FC2ブログ

キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやまと無駄話                                        

お家の中は危険がいっぱい4

さて、例年通り、ひとつひとつ庭木を丸く丸く刈り込む作業を進めている私ですが、

脚立を出して、ワンピース姿で一心不乱に高いところで庭仕事をしている姿が危なっかしいのか?庭木を丸く刈り込むことに腐心し過ぎているのが傍目にも伝わるのか?
庭の手入れをしていると、ご近所の方から頻繁に声を掛けられます。

中でも、毎度心配して下さるのが、ご近所の小桜さん(仮名)。
ひょろりと背が高く、いつも穏やかで働き者の小桜さんは、私たちふたりがご近所で最も親しいおじいさんです。
大きな脚立を貸して下さったり、電動の刈り込み機を持って来て下さったり、何かとお世話になっておりますが、先日、こんな会話がありました。

小桜さん「おっ!、芍薬かい??」

2020年芍薬1

ひよさ「はい、毎年咲くんですけど、隣に植えてる芍薬が全然咲かないんですよね……」

そうなんです、この家に引っ越して来てから植えた2種類の芍薬の内1つが、一度も蕾を付けたことがないのです。
肥料は十分に与えているのに青々と茂るばかりの芍薬に、私、何年も今年こそはと手を焼いておりました。

刈り込み鋏を手にしていた小桜さん。
チョチョイチョイっと咲かない芍薬の葉を少し刈り込んで一言。

「イタメツケテおやんなさい……」

突然の黄門様張りのアドバイスに、私、笑いを堪えるのに必死でした。

来年は、咲くといいなぁ……。

マンドラゴラ?3


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい3

行き当たりバッタリの南天の草木染めのつづきのお話。

いよいよ小枝を引き上げた染液に、晒を入れます。

グツグツと時間を掛けて煮上げると、真っ白な晒が、黄色く染まっているではないですか!!

2020年南天の枝草木染め9

しかし、喜んだのも束の間、色を定着させるために媒染液である明礬水に浸けたところ、

2020年南天の枝草木染め10

明らかに、布から明礬水の方に色が移動してしまうではないですか。

2020年南天の枝草木染め11

肝心の布は、薄らグレー……。涙

再び染液に戻し、明礬水に入れ、繰り返すこと5回。

2020年南天の枝草木染め12

2020年南天の枝草木染め13

2020年南天の枝草木染め14

2020年南天の枝草木染め15

求める黄色は、布に入っては消え、入っては消え……、

2020年南天の枝草木染め16

2020年南天の枝草木染め17

2020年南天の枝草木染め18

2020年南天の枝草木染め19

2020年南天の枝草木染め20

結果、しっかりとしたベージュ色に布は染まることとなりました。

2020年南天の枝草木染め21
(左から晒の白。豆乳処理していない晒を染めたもの。豆乳処理した晒を染めたもの)

嫌な色ではないけれど、確かに居たはずの黄色を布に止めること叶わず……。

しかし、今年はこれ以上南天の枝を刈り込むことは出来ないので、来年の剪定までに、のんびり作戦を練り直すことといたしましょう。(茂れよ南天!!)
気長な気長な実験ですね。

ちなみに、明礬水を作っていた琺瑯の鍋で、翌日、柿の葉を蒸したところ、予定外に鍋が黄色く染まってしまったという……。

2020年南天の枝草木染め22

染めたいのは、そこじゃないし!これは多分違う黄色だし!!

儘なりませんわね。

マンドラゴラ?2


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい2

さて、南天の樹皮の下に、鮮やかな黄色を見つけてしまった私。

染色は数年前に藍染めにどっぷりと浸かったことがありましたが、以前からやってみたかったどころか、やりたくない事の一つだったというのが正直なところ。

ただ、あの枝の黄色を見たら、好奇心に抗えない……。

2020年南天の枝草木染め1
(枝の切り口の黄色は、乾くと見た目には消えます)

晒で縫った袋に、刻んだ小枝を詰めて水に浸けると、薄っすら黄色!!

2020年南天の枝草木染め2

水を足しながら、2日掛けてグツグツと煮ては冷まし、煮ては冷まし。

2020年南天の枝草木染め3

2020年南天の枝草木染め4

2020年南天の枝草木染め5

2020年南天の枝草木染め6

方法が合っているのかどうかも判らないまま、兎にも角にも始めたからには最後まで辿り着かねば終われない。

枝の総量くらい量っておけば良かったと気づいたのも煮だしてからのことで、凡そ4mくらいの枝の長さはあったであろうとぼんやりと思うばかり。

勢いだけで、概ね雑なんですね、性質が……。

染液を作る傍ら、染める晒は豆乳(呉汁を用意するのは大変なので……)に浸し、乾かし、下処理。

煮出した染液は、すっかり真っ黒に

2020年南天の枝草木染め7

そして、枝を入れた晒の袋にも黄色がしっかり入っています。

2020年南天の枝草木染め8

マンドラゴラ?1


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お家の中は危険がいっぱい1

ついに緊急事態宣言が全面解除されましたね。
フラフラと遠いところに出かけてしまいたい気持になりますが、キュキュッといつでも急ブレーキが掛けられるような心持でいなくてはいけませんね。

さて、普段から在宅で仕事をしている私たちですが、こんなにも24時間ふたりっきりで過ごすようなことは大変に稀なことでした。
特に大きな喧嘩をすることもなく過ごしてはおりましたが、こうなって来ると、むしろこの特別な時間を有意義に使いたい!!

……が、案外上手く行かないもので、ふたりでもがき苦しんでおりました。

充実するのは、三度の飯とおやつの時間ばかりなり。

なんでだろう??

この機会にアレもやりたい、コレもやりたいが大噴出して大きな山が立ちはだかっている感じ。苦笑

元々お家好きの私たちには、家の中で出来る楽しみが多すぎるのかもしれません。(いや、楽しみじゃなくて、仕事をするべきなんですが……。)

仕方がないので、私は、新しく手を着けたくなることをむしろ避け、平常心を保つために、通常営業の庭の手入れを日課にしようと心に決めて動いておりました。

2020年柿の葉茶1

剪定した柿の葉は、

2020年柿の葉茶2

蒸して、

2020年柿の葉茶3

2020年柿の葉茶4

干して、

2020年柿の葉茶5

焙じて、

2020年柿の葉茶6

2020年柿の葉茶7

銅筒に詰めて、

2020年柿の葉茶9

お茶に。

サザエさんの湯呑みで、小休止。

2020年柿の葉茶8

更に剪定を進めて、柿の葉寿司を作るだけのつもりが、

2020年柿の葉寿司1
(お弁当箱でザックリ)

2020年柿の葉寿司2

2020年柿の葉寿司3
(こはだをつまみ食いしたせいで、少し隙間が出来ちゃったけど、まぁいいか……。)

2020年柿の葉寿司4

2020年柿の葉寿司5

半日置いている間に、もう少し種類が欲しくなり、

2020年甘えびの押し寿司1

甘海老の押し寿司も作ることになり……、

2020年甘えびの押し寿司2
(ギュッ!)

2020年柿の葉寿司6

結局、当初の目的からは遠く離れたイクラの軍艦にまで手を伸ばし、

2020年イクラの軍艦

庭仕事なんだか?台所仕事なんだか??
ついつい予定外の仕事を増やし気味です。

庭の剪定中には、こういうものも、出てくるわけで、

2020年南天の枝
(南天の樹皮の下に、鮮やかな黄色!!)

コレって染められるんじゃ??

調べてみれば案の定。

むむむむむ、たった今、染色がしたいわけじゃないんだが、染まるかどうかの確認はしたい!!

草木染め?媒染?ミョウバン??白い布の手持ち?う~~~~ん、材料家に揃ってるんじゃ??

もう、自分に対して嫌な予感しかしない……。

狭い家の中でマンガを見失うようになるとは


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

マスクも夏物へ

多くの都道府県で緊急事態宣言が解除され、未だ解除されていない東京ですら、なんとなく日常に戻ったかのような錯覚に陥りそうな今日この頃……、皆様、手洗い、うがい、マスクは継続ですよ♪

少し前に、ご近所の魚屋さんに行ったところ、魚屋のオバちゃんから「次亜塩素酸作ってる??」と声を掛けられました。
「電解水あげるから、1週間したらまた取りにおいで!!こういう時はお互い様よ!!」と2リットルのペットボトルをドンと手渡され、それ以来、我家の食卓には週一でお魚が並ぶようになっています。
ありがたいことです。

マスク……と言えば、先に手づくりマスクの記事をアップしましたが、サージカルマスクが容易に手に入るようになった現在も、私はちょこちょことマスク作りを続けております。

手づくりマスク19

手づくりマスク21

手づくりマスク24

手づくりマスク22

小倉充子さんの手ぬぐいだけでなく、工房カモの鴨川志野さんの手ぬぐいからも♪

手づくりマスク25

手づくりマスク26

特に最近は暑くなって参りましたし、マスクも衣替えした方がいいんじゃないか??と、暑さ対策に頭をひねっております。

目の粗いすぎる生地では飛沫予防にはならないし、涼しくて、洗いやすくて、肌にあたってもカサカサしなくて、型崩れもしない生地は無いものか??しかも手持ちのもので……。笑

そんな調子で、端布の箱をひっくり返しましたところ、ありました!とても良いものが、ありました♪

新之助上布さんの綿麻生地。
実は、小倉充子さんが絵羽キモノを染められる際にテスターとして染められた布があまりにも素敵だったので、端布を少しだけ頂いていたのです。

表綿麻1枚にガーゼ3枚バージョン

手づくりマスク28

手づくりマスク29

手づくりマスク27

綿麻1枚+ガーゼ1枚+綿麻1枚バージョン

手づくりマスク30

手づくりマスク31

試作品を着けたところで言うと、どちらもこれまで作って来た「手ぬぐい地1+ガーゼ4枚」より軽くてかなり涼しい♪
ただ、表裏を綿麻にしてガーゼ1枚を内側に入れたものは、若干飛沫予防としては目が粗いカモ……??汗

ガーゼより綿麻の方が肌への貼り付きが少なく、体感として布の温度を冷たく感じるので、『表地を手ぬぐい地1枚+内側綿麻1枚』がもしかすると一番合理的なのかもしれない??

そんなことをつらつらと考える毎日です。

手づくりマスク18

手づくりマスク20

手づくりマスク23

こちらの3枚は、ドイツからコロナ見舞を送ってくれた友人に、日本からのお見舞として送ったマスク。
それも4/2に一部地域宛の国際郵便が停止されるより前のこと。
メールやSNSやスカイプを使って簡単に連絡は取れますが、国際郵便は早く回復して欲しいものの1つですわ……。

動物のお医者さん


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

甘やかしの発動

ゆるゆるとした更新でしたが久しぶりの『うにさの別パラサイト 相方の入院』をお読み頂きありがとうございました。

相方のひよさです。(^^ゞ
ご心配おかけいたしましたが、今はすっかり元気になっております。

1月中旬に無事手術を終え、出てきたところでコロナ禍の兆し。
人工呼吸器を使ったことで、肺炎を起こすリスクが高くなっていたため、我家は早々と自粛態勢に入りました。
用心に用心を重ねて術後の外来に通っていたものの、
その通院帰りに昼食で立ち寄ったビルで、コロナの集団感染があったことを後になって知り青ざめ、
ようやく4月の頭に最後の検診をして病院通いも終わるハズ……と思っていた矢先、手術を受けた病院内でコロナ発生。
結局、最後の検診は出来ないままになってしまいましたが、必要な行動だけをしていても、身近なところにコロナは迫っているのだとひしひしと感じております。

今の状況に、広島へ介護に帰ることを足止めされていること以外では、殊更大きな困難を感じているわけではありませんが、いつもと同じかと言えば、やはり同じではなく、奇妙な感じで気忙しく、いつも以上に時間が足りないと思う日々。
具体的に何が足りないかと聞かれれば、概ね不足も無いのに、何かが欠けている……。

つい先日のこと、近所のケーキ屋さんで、支援のつもりでケーキを買いました。
家に帰ってコーヒーを入れて、ケーキを口に含んだら、びっくりするほどこれが美味しかったんですね。
今まで、何度も食べたことのあるケーキなのに、格別に。

嗚呼……、自分が想像している以上に、こういうものに自分が飢えていたのだということに気づかされる出来事でした。

なんだろう、甘いお菓子の話ではないのです。自分に対する『甘やかし』みたいなもの。

コロナの終息はまだまだ先が見えず、私たちはこれから自分でも気が付かないようなゆるやかな負荷を自分自身に掛けることになるでしょう。
時折『甘やかし』を自分や他人に発動することが、この異常事態を乗り切る術なのではないかと、思っている次第です。

写真は本日の『甘やかし』。
本日の甘やかし

自粛に必要な甘やかし


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

2018年新年あけましておめでとうございます。

2018年元旦スタジオクゥ

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お江戸の小正月2

さて、小正月の小倉家の台所でのお話

「私もね、お嫁に来た時にはびっくりしたわよ。だって実家じゃサラサラの小豆粥だったもの・・・」と話されるのは充子さんのお母様。

「甘いしね、ドロドロだし、この人のお母さんなんて、食べる時に更にお砂糖振って食べてたって言うのよ。」
「でもそれがね、充子も言うけど、なんだか食べたくなるのよ・・・。」

うんうんと首を縦に振られるお父様。
「このあたりでもうちの親戚くらいっきゃ食べるって聞かないね。」

再び、お母様「15日に炊いてね、16、17日と置いて、18日にね食べるのよ。18日が最後。でもね、それが何でだか解らないのよ。」

横からお父様が「もう、解る人がいなくなっちまった・・・。」

ひとしきりお話を伺った後に、調理の開始です。

ガスの上には、白粥と小豆がそれぞれの鍋で炊かれて待機しております。

ひ「この小豆は甘いのですか??」
充子母「ううん、ここではまだ砂糖は入って無いのよ。茹でただけ。お赤飯にだって使えるわ。」

ぐつぐつと煮えるお粥の中に、小豆とその煮汁が投入されて、あっという間に実家でも見覚えのある小豆粥の様相となりました。

・・・が、ここからが違いました。

お米と同量あるいはそれより多い??と思われる量の細かく切ったお鏡餅が投入されるのです。驚

2015年1月小倉家小豆粥1

ぐつぐつを超えて、お鍋はグラグラと煮立ち、お餅はユルユルと溶けて、水分はどんどん飛び、粘りが出てドロドロです。

2015年1月小倉家小豆粥2

ここでお砂糖投入!!

おお?結構入るけど想像していたよりは少ないかな??

すかさず充子さん「昔通りにやってよー。加減しないで!!初めて作るの手伝うんだから、ちゃんと教えてよーー!!」

充子母「まぁ、こんなもんよ。適当にやりなさいよ、適当に!え?そうなの?うーん、じゃあ、もう少しね入れるかね・・・。」

お砂糖追加。笑

2015年1月小倉家小豆粥3

母と娘のやりとりを横に、お鍋の中は、お餅とお米が混然一体となって、ポッテポテの糊のような仕上がりです。

頂きま~す。

2015年1月小倉家小豆粥4

こ、これは、生まれて初めて食べる強烈な糊状の食感。驚
一度にたくさん口に入れると、溺れてしまいそうです!!
しかし・・・あれ・・・あれれ??美味しい!!

実は、私、お汁粉やお善哉があまり得意ではありません。
甘く炊いた豆も苦手でございます。
ですから、この日は、苦手であるかもしれないことを覚悟して望んだのですが、これは美味しい!!

確かに甘いお粥なのですが、小豆部分が甘くないことで、ただただ甘いだけではなく抜け感があるんですね。

ひ「私、善哉やお汁粉より、こっちの方が美味しいと思う!!」
充「ね、意外とイケルでしょう~♪笑」
充「前から1回試してみたかったんだけど、ちょっとだけ塩入れてみたいんだよね。」
ひ「塩気のある大福が美味しいみたいな感じだね♪」

よしよしとばかりに、パラパラと塩を入れて一口。

「う~ん・・・。塩要らないね。」

そのままの方がずっと美味しいと意見は一致。笑

恐る恐る食べた小倉家の小豆粥でしたが、結局お代わりをし、更にお土産として頂いて帰る程でありました。
頂いたお粥はきっちり18日にうにさと一緒に食しましたよ♪

帰宅後、小正月の小豆粥について調べてみたところ、『一月の行事レシピ』という面白いサイトを発見しました。

江戸時代に書かれた『守貞謾稿』には江戸では砂糖を入れ、京阪は塩を入れて食べていたと記されているようですよ♪
1月15日と18日の項を読むと、小倉家ではお江戸の古い習慣が続いていることが解りますね。

ちなみに『十八粥』というのは、新年の季語でもあるそうです。

2015年1月小倉家竈神御幣

写真は小倉家の台所にあった竈神の神棚。

赤い御幣って大神神社の赤御幣くらいしか知らなかったのですが、竈神にも飾るものなのですね。

ちなみに、我家では何故だか竈神にだけは三段の鏡餅をお供えします。理由は、祖母がそうしていたからとしか言いようがないのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さいませ。(形もちょっと変わっていて、下から大・小・中のサイズ。)

いろいろと勉強になった楽しい一日でした。
小倉家の皆様!ありがとうございました!!

三重の風習について母トモコに聞いてみた


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お江戸の小正月1

うにさの体調不良でご心配をお掛けしました。

今日はまた冷え込んでおりますが、少し暖かい日が続いて、ヒヤシンスの花芽も出てまいりましたよ♪

2015年1月ヒヤシンスのつぼみ

さて、もうひとつ新年らしい話題を。

小正月や女正月とも呼ばれる1月15日のこと、珍しく午前中から活動的に動いた私は、いそいそとお江戸は神田神保町へと向かったのでありました。

場所は小倉充子さんの実家の大和屋履物店
しかし、お訪ねしたのは、お店ではなく、その台所。

いえいえ、宴会の準備ではありませぬよ。苦笑

皆様は小正月と聞いて何を思い浮かべられますか?

小豆粥と答えられた方々!大正解!!今回はまさしくその小豆粥のお話。

小倉家の小豆粥の話を聴いたのはもう随分前のことです。

「充子さんにとって母の味って何かある?」そんな私の質問に対して、充子さんから返って来た言葉は「小正月に母親が作る甘くてドロッドロの小豆粥。子供の頃は大っ嫌いだったんだけど、最近時々食べたくなるんだよね・・・。」

んん?甘いお粥??しかもドロッドロとは???
うちの小豆粥は甘くないよ・・・??

疑問符でいっぱいの小倉家の小豆粥は、そのまま私の頭の中で未解決事件として居座り続け、ちょっと忌々しくも懐かしげな充子さんの表情と共に、毎年この季節になると、思い出されるのでありました。

考えてみれば、私、東京暮らしも長くなりましたが、友人の家に遊びに行く機会はあれども、お江戸のお母さんの味というものをほとんど食したことが無いのです。

充子さんの言葉から想像する限り、私の苦手な種類の食べ物である可能性は大きくありましたが、どうにも興味の方が勝ってしまう・・・。だって、ずっと続いているものでしょう。好き嫌いはあっても、旨味という点で考えれば、どんな種類のものなのか、気になって仕方がない。しかも外食では味わえない種類のものとなると、益々妄想は膨らむばかりです。

そこで、今年はついに、ご家庭の行事に割り込ませて頂いたというか、謎の小倉家小豆粥を体験するために、ご実家の台所へと潜入させて頂いたのでありました。

前振りが長くなって来たので、本編は次回!!笑

家が寒すぎるせいか?中年の病なのか?


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ちょこっとお正月ちょこっと初詣2

さて、2015年初詣の日のおキモノのお話。

今年は、しばらく寝かせおいたキモノに袖を通してみましたよ♪

2015年初詣神明宮にて2

10代の頃に祖母ふみゑが用意してくれたキモノです。

前に着たのは2009年の初詣のこと。
若々しい色目のおキモノですので、もうそろそろ危険領域かしら??と恐る恐るの着用でしたが・・・、

2015年初詣神明宮にて4

大丈夫でした!まだしばらくは着られそうです!!笑

とはいえ、ちょいと帯は渋めの色目のものを。

2015年初詣神明宮にて5

はい、昨年の秋にLUNCOさんで求めた大津絵の帯でございます。

節分に卸そうかとも思ったのですが、新年ですから何か新しいものを1つは使いたいと思いましてね♪

2015年初詣神明宮にて6

赤いパンツの鬼が、カッカカッカと笑って並んでいるところが出るように結んでみましたよ。

2015年初詣神明宮にて7

鷹匠さんもゾロゾロと。

しかし、よいお天気でしたのに、おキモノ姿の方は何故か少なかったなぁ・・・幼稚園くらいの男の子に「あ!キモノ着てる!!」と叫ばれたくらいのキモノ率でしたかね・・・。苦笑

今年もたくさんのキモノと会えますように!美味しいものもいっぱい食べられますように!!

半分の鹿


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 | HOME |  »

新刊のお知らせ

スタジオクゥ3冊目のコミックエッセイ『温泉浴衣をめぐる旅』

web上で一部先読みも公開されています♪ webメディア「MATOGROSSO」『温泉浴衣をめぐる旅 スタジオクゥ ひよさ&うにさ』 http://matogrosso.jp/onsen-yukata/01.html

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
近頃は更新が滞り気味ですが、お気楽キモノのブログとしてスタートしたこのブログも、開設から12年目へと突入しました。相変わらず、相棒うにさと、女ふたりの同居生活をしながら、コミックエッセイを描いたりしています。ブログでは私ひよさが文章担当。イラストをうにさが担当。時々アップされる『うにさの別パラサイト』もお楽しみに♪

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

おひとり様のふたり暮らし

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。スタジオクゥ2作目のコミックエッセイ。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: