fc2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                    

2024年元旦 明けましておめでとうございます


2024年元旦スタジオクゥ

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

2023年今年も一年お世話になりました

年の瀬、帰省やおせちの準備に皆様お忙しいことと思います。
今年のスタジオクゥは『新版召しませキモノ』の出版記念イベントに明け暮れた1年でした。

途中からはブログでのご報告が追い付かない状態になってしまい、ご案内ばかりで忝く思っております。

働き者のパペットを手に入れて、京伝小紋や北斎小紋の伝道師のように喋り続け心臓がバクバクするようなトークショウや、筋書無しのユルユルのトークショウもありました。
初めてお会いできた方、繰り返し会いに来て下さった方、催事でご一緒した作家さん、応援して下さったたくさんの方達とお喋り出来た良い年でした。

もう少しだけ具体的に振り返ってみようかな……とPCやスマホの中の写真を漁ってみるも、残念ながら今日一日では不可能であると再認。😓

とはいえ、着姿で締めくくってみようと選んだのは、やはりうにさのおにぎり小紋『やき飯うろこ』でした。

2023年3月大和屋履物店京伝小紋と北斎小紋展にて1

大和屋履物店さんで開催した『京伝小紋と北斎小紋 高田勝の世界展』の初回1日目のコーディネイトであったと思います。

2023年3月大和屋履物店京伝小紋と北斎小紋展にて3

帯留は松原智仁さんの緋銅のりんご🍎(うわっ、もしかしてブログで一度もご紹介していないのか??自分たちがどれだけブログをサボっているかを思い知らされる発見……😢)

2023年3月大和屋履物店京伝小紋と北斎小紋展にて2

合わせている帯は、役者絵のようですが、実は干支帯。
うさぎさんも仕事納めですね。

オツカレうさぎさん!

皆様、良い年越しを!!

2023年お疲れ様でした


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

寅年終い

さてさて今年も残り数時間となりました。
スタジオクゥはこの一週間程でバタバタと予定が変わり、いつも以上に慌ただしい年の暮れを迎えております。

お正月飾り?年賀状??大掃除???どこへ行った????
一応、あと数時間はジタバタするつもりでおりますが、とりあえず元旦は休もうよ……と話しているところ。

大晦日らしいことは何一つ出来ませんので、せめて昨日の寅年終いの着姿を載せておこう……。

寅年終い3

ウネウネしたホワイトタイガーみたいなおキモノは、古着……というよりは、材料用に古布店に出ていたものを気にいってしまい、そのまんま着ております。😅

寅年終い4

帯は黒地の瓢箪の帯。六瓢(無病)より瓢箪の数が多いですが、無病以上に元気で新年を迎えられることを祈って。

寅年終い1

うーむ、足元が写真では随分白飛びしておりますねぇ……スマホもそろそろ買い替え時か・・・・・・??

寅年終い5

ん??踵に??

寅年終い6

こっちの踵にも??

寅年終い8

はい、角大師さまで厄除けでございます。

寅年終い9

あらら、キモノを引っ張ったら裾除けが写っちゃった……ま、いいか。

角大師の足袋は、大和屋履物店さんの恒例催事になりつつある手ぬぐい生地で作るきねやさんの足袋受注会で、ふきんから誂えたもの。(正確には、イベント前にサンプルとして制作して頂いたもの。詳しくはコチラ。)

元は、スタジオクゥのふきん、角大師『以心伝心』

変でしょ……♪気にいってます。💕

寅年終い7

鼻緒はヘンテコ鼻緒を作った際の試作品を自分で履いています。

来年は門付きつねのふきんも足袋にしてみようかなぁ……ヘンテコ鼻緒も作るかなぁ……などと、新しい年への野望を膨らませつつ、2022年寅年終い。

皆様、どうか良いお年を~~~~。(やっと言えた!!)

2022年大晦日


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

なんとなくクリスマス

新版 召しませキモノ』の原稿を作っている最中のこと、必要に迫られて、PCの中の普段あまり開くことのないフォルダーを開いた。
フォルダー名は『バックアップしなくては!』。
大雑把に日付で仕分けはしてあるものの、取材などで撮った以外の写真が、スマホやデジカメからそのまま放り込んであるだけのフォルダーだ。
そのうちブログに上げようかなぁ……いつか整理しなくちゃね……などと思いつつ、じわりじわりと溜まって、今や写真の枚数は眩暈を起こしそうな数になっている。
我がPCのハードディスクの容量を喰っていたのは、お前様であったか……。

「そのうち」や「いつか」は中々やって来ないし、埋蔵写真を少しでも増やさぬように、今日は久しぶりに着姿の写真をアップしてみようと思います。(焼け石に水??)

先週末にうにさと一緒に上野方面をウロウロした際のお着物です。

赤い大島紬1

赤の大島紬に、小さな壺柄の帯。(我家で『切符の帯』と呼ばれている詳細はコチラ。)

赤い大島紬2

アンティークの鈴の帯留は、中にちゃんと小さな玉が入っており、跳ねるとチリチリとした可愛い音が鳴ります。
静かなところには向いていませんが、外歩きが多い日はむしろ気分の上がる帯留です♪

帯揚げと半襟に緑を入れて、

赤い大島紬3

キラキラした菊の羽織を合わせて、なんとなくクリスマスなコーディネイトとなりました。

赤い大島紬4

よく晴れた冬空の下、

2022年12月上野にて

上野公園の大きなイチョウの木の根元には、そこだけ黄色い葉っぱの絨毯が現れて、

赤い大島紬5

小さなステージのようでありました。

実は前々日まで、この日は別のキモノを着るつもりでおりましたが、急遽変更。
この赤いキモノは今年の夏にご近所さんから頂いたものでして、袖を通したところを年内にお見せしたかったというワケ。

年の瀬って、概ねそんな感じです。

「背丈が私と同じくらいだからきっと大丈夫だと思うのよ!」と言って下さったご近所さんの目に狂いナシ。

脳内地図の位置がおかしい


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい4

さて、例年通り、ひとつひとつ庭木を丸く丸く刈り込む作業を進めている私ですが、

脚立を出して、ワンピース姿で一心不乱に高いところで庭仕事をしている姿が危なっかしいのか?庭木を丸く刈り込むことに腐心し過ぎているのが傍目にも伝わるのか?
庭の手入れをしていると、ご近所の方から頻繁に声を掛けられます。

中でも、毎度心配して下さるのが、ご近所の小桜さん(仮名)。
ひょろりと背が高く、いつも穏やかで働き者の小桜さんは、私たちふたりがご近所で最も親しいおじいさんです。
大きな脚立を貸して下さったり、電動の刈り込み機を持って来て下さったり、何かとお世話になっておりますが、先日、こんな会話がありました。

小桜さん「おっ!、芍薬かい??」

2020年芍薬1

ひよさ「はい、毎年咲くんですけど、隣に植えてる芍薬が全然咲かないんですよね……」

そうなんです、この家に引っ越して来てから植えた2種類の芍薬の内1つが、一度も蕾を付けたことがないのです。
肥料は十分に与えているのに青々と茂るばかりの芍薬に、私、何年も今年こそはと手を焼いておりました。

刈り込み鋏を手にしていた小桜さん。
チョチョイチョイっと咲かない芍薬の葉を少し刈り込んで一言。

「イタメツケテおやんなさい……」

突然の黄門様張りのアドバイスに、私、笑いを堪えるのに必死でした。

来年は、咲くといいなぁ……。

マンドラゴラ?3


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい3

行き当たりバッタリの南天の草木染めのつづきのお話。

いよいよ小枝を引き上げた染液に、晒を入れます。

グツグツと時間を掛けて煮上げると、真っ白な晒が、黄色く染まっているではないですか!!

2020年南天の枝草木染め9

しかし、喜んだのも束の間、色を定着させるために媒染液である明礬水に浸けたところ、

2020年南天の枝草木染め10

明らかに、布から明礬水の方に色が移動してしまうではないですか。

2020年南天の枝草木染め11

肝心の布は、薄らグレー……。涙

再び染液に戻し、明礬水に入れ、繰り返すこと5回。

2020年南天の枝草木染め12

2020年南天の枝草木染め13

2020年南天の枝草木染め14

2020年南天の枝草木染め15

求める黄色は、布に入っては消え、入っては消え……、

2020年南天の枝草木染め16

2020年南天の枝草木染め17

2020年南天の枝草木染め18

2020年南天の枝草木染め19

2020年南天の枝草木染め20

結果、しっかりとしたベージュ色に布は染まることとなりました。

2020年南天の枝草木染め21
(左から晒の白。豆乳処理していない晒を染めたもの。豆乳処理した晒を染めたもの)

嫌な色ではないけれど、確かに居たはずの黄色を布に止めること叶わず……。

しかし、今年はこれ以上南天の枝を刈り込むことは出来ないので、来年の剪定までに、のんびり作戦を練り直すことといたしましょう。(茂れよ南天!!)
気長な気長な実験ですね。

ちなみに、明礬水を作っていた琺瑯の鍋で、翌日、柿の葉を蒸したところ、予定外に鍋が黄色く染まってしまったという……。

2020年南天の枝草木染め22

染めたいのは、そこじゃないし!これは多分違う黄色だし!!

儘なりませんわね。

マンドラゴラ?2


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい2

さて、南天の樹皮の下に、鮮やかな黄色を見つけてしまった私。

染色は数年前に藍染めにどっぷりと浸かったことがありましたが、以前からやってみたかったどころか、やりたくない事の一つだったというのが正直なところ。

ただ、あの枝の黄色を見たら、好奇心に抗えない……。

2020年南天の枝草木染め1
(枝の切り口の黄色は、乾くと見た目には消えます)

晒で縫った袋に、刻んだ小枝を詰めて水に浸けると、薄っすら黄色!!

2020年南天の枝草木染め2

水を足しながら、2日掛けてグツグツと煮ては冷まし、煮ては冷まし。

2020年南天の枝草木染め3

2020年南天の枝草木染め4

2020年南天の枝草木染め5

2020年南天の枝草木染め6

方法が合っているのかどうかも判らないまま、兎にも角にも始めたからには最後まで辿り着かねば終われない。

枝の総量くらい量っておけば良かったと気づいたのも煮だしてからのことで、凡そ4mくらいの枝の長さはあったであろうとぼんやりと思うばかり。

勢いだけで、概ね雑なんですね、性質が……。

染液を作る傍ら、染める晒は豆乳(呉汁を用意するのは大変なので……)に浸し、乾かし、下処理。

煮出した染液は、すっかり真っ黒に

2020年南天の枝草木染め7

そして、枝を入れた晒の袋にも黄色がしっかり入っています。

2020年南天の枝草木染め8

マンドラゴラ?1


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい1

ついに緊急事態宣言が全面解除されましたね。
フラフラと遠いところに出かけてしまいたい気持になりますが、キュキュッといつでも急ブレーキが掛けられるような心持でいなくてはいけませんね。

さて、普段から在宅で仕事をしている私たちですが、こんなにも24時間ふたりっきりで過ごすようなことは大変に稀なことでした。
特に大きな喧嘩をすることもなく過ごしてはおりましたが、こうなって来ると、むしろこの特別な時間を有意義に使いたい!!

……が、案外上手く行かないもので、ふたりでもがき苦しんでおりました。

充実するのは、三度の飯とおやつの時間ばかりなり。

なんでだろう??

この機会にアレもやりたい、コレもやりたいが大噴出して大きな山が立ちはだかっている感じ。苦笑

元々お家好きの私たちには、家の中で出来る楽しみが多すぎるのかもしれません。(いや、楽しみじゃなくて、仕事をするべきなんですが……。)

仕方がないので、私は、新しく手を着けたくなることをむしろ避け、平常心を保つために、通常営業の庭の手入れを日課にしようと心に決めて動いておりました。

2020年柿の葉茶1

剪定した柿の葉は、

2020年柿の葉茶2

蒸して、

2020年柿の葉茶3

2020年柿の葉茶4

干して、

2020年柿の葉茶5

焙じて、

2020年柿の葉茶6

2020年柿の葉茶7

銅筒に詰めて、

2020年柿の葉茶9

お茶に。

サザエさんの湯呑みで、小休止。

2020年柿の葉茶8

更に剪定を進めて、柿の葉寿司を作るだけのつもりが、

2020年柿の葉寿司1
(お弁当箱でザックリ)

2020年柿の葉寿司2

2020年柿の葉寿司3
(こはだをつまみ食いしたせいで、少し隙間が出来ちゃったけど、まぁいいか……。)

2020年柿の葉寿司4

2020年柿の葉寿司5

半日置いている間に、もう少し種類が欲しくなり、

2020年甘えびの押し寿司1

甘海老の押し寿司も作ることになり……、

2020年甘えびの押し寿司2
(ギュッ!)

2020年柿の葉寿司6

結局、当初の目的からは遠く離れたイクラの軍艦にまで手を伸ばし、

2020年イクラの軍艦

庭仕事なんだか?台所仕事なんだか??
ついつい予定外の仕事を増やし気味です。

庭の剪定中には、こういうものも、出てくるわけで、

2020年南天の枝
(南天の樹皮の下に、鮮やかな黄色!!)

コレって染められるんじゃ??

調べてみれば案の定。

むむむむむ、たった今、染色がしたいわけじゃないんだが、染まるかどうかの確認はしたい!!

草木染め?媒染?ミョウバン??白い布の手持ち?う~~~~ん、材料家に揃ってるんじゃ??

もう、自分に対して嫌な予感しかしない……。

狭い家の中でマンガを見失うようになるとは


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

マスクも夏物へ

多くの都道府県で緊急事態宣言が解除され、未だ解除されていない東京ですら、なんとなく日常に戻ったかのような錯覚に陥りそうな今日この頃……、皆様、手洗い、うがい、マスクは継続ですよ♪

少し前に、ご近所の魚屋さんに行ったところ、魚屋のオバちゃんから「次亜塩素酸作ってる??」と声を掛けられました。
「電解水あげるから、1週間したらまた取りにおいで!!こういう時はお互い様よ!!」と2リットルのペットボトルをドンと手渡され、それ以来、我家の食卓には週一でお魚が並ぶようになっています。
ありがたいことです。

マスク……と言えば、先に手づくりマスクの記事をアップしましたが、サージカルマスクが容易に手に入るようになった現在も、私はちょこちょことマスク作りを続けております。

手づくりマスク19

手づくりマスク21

手づくりマスク24

手づくりマスク22

小倉充子さんの手ぬぐいだけでなく、工房カモの鴨川志野さんの手ぬぐいからも♪

手づくりマスク25

手づくりマスク26

特に最近は暑くなって参りましたし、マスクも衣替えした方がいいんじゃないか??と、暑さ対策に頭をひねっております。

目の粗いすぎる生地では飛沫予防にはならないし、涼しくて、洗いやすくて、肌にあたってもカサカサしなくて、型崩れもしない生地は無いものか??しかも手持ちのもので……。笑

そんな調子で、端布の箱をひっくり返しましたところ、ありました!とても良いものが、ありました♪

新之助上布さんの綿麻生地。
実は、小倉充子さんが絵羽キモノを染められる際にテスターとして染められた布があまりにも素敵だったので、端布を少しだけ頂いていたのです。

表綿麻1枚にガーゼ3枚バージョン

手づくりマスク28

手づくりマスク29

手づくりマスク27

綿麻1枚+ガーゼ1枚+綿麻1枚バージョン

手づくりマスク30

手づくりマスク31

試作品を着けたところで言うと、どちらもこれまで作って来た「手ぬぐい地1+ガーゼ4枚」より軽くてかなり涼しい♪
ただ、表裏を綿麻にしてガーゼ1枚を内側に入れたものは、若干飛沫予防としては目が粗いカモ……??汗

ガーゼより綿麻の方が肌への貼り付きが少なく、体感として布の温度を冷たく感じるので、『表地を手ぬぐい地1枚+内側綿麻1枚』がもしかすると一番合理的なのかもしれない??

そんなことをつらつらと考える毎日です。

手づくりマスク18

手づくりマスク20

手づくりマスク23

こちらの3枚は、ドイツからコロナ見舞を送ってくれた友人に、日本からのお見舞として送ったマスク。
それも4/2に一部地域宛の国際郵便が停止されるより前のこと。
メールやSNSやスカイプを使って簡単に連絡は取れますが、国際郵便は早く回復して欲しいものの1つですわ……。

動物のお医者さん


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

甘やかしの発動

ゆるゆるとした更新でしたが久しぶりの『うにさの別パラサイト 相方の入院』をお読み頂きありがとうございました。

相方のひよさです。(^^ゞ
ご心配おかけいたしましたが、今はすっかり元気になっております。

1月中旬に無事手術を終え、出てきたところでコロナ禍の兆し。
人工呼吸器を使ったことで、肺炎を起こすリスクが高くなっていたため、我家は早々と自粛態勢に入りました。
用心に用心を重ねて術後の外来に通っていたものの、
その通院帰りに昼食で立ち寄ったビルで、コロナの集団感染があったことを後になって知り青ざめ、
ようやく4月の頭に最後の検診をして病院通いも終わるハズ……と思っていた矢先、手術を受けた病院内でコロナ発生。
結局、最後の検診は出来ないままになってしまいましたが、必要な行動だけをしていても、身近なところにコロナは迫っているのだとひしひしと感じております。

今の状況に、広島へ介護に帰ることを足止めされていること以外では、殊更大きな困難を感じているわけではありませんが、いつもと同じかと言えば、やはり同じではなく、奇妙な感じで気忙しく、いつも以上に時間が足りないと思う日々。
具体的に何が足りないかと聞かれれば、概ね不足も無いのに、何かが欠けている……。

つい先日のこと、近所のケーキ屋さんで、支援のつもりでケーキを買いました。
家に帰ってコーヒーを入れて、ケーキを口に含んだら、びっくりするほどこれが美味しかったんですね。
今まで、何度も食べたことのあるケーキなのに、格別に。

嗚呼……、自分が想像している以上に、こういうものに自分が飢えていたのだということに気づかされる出来事でした。

なんだろう、甘いお菓子の話ではないのです。自分に対する『甘やかし』みたいなもの。

コロナの終息はまだまだ先が見えず、私たちはこれから自分でも気が付かないようなゆるやかな負荷を自分自身に掛けることになるでしょう。
時折『甘やかし』を自分や他人に発動することが、この異常事態を乗り切る術なのではないかと、思っている次第です。

写真は本日の『甘やかし』。
本日の甘やかし

自粛に必要な甘やかし


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 | HOME |  »

新刊のご案内

新版 召しませキモノ

新版 召しませキモノ書影

スタジオクゥ4冊目のコミックエッセイ。2012年発刊の旧版の情報部分を刷新し、描き下ろしを加えた新版。 旧版でも帯文を頂いた漫画家の近藤ようこ先生と目白花子先生に10年目の帯文も頂いています。 2023年1月18日発売予定。全国書店にて予約受付中。(イースト・プレス刊)

著者からのお願い

Amazonさんで販売されている既刊本の中には、新品として出品されている中古品や新古品が存在します。 今、この問題に多くの著者や出版社が心を痛めています。 了解した上で古本を買うことと、版元から出された正規品を購入したつもりで中古品を手にすることには差があります。 正規の価格でない商品に、意図せず誘導される場合もありますので、価格や出品者をご確認の上、不安な場合は、実店舗の書店さん、あるいは書店さんのオンラインショップでのご購入をご検討下さい。 これは、他の著者さんの書籍に関しても同様です。 また、このAmazonさんの中古商品問題については、書籍以外でも起きているトラブルですので、何卒皆さまご注意を。 ただし、新刊で予約の書籍につきましては、中古品がまだ出回っていない状態ですので、安心してご予約可能です。

温泉浴衣をめぐる旅

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ。 温泉宿の浴衣を皮切りに、私達の旅はどこまでも……。

温泉浴衣をめぐる旅書影

本の出版記念落語会レポートのコミックもwebでお読み頂けます。 誤記と誤植の訂正とお詫び。 ¥1324(税込価格)(イースト・プレス刊)

おひとり様のふたり暮らし

スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 気づけばスタジオクゥの同居も20年以上になりました。

おひとり様のふたり暮らし書影

帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪ 刊行記念に描き下ろした本には収録されていない番外編がwebでお読み頂けます。 楽しかった出版記念のちんどんイベントの動画も是非ご覧下さい。 ¥1210(税込価格)(イースト・プレス刊)

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

召しませキモノ書影

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版 『和服女孩 日本微旅行』も発売。 10年間ありがとうございました!! 2023年1月に新版発売のため2022年12月末をもって販売終了予定。 ¥1298(税込価格)(イースト・プレス刊)

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から16年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪
鼻緒のご紹介は主にInstagramとTwitterに上げています。
Instagram@studiokuu_hiyosa_unisa

Twitter
ひよさ@kimonobetsubara

うにさ@unisastudiokuu

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!