FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

小川町お散歩2

割烹旅館二葉

「ごめん下さい。ひとりなんですが、お食事できますか?」
「どうぞ、どうぞ、お2階へ」
仲居さんにエレベーターで2階へと運ばれ、靴を脱いで上がった座敷の中央には、一組のカップル。
他に客もいなかったので、とうぜん離れた席に案内されると思いきや、仲居さんは一瞬僅かに首を傾げてから、カップルの隣の席を私に勧めました。

そ・それはないんじゃないの・・・。

席を変えてもらおうと辺りを見回したところ、なるほど、2人席はそこしかないのです。時刻は5時前、微妙に夕飯には早いが、早めの客が来ないとも限らない時間です。4人以上で座れる席は確保しておいた方がよいという、とっさの判断だったのだろうと思います。
些か気づまりですが、こんな中途半端な時間にひとりで入ったのですから、仕方がありません。若い二人が私のことを地蔵のように思ってくれることを願いつつ、席に着いたのでした。

しかし続いて更なる、決断を迫られることに・・・。

渡されたメニューには、懐石料理ばかりです。全ての懐石に『忠七めし』が付いているのですが、単品の『忠七めし』がどこにも無い!困ったなぁ・・・確かネットの情報では、1000円前後の単品があったはずなんだけど?

仲居さん「お決まりですか?」
私「あの~、いわゆる『忠七めし』が食べたいんですが・・・」
仲居さん「単品は平日のランチだけなんですよ。でもどのお料理にも『忠七めし』はついてますから。大丈夫です。」
私「いや・・・その・・・」(とうろたえる私)
仲居さん「大丈夫です、どれもそんなに量は多くないですから、食べられますよ。」

違うんです!私は忠七めしが食べたいだけなんです。量の問題じゃないんです。ひとりぼっちで懐石ですか?そんなお大尽なことは・・・。ん?ひよさ!それでいいのか?「日本五大名飯」の『忠七飯』を目前に尻尾を巻いて帰る気か!いくじなし!いいじゃないか、ひとりで懐石だって!

仲居さんは、一番軽い感じの懐石のコースを勧めてくれましたが、ふと見ると特別料理のメニューが・・・微妙に勧められたコースより安いではないですか!2600円!写真で見た限りでは、こちらの方が量的にも軽そうだし、お財布へのダメージも少しは軽減されそう・・・。
「こちらはお願い出来ないですか?」声を出してから、気づいたのですが、なんと1日20名様限定の特別料理だったらしく、仲居さんが板長さんに聞いてきて下さることに。あ・・・本当にやっかいというか、場違いな客で済みません。

こうして、私は春の小川町で、ひとり、創業260年記念第1弾『江戸食百珍』(忠七めし付き)を頂くことになってしまいました。
配席ひとつで

ワンクリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 | HOME | 

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』が2019年2月17日より発売!!只今、ネットや書店にて先行予約受付中です♪

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: