キモノは別腹

コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』の イラスト付きキモノよもやま                                        

初めての手ぬぐい作り4

引き続き本日もスタジオクゥ初の手ぬぐい『股旅縞』が出来るまでのお話。

小倉充子さんを通して、型彫り師の木内愛さんにメールでモノクロの下絵を送った私達。
型を彫る上での細かい注意点なども、充子さん任せで愛さんに伝えて頂き、再び大船に乗ったような気持ちで、型が彫り上がるのを待っておりました。

しかも、行程を写真に撮って送って下さいなどという我儘ぶり。

これが愛さんが出力された下絵。

型彫り師木内愛さんの仕事1

モノクロで送ったものが明るい色になっていますね。
彫る絵によって一様ではないそうですが、今回は細かいパーツが多いため、目に優しい色味を選ばれたのだとか。(スミマセン・・・。汗)

型彫り師木内愛さんの仕事3

下絵は、型紙に細工蝋やスプレー糊等で接着するのが一般的だそうですが、どうしても刃が重くなるため、マスキングテープで要所要所を固定して進める方法が、愛さんのお好みだそうです。

型彫り師木内愛さんの仕事2

写真の赤い箇所は下絵には無いものですが、何だか解りますか?

型彫り師木内愛さんの仕事4

これは『ツリ』と呼ばれるもので、型がバラバラにならないよう付ける命綱のようなものです。

例えば、下絵の中に、飛び地になっている場所があったとしましょう。
もしツリを付けず、下絵通りに型を切り取ってしまうと、その部分だけが抜け落ちてしまって、紗張りをする際に正しい位置が解らなくなってしまいます。

紗張りをするまで、型が迷子にならないように、しっかり型を守ってくれるのです。

更に、この『ツリ』があることで型自体が丈夫になりますから、たとえ周りと繋がっている図柄であっても、ツリを付けて補強しておくことが輸送の際にはとても大事なものなのだそうです。

ただし、最終的には全てツリは取り去らなければならないものですから、たくさん付ければ良いというものでもありません。次の作業への渡し方の加減というものが、やはり存在するのです。

型彫り師木内愛さんの仕事5

最後の一枚を抜いて、型紙完成!!

型彫り師木内愛さんの仕事6

梱包までは、窓に貼っておくのが一番安全・・・だそうです。笑

型彫り師木内愛さんの仕事7

愛さんからは、『道中合羽絣地獄(どうちゅうがっぱかすりのじごく)』の外題を賜りました。汗

ちなみに、充子さんは『猫又』とお呼びです。

ええ、ええ、お好きにお呼び下さいませ。

でも、正式名称は『股旅縞』でございます。

次回は紗張り!!

タッ


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

初めての手ぬぐい作り3

さて、間が空きましたが、スタジオクゥ初の手ぬぐい作りのお話の続き

股旅手ぬぐい部分3

次なるは小倉充子師匠の登場♪
下絵を見た充子さんからは、具体的なアドバイスが入ります。
「大凡は大丈夫だと思うけど、猫の目とか、もしかすると潰れちゃうかもね・・・。」と、なんと、危なそうなところにチェックを入れて戻して下さいました。

赤ペン先生降臨

うわ~、赤ペン先生降臨やわ♪♪(喜んでる場合じゃない!!)

他にも左右に彫りシロが1.5cmづつ必要なことなど、細かい注意を頂いて、更に
「愛ちゃんに型彫り頼んであげようか?」
「ええ??お願い出来るの??」

愛ちゃんとは、私達の台湾イベントにも同行して下さった、型彫り師の木内愛さんのことです。

私達が『召しませキモノ』の取材で初めて小倉充子さんのアトリエにお邪魔した際、お弟子さんの話になった時に「これからを楽しみにしてるんだ♪」と話されていたのが、この木内愛さんのことでした。

現在はひとり立ちをされて、少しづつ仕事を増やしながら、型彫り師として研鑚を積む日々を送られています。

実は、愛ちゃんとは丁度1年くらい前に、これまた小倉さんの別のお弟子さんの結婚式で同席したことがありましたから、面識もありました。

小倉充子_馬尻東風2

2014年の小倉充子さんの干支手ぬぐい『馬尻東風』をお持ちの方は、是非ごらん下さい。
『小倉染』の印の横に『愛彫』の印を見つけることが出来ます。

小倉充子馬尻東風印

これは木内愛さんが型彫りを担当されたという印です。

そんな愛ちゃんに、うちの手ぬぐいなんぞをお願いしちゃってもいいのかしら??

更に充子さんからは「型が出来たら、紗張りは一緒にやろう♪」との提案。
うわっ、なんだか体験学習みたいになって来たぞ!!

充子さんからのアドバイスを参考に、イメージが大きく変わらない程度に股旅の数を減らして、どうだろう?版がつぶれる危険は軽減されたかしら??

股旅縞手ぬぐい下絵2

次回は型彫り師木内愛さんの実際のお仕事の様子を写真でご紹介したいと思います。

シュトッシュタッ


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

オーダーメイドの羽織紐

さて、私が櫻子さんに作成して頂いた羽織紐の中心にあるのは??

正真正銘の『熊の爪』でございます。

2014年11月櫻子さんの羽織紐

いい鍵爪っぷりでしょう♪

昨年の11月のこと、父ひろしと母やすこが我家に遊びに参りまして、うにさと4人で群馬の温泉に出掛けてきました。

その時に会った熊・・・ではなくて・・・
帰り道に立ち寄った道の駅の1つで見つけたのが、こちらのストラップ。

熊の爪ストラップ

あぁ・・・、なんて残念な。

素材としては面白いものなのに・・・、この熊の爪は、もっとステキになれるハズ!!と思うと、求めずにはいられなかったのであります。

そして私、田中衡機工業所のビルオープニングレセプション会場の片隅で、櫻子さんに「これを、残念じゃない状態にしてやって下さい!!」という謎かけのようなオーダーをしてしまったのでした。

くすっっと笑って櫻子さん「じゃあ、預からせてね♪」

フフッ、腕に覚えアリと見た!!笑

数日後、試作品として送って下さった写真がこちらです。

熊爪見本1

シンプルな根付に大変身。

おお!!残念な感じが完全に払拭されているではないですか!!
この時点で、既に100点満点の出来でしたので、そのまま頂こうかと思ったのですが、その変身ぶりに感激したうにさから「こうなったら、ギリギリまで傾(カブ)いてもらったらどうだろう??」の一言。

既に、櫻子さんのお手並みを拝見することが楽しくなっている私には、それはそれは素敵な提案♪(櫻子さんにとっては迷惑千万・・・。)

熊爪見本3

途中、全く路線の異なるデザインの提案までして下さったりしながら、イカした羽織紐に仕上げて下さいました。

熊爪見本2

実は、この羽織紐、ブレスレットにも出来る長さになっている上に、チェーンと組み合わせれば首元も飾れるというデザインなのです♪

熊爪見本4
(これが最終型)

こころやさんの催事『ココロのよそおい』で関西に初お目見えとなる櫻子さんの「和コモノ*Sakurako」ですが、個人の作家さんならではの小回りの利くオーダーの楽しさなども妄想して頂けたなら、更に楽しく拝見出来ることと思います。

そうそう、こころやさんのブログや、櫻子さんのブログに、今回の催事に出品される作品の写真がアップされておりますよ♪

櫻子さんへ、一緒に遊んで下さって、ありがとうございました。
とってもとっても気に入っております!!

父ひろし&母やすこ様、びっくりしたでしょう♪熊爪は立派になりました。

え?熊爪ストラップが売っていた道の駅ってどこか知りたいと??

残念・・・って書いちゃったから、悪くて明記出来ません。(どうしてもお知りになりたい方は、メールにてご一報下さいませ。苦笑)

・・・しかし、今年の春にアップしようと思って書いていたのに、アップ出来たのが11月だなんて・・・自分にがっかり。

ぎゅううううん


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

大阪『ココロのよそおい』にて

さて、スタジオクゥ初の手ぬぐい『股旅縞』が出来るまでのお話の途中ですが・・・。

この手ぬぐい制作のサポートもして下さったこころやさんの催事『ココロのよそおい』にて、関西初売りをさせて頂くこととなりました。

スタジオクゥの股旅縞手ぬぐい

只今、発送準備中!!

2014年11月ココロのよそおいDM1

秋の展示会「ココロのよそおい」
2014年11月21日(金)~24日(月)
11:00~18:00
*22日(土)は17時まで
マルゼンボタンギャラリー2F
大阪市中央区島町1-1-2丸善ボタンビル2F
京阪電鉄・地下鉄谷町線 天満橋駅4番出口すぐ

2014年11月ココロのよそおいDM2

****************************
敢えて今、呉服屋らしい展示会をやろうと思いました
心と想いを展示する会でありたいと思います
少し大人でエレガントな雰囲気を目指します
年末のパーティーに始まり、新年の会食、そんなイベントに合うアイテムもご用意しております
ゆったりとおくつろぎ下さって、心ゆくまで着物の世界をお楽しみ頂きたいと思いおります
とは言いましても、粉浜のココロヤのすることですから、まったりしたエベントになるは必定、ご存じの通り決して強引な商いは致しませんのでご安心頂きたく
また今回は天満橋での開催でございますから、都心でございますので、これを機会にどうぞお気軽に覗きに来て頂ければと思います

こころや好みの着物や帯の数々に
和うららの二部式帯
洒落水引の小物たち
東風杏のガラスの帯留
・関西初御目見得「和コモノ*Sakurako」のアクセサリーたち

そして着物さくさくの須賀さんが、Tシャツ型の新しい半襦袢を考案なされましたそうで、その発表会も同時開催致します

色とりどりの美しさ、楽しめること請け合いでございます。どうぞ遊びにいらして下さいませ
開催までには、当ブログでも諸々の情報を引き続き発信いたしますから、ご覧ください
(こころやブログ2014年11月7日より引用)
****************************

ギリギリまで自分達の体ごと大阪に動けないものか?と悶絶しておりましたが、ゴメンナサイ、今回は行くことが叶いません。涙

詳細がこころやさんのブログに次々と上がっておりますので、是非ご覧下さいませ♪

さて、お気づきの方もいらっしゃることと思いますが、今回のイベントで、関西初売りは私達だけではないのです。
いつもコメント下さる櫻子さんの『和コモノ*Sakurako』もこころや初売りなのでございます♪(そう、今日はこれが言いたい!!笑)

以前に櫻子さんのグループ展の際に作品をご紹介したのを覚えていらっしゃるでしょうか?

人気上昇中でひっぱりダコの櫻子さんですが、実はオーダー品の受注もされております。

え?何で今そんな話をするかと??

うふふふふ。

2014年4月櫻子さんの羽織紐1

コレコレ。

2014年4月櫻子さんの羽織紐2

前の冬に、オーダーで作って頂いた羽織紐でございます。

さあ、問題です!!

バロックパールがちりばめられておりますが、真ん中の勾玉状のものは何でしょう??

あ・・・、今日中に話が終わらなくなっちゃった・・・。苦笑

トタトタトタ


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

『小倉染色図案工房展 於 麹町』&『フィリピンの手仕事』展

まずは、先日はお忙しい中『日本橋キモノ事件簿』にお越し頂きありがとうございました。
不慣れな私達ですが、芝崎るみさんの巧みな司会進行で、大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。
会場の様子など、また改めてブログでご報告したいと思いますが、ひとまずはお礼まで。

お会い出来た方々はもちろん、不在時に訪ねて下さった方々、行きたかったよ!とコメントでメッセージを下さった方々にも、次回は新刊とともにお会い出来ることを願って、仕事に励みたいと思います。(まだまだ、描くことに必死でイベント等はノーアイディアですが・・・。汗)

さて、本日は緊急のイベントのご案内です。
明日・明後日2日間だけのイベントになりますので、皆様お見逃しなく!!

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展ちらし

小倉染色図案工房展 於 麹町』&『フィリピンの手仕事』展
~山本まつよ蒐集によるアバカ(芭蕉布)、籠、織布いろいろ~
2014年11月15日(土)11:00~20:00
2014年11月16日(日)11:00~18:00
竹ノ輪ルームにて
東京都千代田区麹町1-6麹町保坂ビル4階
(地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩2分)
*******************************
先日は、「日本橋キモノ事件簿」にたくさんのご来場をいただきまして、誠にありがとうございました。 さて、会期が2日間と短かったため、見逃した方、着物やら下駄やら小物の発注やらをゆっくりしたかったけど、できなかった方もいらっしゃたのではないかと思います。そこで、2014年11月15日(土)、16日(日)の2日間に渡り、小倉染色図案工房のある麹町保坂ビルの4階スペースにて、絵羽・型染捺染きものの受注販売や、帯、下駄花緒、江戸袋物、ネイルチップなどを展示販売します。どうぞお気軽に遊びに来てください!また、同会場にて「フィリピンの手仕事展 山本まつよ蒐集による」も開催させていただきます。児童書翻訳、家庭文庫の振興、児童文芸のセミナー主催、季刊『子どもと本』の編集長として知られる山本まつよ氏が、およそ30年に渡り蒐集したフィリピンの手仕事、籠類・アバカ(芭蕉布)はじめ、織布いろいろ、アクセサリーなどを展示販売します。そのどれもが貴重な逸品です。是非この機会にご覧になってください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。(小倉染色図案工房HPより引用)
*******************************

実は昨日、私、御用があって小倉充子さんの麹町の工房をお訪ねしておりました。
そんなわけで、搬入の様子を写真にしっかり収めて参りましたよ♪

2014年11月日本橋キモノ事件簿にて1

こちら『日本橋キモノ事件簿』で新作として発表された絵羽『今昔日本橋』の写真ですが、このキモノの正面肩口に

小倉充子今昔日本橋部分

江戸城があったのはお気づきでしたでしょうか??(私は気づいておりませんでしたワ・・・。)

急な催事ですが、こういうところに気付ける展示になっているようですよ♪

今回は、手ぬぐいの後ろにも

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展2

下駄の後ろにも、フィリピンの布が満載。

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展3

山本まつよさんによって集められたフィリピンの手仕事と一緒に、いつもの小倉充子展とは異なる空間が出来上がっております。

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展1

張りのあるアバカ(芭蕉布)は、そのままでももちろん素敵ですが、帯に仕立て換えたらかなりステキなものになりそうでしょう

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展4

そのまま、ストールに使える柔らかな布や、

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展5

偶然にもほぼ半幅帯と同じ幅の織物などもあったり、

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展7

お茶人には嬉しい籠物もたくさん。

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展8

これなんて、茶箱にどうかしら??

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展11

お花入れに良さそうな、しじみ取用の籠なんてのもありましたよ♪

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展9

こちらは乱れ籠に使えそうなサイズです。

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展10

期間は短いですが、是非、お時間を作ってお出掛け下さいまし!!

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展6

え?私ですか??目の詰まった大きな笊を1つ決めて帰って参りましたとも。

小倉染色図案工房展於麹町&フィリピンの手仕事展12

お先に御免!!笑

本日は、急ぎのご案内のため、うにさのイラストはお休みです。

いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

初めての手ぬぐい作り2

日本橋キモノ事件簿が始まりましたね。
私達は本日は参加出来ませんでしたが、会場の様子が少しづつ専用facebookに上がっておりますよ♪
小倉充子さんの新作絵羽ネイルもinstagramの方に♪

不慣れながら、明日は、私達も参加させて頂きます。
会場でお会い出来ますように!!

さて、初めての手ぬぐい作りのお話の続きです。

ここからは、私達の手ぬぐいが出来上がるまでを、順を追ってお話しましょう。

まずは、仕上がりサイズと、下絵の大きさなどについて確認をして、デザインを考えます。

たった1枚と思うと、アレもやりたりコレもやりたいと妄想は膨らみ、二転三転どころか五転六転しながら、辿り着いたモチーフが「股旅」。笑

股旅手ぬぐい原画のサイズ

うにさが描いた原画は、こんなに小さなものでした。

手ぬぐいづくりにかこつけて、市川崑監督の『股旅』や『木枯し紋次郎』のDVDを引っ張り出し、ふたりで仁義を切る真似などしながら、進めている間は呑気なものでした。

実は、当初、私、無謀にも型を自分で彫ろうと考えていたのです。
でも、自分の技術で出来ることには限りがあるし、そもそも、台湾までに間に合うのかしら??

こころやさんに相談したところ「あかん!やめとき!!初めてなんやし、ちゃんと職人さんに作ってもろて繰り返し使える型にせなあかん!!」と1枚目のイエローカードが出ます。

自分で型を彫るという魅惑的な状況は白紙に戻りましたが、でも、自分で彫らないとなると、足枷が取れたように急激に気持ちは軽くなり頭は解放方向に・・・。
そうだ、技術的なことはもう考えなくっていいんだわ♪せっかくだから、自分じゃ絶対彫らないような柄にしよう♪♪

かなり能天気な状態になっておりましたが、手ぬぐい制作に関わったことのある方ならば、これが私に第2のイエローカードをもたらすことにお気づきのことでしょう。

手ぬぐいを作る上で、最もコストが掛かるのは型代なのです。
複雑で手の掛かるものと、単純で時間の掛からないものが同額のワケが無い。
ま、そういうことに頭が働かない愚か者の私は、イソイソと自分じゃ絶対彫りたくないと思える下絵を作ってしまったのであります。

それがこの状態。

股旅縞手ぬぐい下絵1

同じ股旅がいっぱい。
しかも、同じに見えて、実は中央左の雨の形は、少しづつ異なるという、嫌~な嫌な図案です。

愚かなのはうにさも同様。型彫り師さんに任せるのだから、大丈夫やろ♪と、ふたりですっかり安心しきっておりました。

職人さんとの仲立ちをしてくれるこころやさんに下絵を見せたところ、当然のように2枚目のイエローカードが出ました。

こ「なんでそんな儲からへんことばっかり考えんねん?」
ひ「あ、ん・・・、いや、自分で型彫りしないって思ったら、いろいろ忘れた・・・。」
こ「あかんやん!」
ひ「あかんねん・・・。」

電話でたっぷり2時間、トクトクと絞られます。

こ「型代下げるには、機械彫りにする方法もあるけど、このデザインやとデータ作るのも時間掛かるし、手彫りと時間的にもコスト的にも変わらんようになるかもよ。」
ひ「うーん、コストは押さえたいけど、台湾には間に合わせたいの!!」
こ「・・・。ひよささん、自分でデータ作り。」
ひ「そ、それは・・・、今は時間的に無理。」
こ「ほな、急ぎで誰か頼める人おらへんの?」
ひ「むむむむむむ・・・・。」

ここで話しているデータとは、いわゆるベクトルデータのことです。
出版の仕事をしている方にはお馴染みの言葉ですが、一般的ではないかもしれないので、簡単に説明しておきましょう。
デジカメやスキャナなどでPCに取り込まれたデータは、小さなドット(点)の集合体で出来ていますが、ベクトルデータというのは、座標軸を持った線や面の集合体で作られたデータのことを言います。

要は、手描きの下絵を、PCのソフトを使ってトレースする作業をすることにより、機械のカッターに指示を与えることの出来る『情報』に作りかえる必要があるという会話をしているのです。

確かにこころやさんの言われる通り、職業柄この作業を自分ですることは可能なことでした。
もちろん、染屋さんにデータ化する作業をお願いすることも出来ますが、当然自分でやった方がコストは押さえられます。
しかし、すでにスケジュールにそれを組み込む時間的な余裕がありません。

では頼める知人がいなかったのかと言えば、飛びきり上手にその仕事をこなすことが出来るであろう友人が頭に浮かびはしましたが・・・むしろプロ過ぎて、急ぎの仕事は申し訳なくて頼めない・・・。汗

こ「ほな、少し割高になっても手彫りにした方が、ええね。台湾に間に合うように逆算して、染屋さんに型を渡すタイムリミットは8月中旬やね。」
ひ「了解!!充子さんにも見てもらってから、下絵仕上げるわー。」

つづく

COREDO室町3橋楽亭14時からお待ちしております


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

初めての手ぬぐい作り1

朝晩が随分寒くなって参りましたね。

日本橋キモノ事件簿の開催も近づいて参りました。
会場の場所が解らないとコメント頂きましたので、リンクを張っておきます。
どうぞ下記で確認下さい。

日本橋コレド室町3・3F橋楽亭

私達のトークイベントは平日月曜日になりますから、お仕事のございます方々には、無理をなさらず日曜日にご参加下さいまし!!(お会い出来ないのは残念ですが、メッセージなど残して頂けたなら、私達は大変喜ぶことと思います。笑)

さて、台湾のお話はもう少し続ける予定ですが、イベントに向けてスタジオクゥ初の手ぬぐいのお話をば。

この一年、天然藍灰汁醗酵建てに挑んでいたことは先日お話し致しましたが、2014年の私の夏は、うにさから「いったい君は何屋なんだ?」と言われる程に、染色三昧の夏でございました。

藍の世話は毎日の仕事。
染液の調子を見ながら、染色は1日置きだったり毎日だったり。
その間に染める布の準備をしながら、更にその間に手ぬぐい作りに精を出していたわけです。

そして、お気楽に「作ろう~~!!」と始めた手ぬぐい作りは、またしてもたくさんの人を巻き込んで、ジタバタすることになったのでありました。

股旅手ぬぐい部分2

皆さんは手ぬぐいが出来る行程をご存知ですか?
デザインをして、渋紙に型を彫って、注染という染色法で染める・・・これだけ聞くとシンプルで簡単そうに聞こえますでしょう。

いやいや・・・。
初めての手ぬぐい作りは、私達にはとても難しいものでございました。

下絵を作りながら、紗張りをしながら、色見本を作りながら、ずーっと私の頭の中には「判らない・・・、判らない・・・、判らない・・・。」という言葉が渦巻いておりました。

何がそんなに?と思われることと思います。

下絵を描くことや、デザインをすることではありません。
もちろん、手ぬぐいを作る行程が理解出来ないわけでもありません。

実は、その私の感じた「判らなさ」をどうやってお伝えしたら良いのかがこれまた解らず、しばし悩んでおりました。苦笑

股旅手ぬぐい部分4

少し伝わりにくいかもしれませんが、それはバトンを預けるタイミング、あるいは自分の仕事を終わらせる加減の様なことなのです。

この下絵、どういう精度で出来ていれば、型を彫る人に伝わるのだろう?
この紗張り、どの程度まで余分な漆が残っていると、糊置きに影響するのだろう?
この色見本、職人さんには私と同じように見えるのだろうか?

そうなんです、自分の仕事を途中から人に託さねばならない。
これは、中々に勇気の必要なことです。次の人の仕事においても、自分の意図が叶うように今の仕事を終えなければならない。この加減が判らない。

もちろん、慣れのようなことはあるとは思いますが、むしろ、信頼のようなことがなければ先に進めない仕事のような気がしたのです。

考えてみれば、私とうにさは、イラストの仕事をする際にそういう作業をしているのですが、これはやはりお互への信頼感の上に成立しているようなところがあって、逆に数字とか文字では一様に示せる種類のことではありません。
なんでしょうね、ツーと言えばカーという呼吸みたいなもんでしょうかね。
まぁ、私達の場合は、これが出来るからこそコンビを組んでいるのですが、私と型彫り師さんはコンビじゃないし、私と染屋さんもコンビではないのに、それをやらなければならない。
ねぇ、難しいでしょう。

それで、今回の手ぬぐい作りを通して、あらためて思ったのです。
職人さんの仕事って、非常に読解力のようなものを必要とする仕事なのだなぁと。

送られて来た下絵の、一本の線の真ん中に刃を落とすのか?内側に落とすか?外側に落とすのか?ほんのちょっとの違いで、簡単に絵の印象は変わってしまいます。

手ぬぐいに使われる紫が、赤味を帯びているのか青味を帯びているのか?深いのか?浅いのか?どれも全く異なる色です。

初めての人とこれらの意志の疎通を滞りなく図るにはなんとしよう??

ありがたいことに、私達には協力な助っ人が二人ありました。

一人は、言わずと知れた染色作家の小倉充子さん。
そしてもう一人は、常日頃から手ぬぐい制作の受注をされているこころやさん。
このふたりに、アドバイスと指導を受けながら、職人さんとの通訳までやって頂いたのでありました。

更に、せっかくの機会でしたから、型彫り師さんの仕事の行程や、注染の染めの行程も特別に写真に記録して頂きましたので、順を追ってご紹介してみたいと思います。

・・・しかし・・・、スタートが遅かったので、日本橋キモノ事件簿の開催までにこの話は終わらないなぁ・・・。汗

イラストレーターの仕事にも読解力が必要です


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

秋の催事と、スタジオクゥイベント参加のお知らせ

さて、台湾オマケ編の途中ですが、本日は催事のご案内。

頂いているご案内ももちろんですが、実は緊急事態が発生しております。汗

まずは、すっかり東京でも定着したイベント『中之島きものいちTOKYO』のご案内。

2014年秋中之島きものいちTOKYODM1

中之島きものいちTOKYO』
214年10月31日(金)~11月2日(日)
11:00~18:00(最終日16:00閉場)
深川東京モダン館2F
出店:きもの風雅舎・天府の国・KIRUKIRUCHOKOきものなかむら

2014年秋中之島きものいちTOKYODM2

しばらくご無沙汰しているので、行きたいなぁ・・・だって楽しいこと間違いないのですもの♪
公式ブログでの商品のご紹介もお見逃しなく!!

2つ目はお馴染みLUNCOさんの秋のセール。

2014年LUNCO秋のきまぐれHappySaleDM1

『秋のきまぐれHappy Sale』
10月31日(金)~11月4日(火)
目白LUNCOにて
70%~30%off

2014年LUNCO秋のきまぐれHappySaleDM2

LUNCOさんには、台湾から帰ってすぐの頃に一度お邪魔しましたが、相変わらず面白いものが揃っておりましたよ♪

今回のSaleとは関わりありませんが、写真に撮らせて頂いたのでご紹介してみましょう。

かわいいリスの帯とか、

2014年9月LUNCOにて1

大津絵がモチーフになっているであろう、ひょうきんな帯とか、

2014年9月LUNCOにて2

影絵の帯とか

2014年9月LUNCOにて3

河童のキモノとか

2014年9月LUNCOにて4

河童の帯とか・・・。笑

2014年9月LUNCOにて5

3つ目は京都で大人気の鞠小路スタイルさんとモダンアンテナさんのコラボイベント『東京でテケトー/京都でもテケトー』

鞠小路スタイルモダンアンテナ「東京でテケトー京都でもテケトー」DM1

『東京でテケトー』
2014年11月1日(土)10:00~20:00
2014年11月2日(日)10:00~17:00
場所:鞠小路スタイル{東京教室}
東京都品川区上大崎2-13-29 ルミエール上大崎1101号室

『京都でもテケトー』
2014年11月28日(金)13:00~20:00
2014年11月29日(土)11:00~19:00
場所:鞠小路スタイル{京都教室}
京都府京都市中京区錦小路烏丸西入占出山町315-3 日鴻ビル2F北

鞠小路スタイルモダンアンテナ「東京でテケトー京都でもテケトー」DM2

シリアルナンバー入りのイベント限定デザインの染帯などもあるようですよ♪
詳しくは鞠小路スタイルさんとモダンアンテナさんのブログをご覧下さいまし。

この秋も、関西勢のパワフルな風がビュンビュン吹いて来るのだわ・・・♪

さて、4つ目が緊急事態のお知らせです。

なんと、私達スタジオクゥがキモノのイベントに参加することになりました。汗
これまで出版記念イベントなど自分達で企画したイベントはありましたが、お誘いを受けて参加するのは初めてのことです。しかも・・・「台湾着物旅行記」と題したトークショウ的なものをやるらしい・・・。(まだしばらくは他人事のように考えたい・・・。)
そのイベントとは?

日本橋キモノ事件簿確ちらし1

日本橋キモノ事件簿確認用表
(小さい画像をクリックすると詳細が見られます。)

日本橋キモノ事件簿
2014年11月9日(日)13:00~18:00
2014年11月10日(月)10:00~17:00(予定)
日本橋コレド室町3・3F橋楽亭(きょうらくてい)
参加:トリエ寺本幸司小倉染色図案工房小倉充子ルミロック芝崎るみわゑびす平岩勇和じゅえりーかろん内藤圭美・雪駄職人寿ん三・和更紗染工所中野史朗

日本橋キモノ事件簿確ちらし2

日本橋キモノ事件簿確認用裏
(小さい画像をクリックすると詳細が見られます。)

この豪華なメンバーの中に、何故かスタジオクゥが紛れ込むことになってしまいました。
11月10日(月)14:00~トークイベント「台湾着物旅行記」出演スタジオクゥうにさ&ひよさ

とりあえず、どんなことになるか解らないので、先に謝ってみようかな・・・。スミマセン!!
日本橋キモノ事件簿が、キモノ事故になるかもしれない・・・。

いやいや、うちは、まぁ、余興みたいなもんですから、ユルくね、ユルく行きますよ。

そして、なんと台湾行に合わせて作ったスタジオクゥ初の手ぬぐい『股旅縞』の日本初売りまですることになりました。(関西方面での初売りも計画中♪)
手ぬぐいの方は、9日10日両日購入出来ますので、私達がいない時間でも是非覗きにいらして下さいまし。

スタジオクゥの股旅縞手ぬぐい

・・・というか、スタジオクゥがこのイベントで果たさねばならぬ役割は、きっといろんなことの敷居を下げることにあるんじゃないか?と勝手に思う私。

ですから、普段は人の集まるイベントにはあまり参加されない方も(私のこと??)、キモノには興味があるけど自分は着ないわ・・・という方も(うにさのこと??)、是非いらして下さいませ♪

この日は、普段キモノを着ないうにさもキモノで参加する予定です。
どうです、キモノ初心者の方にも勇気の持てる情報でしょう♪笑

折しも日本橋は「きものサローネin日本橋2014」の真っ最中。
行ったり来たりしながらお楽しみ頂けると幸いです。

詳しくは『日本橋キモノ事件簿』のFacebookをご覧下さい。

ちなみに会場は畳敷きだそうですから、穴の開いていない足袋の方が良いでしょう。

あ!!チラシを良く読んで!!合言葉も忘れずに!!

そして朗報、『日本橋キモノ事件簿』にて、小倉充子の新作絵羽が出ます!!

てぇへんだよ日本橋キモノ事件簿


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました・・・オマケ編2

引きつづいて台湾イベント2日目のキモノのお話。

和服女孩日本微旅行イベント2日目11

トークで前に座っている5人の着ているものの色が紺系浴衣で揃っている・・・とのコメントを頂きましたが、それを狙ったわけではないのですよ。笑

和服女孩日本微旅行イベント2日目35

実際、準備段階で自分の手持ちの浴衣を見なおした時に「ほとんどが紺系だなぁ・・・。」とは思いましたし、出立前の山珍居での打ち合わせの際にも、紺系が絶対的に多くなるので、そうでない色のものも入れることが話題に上りました。

では、紺系・黒系でない浴衣はどこにあったのか?と申しますと。

和服女孩日本微旅行イベント2日目36

竹ノ輪のトキさんの『煙管の雨』(小倉充子)。

和服女孩日本微旅行イベント2日目37

木内愛さんの『瓜づくし』(小倉充子)。

お客様の試着用の浴衣、

和服女孩日本微旅行イベント2日目38
(小倉充子『煙管』)

和服女孩日本微旅行イベント2日目39
(小倉充子『江戸名所』)

和服女孩日本微旅行イベント2日目40
(小倉充子『両国川開き』)

そして、モデルさんへの着付け用となっておりました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目41
(小倉充子『百花繚乱』)

和服女孩日本微旅行イベント2日目42
(RumiRock『紐』

台湾ではシブ目のものよりも、華やかなものの方が好まれると伺っておりましたから、どうせならより喜んで頂けるものを着て頂きたかったのです。

芝崎るみさんは、『白雪姫』の浴衣(RumiRock)に、台湾の原住民族の織物を帯として!!

和服女孩日本微旅行イベント2日目43

小倉充子さんは、『夕立ち』浴衣に、『大川舟遊び』手ぬぐいから作った帯。

和服女孩日本微旅行イベント2日目44

こころやさんは、『夏祭魚之図』(小倉充子)。

和服女孩日本微旅行イベント2日目47

竹ノ輪のタケさんは、特注品の藍染バージョン『金魚売り』(小倉充子)。

和服女孩日本微旅行イベント2日目45

和服女孩日本微旅行イベント2日目46

そして、うにさは、甚平♪

和服女孩日本微旅行イベント2日目48

いえいえ、キモノを自分で着られないから甚平を着ているわけではありませんよ。笑

和服女孩日本微旅行イベント2日目52

実はこの甚平は、今年の父ひろしへのお誕生日祝いに小倉充子さんの『新板台所妖怪』の浴衣地から作ったものです。

和服女孩日本微旅行イベント2日目50
(ひろしが着るとおヒゲ付き!)

縫製は母やすこの手入れのし易さを優先して、あえてミシン仕立てでお願い致しました。

和服女孩日本微旅行イベント2日目49

ちょっぴりうにさには大きいのですが、浴衣以外のものもお見せしたくて、父ひろしから奪って台湾に連れて行ったのでありました。
着心地は大変良かったようですが「脚がブラブラしているのが見えて、ちょっぴり恥ずかしかった・・・。」とうにさ。

和服女孩日本微旅行イベント2日目51

うにさ・・・、それは多分、甚平の問題じゃなくて、椅子の高さの問題だと思うよ。
小ささが演出出来て良かったんじゃないかな♪(あくまでも、脚の長さとは言ってない!!)

台湾の皆様は甚平のこともよくご存知のようで、着てみたい意欲をヒシヒシと受け取りました。

そして私。

和服女孩日本微旅行イベント2日目53

『コウモリ』(RumiRock)の浴衣に、ひっぱり蛸の帯
私としては、どうしてもこの機会にRumiRock×小倉充子コーディネイトをしてみたかったのです!!

和服女孩日本微旅行イベント2日目54

コウモリにタコ・・・なんだか、欧米では怖がられそうな組み合わせですが、アジアの国なら縁起が良さそうじゃありませんか♪
私も背の高い方からお借りした浴衣なので、この日の腰紐の位置はオッパイのすぐ下くらいでしたけれど、外から見る分には解りませんね。

和服女孩日本微旅行イベント2日目55

大きく撮った写真がありませんが(涙)、もちろん、2日とも小川郁子さんの富士山の帯留はしっかり付けておりましたとも!!

甚平をナチュラルに着こなした


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね2

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

台湾に行って来ました・・・オマケ編1

さて、台湾でのイベント報告の最後は、着ていたもののご紹介できれいに締めたいところでありますが・・・、実は、それぞれの着姿をちゃんと写真に収めるのを忘れてしまいました。汗

行く前にあんなに色々考えたのに・・・台無し感満点の私達。
特に、うにさは年に何度も無い、希少な着姿だったというのに・・・。

楽し過ぎるとね、ダメなんですよ。
夢中になって遊んでしまうんです。苦笑

とはいえ、コメントでリクエストも頂いていることですし、たまたま写っているものを使って辿ってみることに致しましょう。

まずは初日

和服女孩日本微旅行イベント初日18

お気づきの方もいらっしゃいますね。
うにさが着ておりましたのは、小倉充子さんデザインの田中衡機工業所浴衣でございます。

帯は、暮らし家さんで求めたリバーシブルの半幅帯

和服女孩日本微旅行イベント初日17

縞々の方が表に出るように使ってみました。

さて、こちらの浴衣、もちろん誂えものではありません。田中衡機工業所さんにお借りして行ったのでございます。(田中衡機工業所さん!!ありがとうございました!!)
1番の理由は、着てみたいと思う程にカッコイイデザインだったという点ですが、台湾の皆様に見て頂くものとして、この浴衣には物語があることがスバラシイと思ったからでした。

和服女孩日本微旅行イベント初日19

元々は手ぬぐいとしてデザインされたものが浴衣に展開しているだけでも十分に面白い。

その上、日本における、手ぬぐいによる企業広告のお話から、自社の製品をモチーフにした浴衣を誂えることが出来る企業の自信というか愛情のようなものまで伝わります。

実際にイベントで、社員さん達がこの浴衣を揃えて盆踊りに出掛けられたお話をしたところ、台湾のお客様からは感嘆の声が上がっておりました。

和服女孩日本微旅行イベント初日16
うにさのWメガネ・・・後姿でも解るわ・・・。笑)

一方の私は、『召しませキモノ』の翻訳版が出たイベントですから、本でご紹介した小倉充子さんの手ぬぐい『引っぱり蛸』からカクマさんに作って頂いた帯はどうしても台湾でお見せしたい!!これは決まりです♪

で??どのキモノと合わせるか??
実は、ギリギリまでかなり悩みました。

まず、手持ちの小倉充子さんの注染浴衣『江戸名所』は、台湾の方に着てもらいたいと考えましたので、一等最初に候補からは外しました。

手荷物で運べるだけの持ち物で、出来るだけ色々なものをお見せしたいと思っておりましたから、アンティークのキモノトルソ用と決めて、合わせる帯はむしろ今を行くRumi Rockさんのエンボス加工の入ったストレッチ素材の兵児帯を選びました。

ほぼこちらの希望通りに企画させて頂いたイベントでしたが、事前に台湾の出版社さんに何かリクエストがありませんか?とお訊ねしたところ「最近手に入れられた何か」も見せてもらえるとお客さまが喜ばれるかも・・・とのご返事。

台湾に連れて行きたいと思って手に入れた小川郁子さんの富士山の帯留はもちろんですが、キモノの方にも何かしら連れて行く理由を探したい・・・。

和服女孩日本微旅行イベント初日20
(富士山の帯留・・・かすかに写ってる・・・。)

本にもブログにも載せていないもので、話の筋道に合うものって何かしら??

あれこれ考えて、実は9月に入ってから、思い立って青森の野田さんにお電話しました。
「明日(火曜日)、こちらから布を発送して、仕立てて土曜日までに戻してもらうことは出来ますか?」

はい、断られても仕方ないような無茶なお願いをしてしまったのです。

和服女孩日本微旅行イベント初日21

それが、この大きな絞りの浴衣。

天然藍灰汁醗酵建て大桝絞3

先日、うにさの別パラサイトで描かれた私の「昨年から取り組んでいるヒミツの作業」の答えでもあります。

私、ここ1年ばかり自宅にて「天然藍灰汁醗酵建て」に挑んでおりました。

天然藍灰汁醗酵建てに挑戦1

正確に言うと、作業そのものをヒミツにしていたワケではなく『召しませキモノ』の続編の内容と関わりがあるため中途半端にはお話し出来なかった・・・ということです。

藍染は、台湾に出発する前々日まで染め続け、戻って来てからも今だ継続中。(もう少しで終わるハズ・・・。汗)

この浴衣は今年の8月に染めたもので、湯気が上がるほどに出来立てホヤホヤなのでございます。

天然藍灰汁醗酵建て大桝絞4

連れて行くどのキモノとも系譜が異なっておりますし、続編の予告編みたいな感じで、台湾で初おろしするのも面白いかな??っと思いましてね。笑

生地は綿縮緬。
絞り方としては珍しいものではありません。概ね、紫根染などによく使われる大桝絞です。
ただ、染液の容量の都合もあり、一反通しで絞ってはおりませんから、柄合わせにはむしろ制限があって、仕立ては難しかったのではないか?と思います。(野田さん!ご苦労をお掛けしました。)

染める前はエイリアンみたいでしたが・・・、

天然藍灰汁醗酵建て大桝絞1

染め上がったら、忍者軍団になりました♪

天然藍灰汁醗酵建て大桝絞2

藍染のお話は、もう続編の中に入れきれない程たくさんありますが、本が出るまでのお楽しみということで♪

天然藍灰汁醗酵建てに挑戦2

ちなみに、白生地を絞る前に裁断する作業は、失敗するのが恐ろしかったので、小倉充子さんに泣きついて鋏を入れて頂きました。(テープカットみたいにそこだけ妙に豪華

単なるペアルック


いつもご来場ありがとうございます。
ワンクリックの応援が励みになります♪

クリックしてね

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 | HOME |  »

お知らせ

Web文芸誌『マトグロッソ』で、スタジオクゥの連載『おひとり様のふたり暮らし』がお読み頂けます。 http://matogrosso.jp/

マトグロッソも見てね

第一話『牛は牛連れ 馬は馬連れ』 第二話『足元から鳥が立つ』 第三話『蝸牛角上の争い』 第四話『下駄を預ける』 2015年1月刊行予定で、只今執筆中♪ 応援よろしくお願い致します!!

プロフィール

ひよさ

Author:ひよさ
コンビのイラストレーター『スタジオクゥ』のひよさです。
相棒のうにさの心配をよそに、日々、着物に蝕ばまれた生活を送っています。
どんなに疲れている時も、どんなに怒っている時も
キモノは別腹!
うにさのイラストも見所!「がんばって描いてね~」 byひよさ

召しませキモノ

スタジオクゥ初のコミックエッセイ

オールカラーの全編描き下ろし。 2014年8月に台湾の智富出版より繁体字中文翻訳版が発売されました!! 『和服女孩 日本微旅行

About STUDIO Kuu(中文)

HIYOSA與UNISA是插畫家搭檔。 HIYOSA是個和服狂熱者,正實踐著「和服生活」,將和服融入日常。 UNISA雖然無法憑一己之力穿和服,但她繼承了許多家人的和服,是一個對和服頗有好感的和服新手。 HIYOSA與UNISA從2007年開始經營和服部落格「買和服是另一個錢包」,大受歡迎,因此融合漫畫與散文,創作了《和服女孩 日本微旅行》。 兩人不只是工作夥伴,在生活中,也是日本少見的合租室友。 她倆從2013年的冬天開始,在網路藝文誌MATOGROSSO連載的漫畫「一人的兩人生活」,將於2014年冬天由日本出版社EAST PRESS出版成書。

お願い

このページ内で使われている写真やイラストについて、無断転用は禁止します。

お仕事募集中!

スタジオクゥではイラストのお仕事をしています。 興味のある方は、メールにてご連絡下さい。 ただ今営業中~!

ふんばろう東日本支援プロジェクト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

リンク

リンク用バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

ワンクリックで応援お願いします!

ブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ワンクリックで応援お願いします!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

現在の閲覧者数: