を持って見つめないではいられなくなるのです。

とても良いことだと思いました。

1度送った場所には、続けて何かしらの支援をしたいと思えます。
初めて希望の上がる避難所を見つけると、1つでもいいから何か送ることは出来ないか?と考えるようになります。

長い支援に繋がる気持ちを生むことの出来るシステムなのではないでしょうか。

ちなみに・・・、どうして女物の下着は早くに希望枚数が揃うのに、男物の下着は集まらないのだろうか??と不思議になり、いくつかのスーパーでリサーチしてみました。
普段、男物の下着を買う用事が無いので気づかなかったのですが、男物の下着って女物よりも、最低価格が高いのですねぇ。(女物は1枚¥100からでも発見出来ましたが、男物は4枚¥1000が最低価格でした。微妙に学習・・・。)

確かに、これだけ値段に差があると、枚数が揃うのに時間差も出るのかも・・・。
もちろん、値段が安いからといって、1回履いてダメになるようなパンツでは困るのですが、今、必要とされている数はとても多いのです。

むむむ・・・、悩ましい。

しかし・・・下着売場担当の方とお話したところ、2日後には、売場に3枚¥490の立派で真っ白なブリーフが各種サイズ並びました。笑

ありがとう・・・いとーよーかどー!!(の下着売り場の担当者さん!!)

男性用下着


---------------------------------------------------------
(↓2011年5月15日記)

さて、『ふんばろう東日本支援プロジェクト』についての追記です。

支援対象の避難所も244箇所に増え(5/15時点)、事態は収束するどころか益々広がって行くようにすら思えます。
厳しいですねぇ・・・。

同プロジェクトでは、新たに『被災者に重機免許を!プロジェクト』なども立ち上げられ、物資の支援だけではなく、被災者自身が自分達で瓦礫の撤去作業などを行い、かつ生活手段を手に入れることを目的とした支援も始りました。

また、急増する物資支援の被災所に対して、より細かいケアを行えるように、遠隔地からでも可能なボランティアの募集もされています。

以下『ふんばろう東日本支援プロジェクト』の主催である西條剛央さんのツイッターからの引用です。
https://twitter.com/#!/saijotakeo/
*************************************
HP(http://fumbaro.org/)に掲載されている避難所ごとに担当者をつけていきます。そのボランティアスタッフを募集します。現地の人と丁寧にやりとりできる誠実さと一通りのパソコンスキルが必須になります。自宅で可。時間も1日30分程度で可能です。
丁寧な電話対応とパソコンがあればお住まいは問いません(現地の人でも大丈夫です)。現在、支援要請のある避難所が244箇所。それだけの人が必要です。現地の人と絆を作り、思いやりをもって丁寧に育んでいける人です。一避難所一ブログ的なあり方が理想とするところです。
隔日1回15~30分程度の現地連絡と更新を長期間続けられる希望者は、HP の「ボランティア申し込み」の〈運営ボランティア〉の「ボランティアの可能な曜日・時間帯など」の冒頭に「避難所担当者希望」と明記してご応募ください。
担当者制にすることで、先方も悩みや本音を話しやすいですし、こちらも電話しやすくなります。また現地の写真をアップしたり、どんな様子で使っているかなども報告できるようになります。ぜひこれまで支援した避難所の担当になりたい!という方はその旨も書いてください。
人間はどうしても忘れてしまう生き物です。だからこそ今、顔が見える支援にして、縁を絆に変えていく必要があります。自分が送ったものがちゃんと届いてみんなに喜んで使ってもらえているというのがわかれば、また送りたくなるものです。末永い支援が出来るようになります。
避難所や個別避難宅から要望があればHPに反映します。送られた物資があれば消したり、残りあといくつと表示する必要もあります。1週間に1回ぐらいは電話して様子を聞いたり、新たな要望がないか聞きます。現地の声を届けます。
今どのような状況で、なぜそれが必要なのかがわかれば、支援する方も送りやすくなります。自分が送ったものが役立っているのがわかるとやはり嬉しいものです。HPを見た人が末永く支援したくなるような絆を作る重要な役割となります。
*************************************

更に深くプロジェクトに参加したい方は、マネジメント人材募集もされておりますので、西條剛央さんのツイッターを是非ご覧になって下さい。

実は、私達、支援物資を送る時、個人からの差出だと受け取る方も負担に感じられるのではないか??っと思い、最初は屋号(スタジオクゥ)のみで送っておりました。
ところが、思ってもいなかったことですが、被災されて大変な最中だというのに、お礼のお電話やらお手紙が届くのです。
相手の方が、こちらの名前が解らずドキドキされている様子に気づき、名前をきちんと書くべきであったと反省・・・その後改善。

頂いたお手紙の最後にあった言葉「もう少し頑張ります。信じて下さい。」。
「信じて下さい。」という言葉が出る心情というのはどういうものかと、胸が痛みました。
信じてますよ!!

被災地宛に支援物資をかたって請求書入りの物品を送りつけるような悪質な行為も出てきているようですので、差出人の名前の後ろに(ふんばろう東日本プロジェクト経由)と記載することもお忘れなく!!

クール便が復活したらお肉を



いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: