キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江戸の小正月2

さて、小正月の小倉家の台所でのお話

「私もね、お嫁に来た時にはびっくりしたわよ。だって実家じゃサラサラの小豆粥だったもの・・・」と話されるのは充子さんのお母様。

「甘いしね、ドロドロだし、この人のお母さんなんて、食べる時に更にお砂糖振って食べてたって言うのよ。」
「でもそれがね、充子も言うけど、なんだか食べたくなるのよ・・・。」

うんうんと首を縦に振られるお父様。
「このあたりでもうちの親戚くらいっきゃ食べるって聞かないね。」

再び、お母様「15日に炊いてね、16、17日と置いて、18日にね食べるのよ。18日が最後。でもね、それが何でだか解らないのよ。」

横からお父様が「もう、解る人がいなくなっちまった・・・。」

ひとしきりお話を伺った後に、調理の開始です。

ガスの上には、白粥と小豆がそれぞれの鍋で炊かれて待機しております。

ひ「この小豆は甘いのですか??」
充子母「ううん、ここではまだ砂糖は入って無いのよ。茹でただけ。お赤飯にだって使えるわ。」

ぐつぐつと煮えるお粥の中に、小豆とその煮汁が投入されて、あっという間に実家でも見覚えのある小豆粥の様相となりました。

・・・が、ここからが違いました。

お米と同量あるいはそれより多い??と思われる量の細かく切ったお鏡餅が投入されるのです。驚

2015年1月小倉家小豆粥1

ぐつぐつを超えて、お鍋はグラグラと煮立ち、お餅はユルユルと溶けて、水分はどんどん飛び、粘りが出てドロドロです。

2015年1月小倉家小豆粥2

ここでお砂糖投入!!

おお?結構入るけど想像していたよりは少ないかな??

すかさず充子さん「昔通りにやってよー。加減しないで!!初めて作るの手伝うんだから、ちゃんと教えてよーー!!」

充子母「まぁ、こんなもんよ。適当にやりなさいよ、適当に!え?そうなの?うーん、じゃあ、もう少しね入れるかね・・・。」

お砂糖追加。笑

2015年1月小倉家小豆粥3

母と娘のやりとりを横に、お鍋の中は、お餅とお米が混然一体となって、ポッテポテの糊のような仕上がりです。

頂きま~す。

2015年1月小倉家小豆粥4

こ、これは、生まれて初めて食べる強烈な糊状の食感。驚
一度にたくさん口に入れると、溺れてしまいそうです!!
しかし・・・あれ・・・あれれ??美味しい!!

実は、私、お汁粉やお善哉があまり得意ではありません。
甘く炊いた豆も苦手でございます。
ですから、この日は、苦手であるかもしれないことを覚悟して望んだのですが、これは美味しい!!

確かに甘いお粥なのですが、小豆部分が甘くないことで、ただただ甘いだけではなく抜け感があるんですね。

ひ「私、善哉やお汁粉より、こっちの方が美味しいと思う!!」
充「ね、意外とイケルでしょう~♪笑」
充「前から1回試してみたかったんだけど、ちょっとだけ塩入れてみたいんだよね。」
ひ「塩気のある大福が美味しいみたいな感じだね♪」

よしよしとばかりに、パラパラと塩を入れて一口。

「う~ん・・・。塩要らないね。」

そのままの方がずっと美味しいと意見は一致。笑

恐る恐る食べた小倉家の小豆粥でしたが、結局お代わりをし、更にお土産として頂いて帰る程でありました。
頂いたお粥はきっちり18日にうにさと一緒に食しましたよ♪

帰宅後、小正月の小豆粥について調べてみたところ、『一月の行事レシピ』という面白いサイトを発見しました。

江戸時代に書かれた『守貞謾稿』には江戸では砂糖を入れ、京阪は塩を入れて食べていたと記されているようですよ♪
1月15日と18日の項を読むと、小倉家ではお江戸の古い習慣が続いていることが解りますね。

ちなみに『十八粥』というのは、新年の季語でもあるそうです。

2015年1月小倉家竈神御幣

写真は小倉家の台所にあった竈神の神棚。

赤い御幣って大神神社の赤御幣くらいしか知らなかったのですが、竈神にも飾るものなのですね。

ちなみに、我家では何故だか竈神にだけは三段の鏡餅をお供えします。理由は、祖母がそうしていたからとしか言いようがないのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さいませ。(形もちょっと変わっていて、下から大・小・中のサイズ。)

いろいろと勉強になった楽しい一日でした。
小倉家の皆様!ありがとうございました!!

三重の風習について母トモコに聞いてみた


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
スポンサーサイト

お江戸の小正月1

うにさの体調不良でご心配をお掛けしました。

今日はまた冷え込んでおりますが、少し暖かい日が続いて、ヒヤシンスの花芽も出てまいりましたよ♪

2015年1月ヒヤシンスのつぼみ

さて、もうひとつ新年らしい話題を。

小正月や女正月とも呼ばれる1月15日のこと、珍しく午前中から活動的に動いた私は、いそいそとお江戸は神田神保町へと向かったのでありました。

場所は小倉充子さんの実家の大和屋履物店
しかし、お訪ねしたのは、お店ではなく、その台所。

いえいえ、宴会の準備ではありませぬよ。苦笑

皆様は小正月と聞いて何を思い浮かべられますか?

小豆粥と答えられた方々!大正解!!今回はまさしくその小豆粥のお話。

小倉家の小豆粥の話を聴いたのはもう随分前のことです。

「充子さんにとって母の味って何かある?」そんな私の質問に対して、充子さんから返って来た言葉は「小正月に母親が作る甘くてドロッドロの小豆粥。子供の頃は大っ嫌いだったんだけど、最近時々食べたくなるんだよね・・・。」

んん?甘いお粥??しかもドロッドロとは???
うちの小豆粥は甘くないよ・・・??

疑問符でいっぱいの小倉家の小豆粥は、そのまま私の頭の中で未解決事件として居座り続け、ちょっと忌々しくも懐かしげな充子さんの表情と共に、毎年この季節になると、思い出されるのでありました。

考えてみれば、私、東京暮らしも長くなりましたが、友人の家に遊びに行く機会はあれども、お江戸のお母さんの味というものをほとんど食したことが無いのです。

充子さんの言葉から想像する限り、私の苦手な種類の食べ物である可能性は大きくありましたが、どうにも興味の方が勝ってしまう・・・。だって、ずっと続いているものでしょう。好き嫌いはあっても、旨味という点で考えれば、どんな種類のものなのか、気になって仕方がない。しかも外食では味わえない種類のものとなると、益々妄想は膨らむばかりです。

そこで、今年はついに、ご家庭の行事に割り込ませて頂いたというか、謎の小倉家小豆粥を体験するために、ご実家の台所へと潜入させて頂いたのでありました。

前振りが長くなって来たので、本編は次回!!笑

家が寒すぎるせいか?中年の病なのか?


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ちょこっとお正月ちょこっと初詣2

さて、2015年初詣の日のおキモノのお話。

今年は、しばらく寝かせおいたキモノに袖を通してみましたよ♪

2015年初詣神明宮にて2

10代の頃に祖母ふみゑが用意してくれたキモノです。

前に着たのは2009年の初詣のこと。
若々しい色目のおキモノですので、もうそろそろ危険領域かしら??と恐る恐るの着用でしたが・・・、

2015年初詣神明宮にて4

大丈夫でした!まだしばらくは着られそうです!!笑

とはいえ、ちょいと帯は渋めの色目のものを。

2015年初詣神明宮にて5

はい、昨年の秋にLUNCOさんで求めた大津絵の帯でございます。

節分に卸そうかとも思ったのですが、新年ですから何か新しいものを1つは使いたいと思いましてね♪

2015年初詣神明宮にて6

赤いパンツの鬼が、カッカカッカと笑って並んでいるところが出るように結んでみましたよ。

2015年初詣神明宮にて7

鷹匠さんもゾロゾロと。

しかし、よいお天気でしたのに、おキモノ姿の方は何故か少なかったなぁ・・・幼稚園くらいの男の子に「あ!キモノ着てる!!」と叫ばれたくらいのキモノ率でしたかね・・・。苦笑

今年もたくさんのキモノと会えますように!美味しいものもいっぱい食べられますように!!

半分の鹿


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ちょこっとお正月ちょこっと初詣1

あらためまして、新年明けましておめでとうございます。

2015年未年

未年でございます。

皆様は、年末年始を如何お過ごしでしたか?

スタジオクゥは、大掃除も出来ぬまま、原稿と睨み合う日々を過ごしておりました。

とはいえ、例年のごとく、玄関先だけはお正月気分♪

2015年新年飾り1

鏡餅の後ろに見えるのは、小倉充子さんの今年の干支手ぬぐいであります。

2015年新年飾り3

オリエンタルな感じもあって、とっても素敵でしょう~。

2015年新年飾り2

蝋梅も良く似合います♪

只今、大和屋履物店のネットSHOPでは品切れ中のようですが、1月中旬には入荷するそうですので、今年の1枚として是非お求め下さいまし!!色違いの黒も素敵ですよ。

さて、暮れからずっと座り込んで仕事と食べることしかしていなかった私達、ちっとは歩いたりもしないと脚がどうにかなってしまいそうだ・・・と新年3日にモソモソと初詣に出掛けて参りました。

今年はどこに行こうかな??

選んだのは、阿佐ヶ谷神明宮

2015年初詣神明宮にて1

参拝は結構な行列です。汗

何年か前に、タモリ倶楽部で曳家工事が紹介されていたのを覚えていらっしゃる方もあるかもしれません。笑

うにさが三重県出身ですし、お伊勢さんに関わりのある神社がいいかな??と思ってのことでしたが、決め手はもう1つありました。
阿佐ヶ谷神明宮では、毎月第1土曜日に『 我楽多市』が開かれており、今年は1月3日に初市が立つということでしたから、新年の運試しがてら出掛けることにしたのです。笑

戦利品は

2015年初詣神明宮我楽多市戦利品2

切子のお皿と小さな漆器を2つ。

2015年初詣神明宮我楽多市戦利品1

あぁ・・・また食器増やしちゃった・・・。

今年も懲りない一年になりそうな予感。苦笑

帰りがけに、うさぎやさんで、はなびら餅もget!!

阿佐ヶ谷うさぎやはなびら餅1

実は、11月からお茶のお稽古をお休みしており、今年は頂けないと思っていたところでしたので、どら焼きそっちのけで、はなびら餅を連れて帰ったのでありました。

阿佐ヶ谷うさぎやはなびら餅2

夏向きですが、秋田の富貴張(蕗張)皿に乗せて、お薄を点てて頂きましたよ♪

この日は着初めも致しましたので、次回はそのお話を。

脚がどうかなってるんじゃないかと


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

あらためまして

新年も10日以上を過ぎた遅いスタートのブログですが、あらためまして、明けましておめでとうございます。

馬面も見飽きていらっしゃるやもしれませんが、ここは、もうひとつ♪

古賀人形馬

皆様、如何お過ごしでしたか?

私達は、年明け3日まで年賀状を引きづりながらも、2日には仕事初めの新年でしたが、珍しく元旦の早朝には近所のお寺に初詣も済ませ、両方の実家から年末に届けられた1ヵ月は優に籠城出来るであろう食材を端から食べつくしながら、肥え太る日々を過ごしておりました。

ま、良い年明けですね。笑

お正月らしい準備は、玄関だけ。

2014年お正月お飾り1

小倉充子さんの今年の干支手ぬぐい2枚(「駒尽くし」「瓢箪から駒」)と、小さい神様や縁起物いっぱい♪

そうそう、初詣で引いたおみくじが、半吉と末吉だったのですが、2人揃って、かつて見たことも無いほど惨憺たる内容でして、あれは無かったことにしようと話しております。
・・・というか、あれで今年の厄は全部落ちたに違いない!!

そんなわけで、5日の初釜で引いた「辻占」を採用。

よいことがかさなる

「よいことがかさなる」。

この一年、重ね重ねで皆様にも良いことがありますように。

イソップ童話の中では


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

短い逢瀬

月にススキの帯が出てきたところで、着姿のみもう一報。

2011年月見の頃5

9月初旬、中秋の名月の直前にも同じ帯を締めて出掛けておりました。

2011年月見の頃1

この日は、帯のお月様が主役でしたので、小物の色は抑えて帯締めも黒。

2011年月見の頃3

帯結びは、成り行きです・・・。苦笑

2011年月見の頃4

先日、簡単な衣替えをして、この帯は仕舞ってしまいましたが、いっそのこと素材を気にせず10月まで結んでしまえばよかったと少し後悔。思えば短い逢瀬の帯であります。

おキモノは、この夏LUNCOさんで求めたものです。
なんだか、たくさんの鉄色の目玉が並んでいるみたいでしょう♪笑

2011年月見の頃2

気に入っております♪♪
恐らく昔の既製品。

2011年月見の頃6

?10号かな??笑

頭には知恵の輪みたいな簪。

2011年月見の頃7

キモノを着ていると、時折知らない方からお声を掛けて頂くことがあるのですが、この日は電車の中で酔っ払いのおじさんに親指を立てて応援されました。苦笑
同じ動作で返すのも妙なので、一応ペコリと頭を下げておきました。(おじさん・・・静かに!!)

ごきげんだなぁもぅ


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

遅い着初め

年が変り、松も取れた頃、のそりのそりと着初めをする私。

2011年着初め1

今年はキモノのスタートが随分遅くなってしまいました。
毎日キモノを着るような生活はしておりませんが、それでも2週間近くキモノに袖を通さなかったのは久しぶりのことでございます。

久々に袖を通し、今更ながらに思ったこと・・・温い・・・腰が楽だぁ~~~。

2011年着初め2

ここ数日、寒くて寒くて、室内でありえない厚着をしておりましたが、普通に袷のキモノを着て、割烹着を着れば少し汗ばむ程ではないですか。

なんだ・・・キモノ着れば良かったんじゃない。苦笑

特にどこかに出掛けるわけでもないお家キモノですが、一応新年らしい感じにまとめてみました。

2011年着初め3

緑の梅鉢のおキモノに、正尚堂さんで頂いた宝尽くしの繻子帯

2011年着初め4

帯留代わりに、薩摩ボタンの波うさぎ。

2011年着初め5

薩摩ボタン、かわいくて大好きなのですが、25mmサイズのラインナップがもう少し増えるといいのになぁ・・・15mmサイズは帯留代わりにするには、小さ過ぎるのが惜しいと思うのです。

今年も楽しくキモノが着られますように。

素敵な出会いがありますように。

そして、必要以上にモノが増えませんように・・・諸々。

それは抱負じゃなくて覚え書き


頂いたコメントへのご返事が滞っておりますが、近々必ず!!

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ドタバタの年末年始

あらためまして、新年明けましておめでとうございます。

2011年新年2

年末年始、各地で大雪が降ったようですが、楽しいお正月をお過ごしになりましたか?

スタジオクゥは、昨年よりも更にお正月らしくない日々を過しておりました。涙

仕事がね、あることは解っていたことなのですがね、年末に少しばかり他のことでもバタバタいたしまして・・・。

実は、年明け1月末のお引越しを計画し、契約書を交わす寸前まで行ってお断りするという事態が起きまして・・・なにやら呆然と年を越してしまいました。

仕事を抱えてのお引越し故に、1ヶ月くらいはブログもお休みさせて頂こうか?
年賀状は無しにして、落ち着いてから転居ハガキでのご挨拶の方がいいよね・・・??

図面を見ながら、
「畳の部屋は絶対譲らない!!」
「新しいお家では、図書館スペースを作ろうか?」
「ここには新しいテーブルを買ってもいいね♪」
「ひよさの持ってるあの荷物はこの機会に捨ててね!」
「いやいや、うにさの方こそ、あれを新しい家に持ち込まないでよ!!」
・・・と日々仕事の合間に話すことは新生活のことばかり。

そうなんです、私たち引越し計画をかなり楽しんでいたのです。

いや・・・本当に、あんな土壇場で契約をこちらから断るようなことになるなんて、思ってもみませんでしたワ・・・。

不動産屋さんの担当者さんも一生懸命な方でしたし、物件もとても気にいっていたのですが、思いがけないところで人には曲げられないことがあるものです。

断る原因になったのは、その不動産屋さんに導入されている家賃の支払いシステムでありました。
大手の不動産屋さんであったのですが、支払いがカード会社を通す仕組みになっていたのです。

毎月、家賃以外に、手数料としてカード会社が家賃の1パーセントを受け取る・・・銀行から自動振込みにしたって、そんなに高い手数料は発生しないのに、何故にカード会社を通さねばならぬのか??

この事実を説明されていなかったものですから、書類を用意するために自宅に持ち帰って発見した時には、驚愕いたしましたよ。

カード会社を通す契約は、近年、保証人を立てない契約の場合に取られる方法としてあるようですが、私たちは保証人を立てる契約でしたし、何よりも、どうしてそんな大事な情報を説明しないのか・・・?

不動産屋さんに電話をして、それについての説明を求めたところが、かなり無理のある解説。

辻褄・・・合ってないんですけど・・・。

折り返し再度電話を受け、説明不足でしたから月々の手数料を安くしますから・・・との打診。

駄目です・・・益々話の辻褄が合わないし、そういう問題じゃないんです・・・契約するのが不安です。涙

ご縁が無かったのね・・・。

1ヶ月近く、このお引越しに向けて心躍らせ準備を進めていた私たちは意気消沈。

もちろん、不動産屋さんの担当者さんも溜息。

おまけに、見積を頼んであった引越し屋さん3軒からはジャンジャンと電話が鳴り、これまた受話器越しにガックリと肩を落とされ、たくさんの人の溜息を聞く年末となってしまったのでした。

ああぁぁぁ・・・自分が溜息つくのはもちろん嫌ですが、人の溜息を聞くのも結構なストレス・・・。

そして、取りやめにする予定でいた年賀状は必要となり、ふたり、新年の朝陽を浴びながら年賀状描くこととなったのでありました。

2011年新年1

2011年、果してスタジオクゥはお引越し出来るのか?
波瀾の幕開けではありますが、いかなることも楽しみながら進んで行きたいと思います。

ちなみに、仕事三昧のお正月、スタジオクゥの息抜きは、何故か歌舞伎調で会話をすることでありました。(大げさな身振り付きでないと話し難い・・・。)

ん?初詣ですか??まだ行っておりませぬ。苦笑

例年以上にバタバタでした


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

2年分の誕生日・・・1

11月初旬のこと、私、誕生日を迎えました。
毎年毎年決まって来るはずのものなのに、今年は行きがかり上、一度に2つ歳を
取ることに・・・。

嬉しいような、迷惑なような・・・。

皆様には、何のことやらですね。苦笑

実は、例年秋口から暮にかけては忙しいことが多く、正直なところ誕生日どころではないのです。

昨年もそんな調子で過ぎる予定だったのに、いつもとは少し様子が違っておりました。

山茶花2

うにさがね、どうしても誕生日祝いをすると言って聞かないのです。

確か、すごく早い時期に、誕生日プレゼントを選んでくれたのですが「渡してしまったら絶対に祝いをしないでそのままになるに決まってる!!」 と言って、誕生日が過ぎてもプレゼントを人質の様に仕舞い込んで放しませんでね。(私が言うならまだ解る理屈なんですが・・・。苦笑)

そのまま年を越し、「もうそろそろいいんじゃない?」と言っても、「こうなったら祝うまでは意地でも渡すものか・・・」と言い張りまして・・・。

私としては当日に「おめでとう」と言って貰いましたし、プレゼントの中身だって知っているのですからそれで十分だったのですが、時間が過ぎるうちに、徐々にその状況が面白くなって参りまして・・・「じゃ、祝われるまでは歳は取らないことにするワ・・・」と調子の良い話にしておりました。

更に拍車をかけたのが今年のうにさの誕生日(6月)。
「祝えない」苦しみに悶えるうにさを尻目に、私はうにさの誕生日当日にお祝いを進め、益々このゲームはエスカレートしたのです。

9月の頭には、「今年の誕生日プレゼントにコレはどう??」と訊かれ、「嬉しいケド、去年のは??」と返したところ、「ひよさの誕生日にはネジレ現象が起きている・・・。」の一言の元、早々に取ってもない歳の分の誕生日プレゼントを渡される始末。

ありがたくはあるけれど、微妙に間違ってるよ、うにさ・・・。苦笑

そんなこんなで、このゲームの終止符を打つべく、今年のお誕生日の1週間前、去年のお誕生日祝いが開催されたのでありました。

変なコンビ。苦笑

うにさの心の声

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お盆も終わりましたね・・・

うにさの別パラサイトの方でお盆のお話が出ましたので、私の方も少々。

以前に、広島のお盆の灯篭についてお話したことがありますが、その際にご紹介した写真は、新仏さんが出た時のものでした。(詳しくはコチラ

通常のお参りに持って行くのはこちら。

広島のお盆1

カラフルでしょう。

広島のお盆3

浄土真宗安芸門徒特有の灯篭ですが、風が吹くと吹流しが長く棚引いて、なかなかに美しいものです。

広島のお盆2

更に、夜になると、この内側に蝋燭を立て、火が灯ります。

お墓の密集した墓地では、幻想的な光景となりますが、山沿いに1つだけ建っているお墓の灯篭は、人魂が火をともしたようで、子どもの頃は、ちょっぴり怖い存在でした。

鬼灯

広島のお盆4


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 | HOME |  »

お知らせ

Webメディア『マトグロッソ』で、連載しておりましたスタジオクゥの『おひとり様のふたり暮らし』が2015年6月7日に刊行されました。 帯文を脚本家の木皿泉さんに頂いております♪

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』と刊行を記念して描き下ろした本編には収録されていない出版記念番外編がwebでお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版も発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。